< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2018年08月08日

天皇陛下が、肩をもんだ女性

日経新聞 8月4日記事から

そのとき、その場にいた人たちには、さしたる驚きはなかったという。

お年寄りたちのじゃんけんゲーム  グーチョキパー

負けたら相手の肩をもむ

誘われた天皇陛下は、80歳すぎの女性との勝負で負けた

周囲から笑い声が起き、陛下は女性のうしろに回り、やさしく肩をもんだ。

1997年(平成9年)9月12日、東京都板橋区の特別養護老人ホーム「いずみの苑」。

国民と同じ目線で接する「平成流」の例としてよく語られる“ハプニング”だ

元宮内庁長官の羽毛田信吾さんは、陛下は無理して国民のなかに入っていこうという構えた感じはなく
す―っと、あまりに自然になされたので、「これが平成の天皇の新しいあり方なんだ」、ということすら思わなかったと、記憶をたどりながら話す

「国民とか国とか、大きな言葉だけではなく、 一人ひとりに心を寄せる。
個から全体を見る。それが陛下の象徴としてのあり方の基本
それを見たんだ、あとから気がついた」

昭和時代では考えられなかった天皇と国民の距離の近さ。

それがまさに平成の天皇の姿を象徴する場面だったと意識されたのは、かなりあとになってからだった。

2001年5月、こどもの日にちなんで訪れた都内の保育園では、両陛下は園児らのリズム体操の輪に加わった。

お年寄りの肩をもみ、幼児とお遊戯をする天皇、皇后

「らしくない」という声もあったが、「こういう天皇、皇后でいいではないか」と国民は思い始めていた。

国民の側も両陛下の活動の意味に気がついてきたのではないか。

国民個々の「現場」から得た「気づき」を、活動により示唆する。

それまでに誰も想像していなかった象徴のあり方だった。



今年で、戦後73年になります

私が住んでいる兵庫での、23年前の、兵庫淡路大震災

天皇陛下・皇后様が、来ていただいたときに、被災者が避難している学校を訪問されたときに、ひざをついて、被災者にお言葉をかけておられました

多くの方が絶望しか見えない中で、前を向こう・・との、力になったと言われています

皇族の一部からは“天皇が平民にひざまずくとは、何ごとか”と、いう声もあったとか   ・・・・・・・・・・・・・・・・

それでも、ずっと寄り添う姿勢を貫いてこられました

昭和は、戦争とそれからの復興の歴史

平成は、本当に災害がたくさんありましたね・・

今の天皇陛下が、8月の終戦記念式典に出席されるのは、今年で最後になります

いつまでも平和を願う気持ちは、決して忘れてはならないと思います

来週はブログ夏休みカットスイカ   素敵な休日を サーフィン



















 
  


Posted by 尾上 正 at 06:58Comments(0)

2018年08月01日

熱中症になると、水が飲めなくなる???

今年は、とっても暑い日が続きますね 

現在までに、5万人以上が熱中症で搬送されています ドキドキ

熱中症は、体の中に熱がたまり、水分が減り、電解質のバランスが崩れておこります

塩分は、減塩活動で悪者になっていますが、心臓を含めた筋肉細胞の収縮にもかかわっていますので、なくては生きていけません

塩分が足りなくなった体では、水だけを補給しようとしても、さらに体の中の塩分を薄めてしまうことになるで、水を受け付けなくなくなってしまいます・・

熱中症で倒れ、水も飲めなくなる・・  考えただけでも怖いですね ガーン

そこで、スポーツドリンクと経口保水液が、コンビニなどでも売られていますが、どう違うのか?

スポーツドリンク

汗をかいて失った塩分と糖分を一緒に取ると、体への水分の吸収を促すため、下痢や発熱で脱水症状になったときに医師がスポーツドリンクを勧めることもある

糖分が多め

多くは体液と同じ浸透圧

運動前や運動中に

経口補水液

脱水時の水分補給を目的に、塩分と糖分の濃度を調整したイオン飲料

薬局やドラッグストアで手に入る

糖分が2%前後と、スポーツドリンク(約5%)より低いのが特徴で、脱水状態ではない人が飲むと、塩っぱく感じることがある

発熱や下痢、嘔吐(おうと)などで脱水になったときの一時的な飲み物として活用するとよい

脱水症状が改善したら飲むのはやめる

塩分と糖分の濃度を調整した飲み物

浸透圧は体液より低め

熱中症の時の脱水対策に

日常の水分補給には

水・麦茶がお勧めです メロメロ  



結論から言えば、運動時などの一般の水分・電解質補給では、スポーツドリンクが適しています
経口補水液は塩辛く感じます “濃すぎる”

熱中症のような時には、スポーツドリンクでは塩分が足りない “薄すぎる”

ポカリスエットなども、スポーツ時にはゴクゴク飲めますが、冷房の効いた部屋でデスクワーク時に飲んでも、あまりおいしくありません

経口補水液も、通常は塩辛く感じますが、熱中症の手前では、普通に飲めます

経口補水液が普通に飲める状態は、かなり脱水が進んでいます

ある意味、バロメーターになるかも・・

体は正直なので、今自分に必要なものを

今日から8月

この夏を元気に、そして素敵な夏に 入道雲
  


Posted by 尾上 正 at 06:57Comments(0)

2018年07月25日

自分にしか登れない山を登る

「また、あなたと仕事がしたい!」と言われる人の習慣   高野登著

小さなことでもいい。

何か一つ得意なことがあれば、幸せに生きていけるんです。

アメリカ第26代大統領のセオドア・ルーズベルトの、こんな言葉をご存知でしょうか?

「あなたのいる場所で、あなたにしかできないことをしなさい」

メジャーリーガーのイチロー選手には、さまざま逸話がありますが、その一つにこんなのがあります。

試合後の記者会見でイチロー選手が、記者からこんな質問を受けました。

「みんなが、あなたのようなプレーヤーになれたらいいと思っています。
でも、そんな才能を持っていない人たちはどうしたらいいと思いますか」

「ただひたすら練習に励むことです」という答えが返ってくると思いきや、彼は記者に向かって、静かにこういったのです。

「僕には、今あなたがやっている仕事はできません。世の中、つまりそういうことじゃないかな」

つまり、できないことに焦点を当てて嘆くのではなく、自分の得意な部分に光を当てて、それを磨いていくと、自分の居場所ができる。

そう言っているのだと思いました。

たとえば、人の話を聞くのが好き。

文章を書いているとワクワクする。

料理が大好き。

写真を撮っていると時間を忘れる。

「何か一つでも得意な事があれば、幸せに生きていけるんだよ」

学生や先生や親たちは、子どもたちにそう語りかけているでしょうか。

神様があなたを作った理由、知っていますか。

それはあなたにしかできないことあるからです。

だから、あなたが生まれてきた。

あなたの得意なものは何ですか?

好きなこと、悩んでいることの中にヒントがあります。

たまに立ち止まって、悩んでいる自分を、何かに没頭している自分を振り返る。

そんな優しい時間を持ちませんか?

人は、人に合った生き方がある。

自分の得意な分野を伸ばすこと・・・

そうすることで、自分の役割りが明確になる。

そう思います。



自分の、今、目の前にある道は、自分だけの一方通行の道

他の人を羨んでも、一人しか通れない・・

オーケストラのいろいろな楽器は、それぞれに役目を持って音を出しています 

バイオリンが、チェロの音色を出そうとしても、バイオリンの音色しか出ません

自分の持っているものに自信を持って、今、手の中にある音色を磨いていく・・

周りの人を輝かせている人ほど、その人自身が輝いていきますね

今日も素敵な1日を 入道雲


  


Posted by 尾上 正 at 07:04Comments(0)

2018年07月18日

一寸先は闇ではなく光である

横田 南嶺著 「二度とない人生だから今日一日は笑顔でいよう」から

生きていくのがつらくなったり、苦しくなったら、祈ってください。

神さまでも仏さまでも大自然でもご先祖さまでも、何に対して祈るのでもかまいません。

とにかく自分を超える何か大いなる存在の前にひれ伏して祈り続ける。
すると不思議と生きる力がわいてきます。

「祈り」という言葉には深い意味がこめられています。祈りの「い」は「いのち」や「生きる」という意味です。「のり」は「祝詞」という言葉に代表されるように、宣言することを意味します。

つまり「祈り」とは「生きると宣言する」ことなのです。

苦しいことやつらいことに直面した時、人は祈りを捧げます。

それはどんなにつらいことがあっても、死なずに生きていくのだ、といういのちの宣言なのです。

私たちは生きなければなりません。

たとえ孤独にうちひしがれ、愛する人を亡くし、地べたにはいつくばって、塗炭の苦しみを味わってもなお、人は生きなければなりません。

なぜならその先に光があるからです。
真民先生はこのように書いています。

鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ
怒濤の海を
飛びゆく鳥のように
混沌の世を
生きねばならぬ

鳥は本能的に暗黒を突破すれば、光明の島に着くことを知っているそのように、人も一寸先は間ではなく光であることを知らねばならぬ

一寸先は闇ではないのです。闇だと思っても、「生きるのだ」「生きるのだ」と祈り続けていれば、必ず光がさしてきます。

私はこの「生きねばならぬ」という心を、次のような言葉で説明しています。

明日はどうなるかわからないけれど

今日一日は笑顔でいよう。
つらいことは多いけれど
今日一日は明るい心でいよう。
いやなこともあるけれど、
今日一日は優しい言葉をかけていこう。

明日はどうなるかわかりませんが、今日一日、笑顔で暮らすことは、私たちが努力すればできることではないでしょうか。


明日どうなのかはどれにもわかりません

それどころか今日どうなるかも誰にもわかりません

でも、“今日一日どう過ごすのか”は、自分の手の中に

暑い・・ アセアセ  元気でるなー ニコニコ    ムリヤリっ・・

たとえそうであっても、続けると、そうなっていきます
  


Posted by 尾上 正 at 06:39Comments(0)

2018年07月11日

もれなく“私”がついてきます

本「街の元気屋さん」から抜粋

茨城県牛久市の日栄電器さん

「実はうちの店では、“出張お料理教室”というのをやっているんです」

「オーブンレンジやIHクッキングヒーターなどの使い方って、ただ口でご説明するだけでは、お客さまもなかなか覚えられないと思うんです」

名づけて“出張お料理教室”

オープンレンジなどをお届けするときは、愛美さんをはじめ女性スタッフが同行。

食材も用意してお持ちし、設置し終わったあと、お客さまと一緒に料理しながら使い方のご説明をしている。

その実演メニューも、たとえば育ち盛りのお子さまがいらっしゃるお宅なら、下ごしらえした鶏肉を準備して唐揚げづくり、共働きのお客さまなら、焼き物と煮物を合わせ技で時短調理……と、それぞれのお客さまに合わせるというきめの細かさ。

さらに、最初の“出張お料理教室”から2ヶ月ほど経った頃には、ステツプアップ訪間ということもしているとか。

再びお客さまと一緒にお料理しながら、操作の確認をしたり、新しい使い方にトライしたり、お手入れのおさらいをしたり……。

「使ってからでないとわからないこともあると思いますから、再びお邪魔して、お困りのことがないかフオローさせていただいています」

この“出張お料理教室”よくわかるとお客さまから大好評。

しかしなかには「いまは説明を受けながらだからできるけれど、これからホントに使えるようになるのかしら……」と不安をつぶやかれる方もいらっしゃるとか。

そんな方のために、日栄電器さんでは毎月、“お料理教室”を開催。

オーブンレンジ、IHクッキングヒーター、ホームベーカリー、フードプロセツサー、電気圧力なべなど、さまざまな調理家電の使い方を、月ごとにメニューを変えて、実際にお客さまに調理していただきながらご案内しているといいます。

お料理が出来上がったら、みんなで「いただきます」

あるお客さまは、「女子会をしてるみたいで、参加するだけで楽しいんです」

「商品を売って終わりというのではなく、生活そのものを豊かに、気持ちまでハッピーにする電器屋さんでありたいですね」と言う則行さん。

「当店でご購入いただければ、もれなく″私″がついてくるから、安心よ」と笑う愛美さん。

「私たち、売りっばなしにしない店、日本一をめざしているんです」


そのほか店の例では、どうしても今晩サッカーが見たいのに、テレビが壊れてしまい、「電気屋さん」に電話すると、朝7時からお店を開ける・・
会社帰りに来店されるまで店を開けて待っていてくれる・・

頼んだお客様は、どうしても見たかったサッカーを見れるように メロメロ



今だったら、「日本×ベルギー」戦が見れた・・というところでしょうか・・

大手量販店が、1人のお客様のために、朝7時に店を開けるなど、あり得ません

本の中での響いた言葉

「一人のお客さまのことも、忘れてはいけない
一人のお客様からも、忘れられてはいけない」

たとえちいさな店でも、お客様にとってかけがえのない存在であれば、どんな時代でもやっていけるとの実例

自分がしてもらってらうれしいと思うことを、周りの人に・・から始めたいですね




  


Posted by 尾上 正 at 06:42Comments(0)

2018年07月04日

「心」x「行動」=「あなたの未来」

ひすいこたろう&大嶋啓介著  「前祝の法則」から

いまいる場所から違う場所に行くには、エンジンだけではダメで、そこにハンドル(方向性)が必要ですよね?

そのハンドルがあなたの「心の状態」に当たるのです。

喜びの世界か、不安と恐れの世界か、道は2つに分かれるのですが、どちらにハンドルを切るかは、心の状態によるのです。

つまり、未来は、選べるのです。

未来はあなたのいまの心次第で、今日変えることができるのです。

行動は大事です。でも、その前に、どんな心の状態で行動するのかが、もっと大事だったんです。

がんばってるのに、夢がなかなか叶わないという方は、「心の状態」がマイナスのまま行動してるので、どこまでいっても現実がプラスに転じないんです。

というわけで、未来を生み出す方程式はこちらです。

「いまのあなたの心の状態」×「行動」=「未来」

「どんな心で」x「なにをするか?」ってことです。

つまり、「あり方」(心)×「やり方」(行動)=「未来」です。


10×10×10 = 1000 メロメロ

-10×10×10 = -1000 なき

一生懸命頑張っても、~しなくては・・ ノルマだから・・ 仕方がない・・

では、やればやるほど辛いですね

仕事で成果を出している人の共通点は、行動量は“半端ない”ですが、とっても楽しそうにしていること

マラソンでも、ゴールがあるからこそ、目の前の一歩一歩を踏み出していけます

自分の本当に目指したいものが、目指したい姿がはっきりと見えたときに、心がプラスになるのだとも思います



  


Posted by 尾上 正 at 08:27Comments(0)

2018年06月27日

猫バスの猫の背中に乗った、もののけ姫???

先週、兵庫県立美術館で開かれている、ジブリ大博覧会に行ってきました
    (7月1日まで開催)

私が一番目を引かれたものは、“もののけ姫”の、最初のコンテです。
  (写真不可なので、見せられないのが残念)

一番最初に描かれたもののけ姫は、「猫バスの大きな猫の背中に、かぐやお姫の時代の傘をさして乗っていました」

これが・・  もののけ姫・・  キョロキョロ

でも、解説を読んでみると、もののけ姫のポスターの“生きろ”というメッセージを作るまでの葛藤が・・・

鈴木敏夫さんと、糸井重里さんとの、15回ほどのやりとりのFAX

たった3文字のメッセージを生み出すために、苦悩し続ける姿

宮崎さんや鈴木さんの、映画が伝えたい思い・メッセージを、糸井さんがたった1行で表せるまでに、深く深く考え続ける姿が浮かんできます

映画でも、猫バスの猫の背中に乗っているもののけ姫が、私たちが知っている姿になるまでに、どれ程の行きつ戻りつがあったのか

やっぱり、階段の一つ一つを上っていくことが大切たなーと、改めて感じますね






  


Posted by 尾上 正 at 07:21Comments(0)

2018年06月20日

地震国日本の将来は

以前は、地震は“忘れたころにやってくる”でしたが、今は次々とくるように

今回の大阪の地震は、大阪では大正時代からでは、震度6以上は初めてだと

  (その昔は、豊臣秀吉の時代の慶弔伏見地震では、伏見城などが倒壊
  しています)

日本では阪神大震災以来、地震活動期に入ったと考えられているそうです

阪神大震災で亡くなった方は、約6,500人  

東北大震災では死者行方不明者が、約18,500人

現在も避難生活を送られている人が、約75,000人

近い将来予想されている南海トラフ地震では、死者想定数が30万人以上

大阪だけでも帰宅困難者が、150万人

M8~9クラスの地震発生確率は、30年以内で70%といわれています

1年1年地震がないごとに、確率は上がっていきます

朝晴れていても、降水確率70%と出ていたら、傘を持って行かれるでしょうか?

多くの人は、たぶん降るだろうと考えるはず

日本人は“言霊信仰”みたいなところがあり、悪いことはあまり思わないでおこうというところもありますが、
降ってから傘を探すより、前もって用意しておく準備が、とても大切だと思います

  


Posted by 尾上 正 at 06:59Comments(0)

2018年06月13日

自分の命を懸けて人の命を救った人  今・昔

先日、テレビのアンビリバボーを見ていて、絶句してしまいました

昭和22年9月1日午前10時ごろ、当時21歳の鬼塚道男(おにづかみちお)車掌は、西彼杵郡時津村(現在の時津町)打坂で、乗客の生命を救おうとして殉職されました

瀬戸営業所勤務の鬼塚車掌は、この日の朝8時、大瀬戸発長崎行の木炭バスに乗務、満員に近い客を乗せ、打坂を上っていましたが、峠の頂上まであと数メートルというところで、突然ブレーキがきかなくなり、バスはずるずると後退を始めた

当時の打坂は急こう配で片側は10メートル以上の深い崖がひかえ、運転者仲間に”地獄坂”と恐れられていた坂だった

鬼塚車掌はすぐにバスを飛び降り、道わきの大きな石を車輪の下に入れたが、加速がついていたバスは石をはねのけ、崖まであと一歩と迫った
この時、鬼塚車掌はとっさに後部車輪の下に飛び込み、自らの体を輪止めにした オドロキ

バスは間一髪のところでストップ、買い出しの主婦ら30数人は危うく難をのがれたが、鬼塚車掌は運転者とかけつけた同僚が病院に運んだ直後に息を引き取った



もう少しで多くの人の命がなくなるという時の、とっさの行動だったのかもしれません

人の命を救うために、自らの体を投げ出す“心”

新幹線での事件では、尼崎の男性が、加害者と切り付けられた女性の間に入って、自らが命を落とされたと報道されています

とっさのときに、自分の危険も顧みずに、勇気ある行動をとられた方がお亡くなりになってしまうのは、残念でなりません

なぜ、このような事件が起こってしまうのか

心からご冥福をお祈りします







  


Posted by 尾上 正 at 07:20Comments(0)

2018年06月06日

自分の弱さを受け入れることが、本当の強さを得ること

月刊到知 道場六三郎氏、松岡修造氏対談内容から

高梨沙羅さんは「必ずオリンピックの舞台で失速する夢を見るんです・・」

そこから彼女は、体調が悪かろうが、どんな時でもベストを尽くせるように途方もない努力を積み重ねていき、「まだ夢を見ますが、受け入れられるようになりました」

銅メダルを取った後には「あの夢がなかったら今の私はいない。あの夢が私を強くしてくれた、変えてくれた」

羽生結弦さんにオリンピック連覇直後に「どんなオリンピックでしたか」と尋ねてみると、「とにかく捨て、捨てて、捨てる作業をしたオリンピックでした」

勝つために「技」を捨てた
世界で始めて習得した四回転ループを封印した

自分の「欲」を捨てた
けがをしてから、それまで好きだったゲームを一切やめた

小さな「幸せ」を捨てた

松岡 「それでは、このオリンピックで得たものはなんでしたか」

羽生 「幸せを得ました」


松岡  人は捨てることによってかけがえのないものを得るんだなと・・
     こんなに誇らしい日本人はそういないですよ
     二十三歳にして、すでに男の中の男です

     みな本当に大きな挫折をしています。でもそこから逃げない
     自分の弱さを受け入れることが本当の強さを得るための条件なの
     かなと思います

道場  自分の弱さというのはなかなか直視できませんからね

松岡  そうなんですよ。オリンピックに魔物がいるといいますが、魔物は
     自分なんです
     そういうものを乗り越えている人が、いざという大勝負に、相手に
     勝つというよりも自分に克つことができるのでしょうね




本当の強さって、実は「弱さ」の中から生れてくるものじゃないかと思います

弱い部分があるからこそ、努力する
一歩前に踏み出す勇気を大切にする
人にやさしくなれる

自分の弱さを認め、そのうえで前に進んでいく人が、真の強さを持っている人でしょうか


  


Posted by 尾上 正 at 08:30Comments(0)

2018年05月30日

「言葉が現象化する」の本当の意味は

小林 正観著 運命好転十二条

「言葉が現象化する」と言うと、多くの場合、誤解されている部分があるようです。

「こうなりたい。ああなりたいと口に出して言うと、それが実現する」という誤解です。

たとえば、神社仏閣に行って、良縁祈願というものをお願いしたとします。

「いい人と出会わせてください。いい人と結婚したいのです。素敵な人と出会わせてください」と100回お願いをしたとします。

そうすると、その言葉をまた言いたくなるように現象化します。

つまり、いい人や素敵な人にはなかなか出会わない、という現象が起きるのです。

「言ったとおりの言葉をまた言いたくなるように、言った数と同じ数だけまた言いたくなるように、宇宙では現象化が始まる」というものです。

聖書の中にこんな言葉があります。

「はじめに言葉ありき。言葉は神とともにあり。言葉は神なりき」

「言葉は現象化する」という宇宙の大法則を述べたもののような気がします。

その言葉を言ったら実現する、というものではなく「その言葉をまた言いたくなるように現象がセットされる」というふうに、私の認識の中ではとらえられました。

これは神社仏閣に行ってお願いごとをする(要求する)ということが、ほとんど意味をなしていないということにもつながっています。

では「言葉が現象化する」、つまり「その言った言葉をまた言いたくなるように現象がセットされる」のであれば、最も効率の良い言葉は何でしょう。

「うれしい」「楽しい」「幸せ」、そして「ありがとう」という言葉を言ったとすると、その言葉を同じ数だけ言いたくなるように現象がセットされます



事実は一つ、解釈は無数という言葉があります

自分の目の前にあることは事実でも、それをどうとらえるかは自分の中に

いい人と・・などの「お願い」は、自分のへの環境への不平・不満を天に向って叫んでいることかも・・

人でも、不平・不満をずっと続けている人の願いを叶えたいとは思わないで゛しょうね

「感謝」の言葉を口に出している人へ、またさらに力を貸してあげようとするのでは・・

「言葉が現象化する」の意味が改めて大切だと思いました





  


Posted by 尾上 正 at 07:25Comments(0)

2018年05月23日

日本人の奥さんは“世界一”

ことわざで、世界一幸せな人生というものがあります メロメロ

フランス人のコックを雇い

アメリカの会社に努め

イギリスの家に住み

日本人の奥さんをもらう


逆に世界一不幸な人生というものも・・

イギリス人のコックを雇い

インドの会社に勤め

日本人の建てた家に住み

アメリカ人の奥さんをもらう


有名な話ですが、船が沈没するときに、1人が海に飛び込めば、周りの人が助かるときに、各国の人にはどういえば飛び込むか

イギリス人には

“ジェントルマン”なら飛び込みます”

アメリカ人には

“ヒーローになれます”

ドイツ人には

“ルールです”

日本人には

“みんな飛び込んでます”

フランス人には

“飛び込まないでください”


もちろん人それぞれですが、その国の人の気質を表しています

聖徳太子の憲法の第一条では、和を持って貴しとなす

第二条の、天皇を敬うよりも先に書かれてあります

この国において、最も大切なことは“和”を大切にすべきなのだと、考えていたのでしょうね

日本人の奥さん、あなたは世界一の奥さんです

日本人の奥さんをもらっているご主人、あなたは世界一素敵な女性と一緒にいます

あくまでも解釈です ♡
  


Posted by 尾上 正 at 06:46Comments(0)

2018年05月16日

「おせっかい」と「おもてなし」の境界線は?

一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣より
前リッツ・カールトン日本支社長、高野 登著

それはリッツ・カールトン東京の開業準備で、忙しく都内を動き回っていたある日のことです。

六本木駅に地下鉄が止まると、すらりとした、髪の毛の長い女性が乗り込んできました。

仕事柄、多くの人たちを見てきていますから、姿勢や歩き方、お化粧などから、ひと目でモデルさんだなとわかりました。

混んでいる車内で、ちょうど私と並ぶかたちで優先席の前の吊り革につかまりました。

地下鉄が走りだしてしばらくすると、その彼女が腰をかがめて、前の席に座っている年配の女性の耳元でなにやら囁(ささや)いたのです。

おや、知り合いに気がついたのかな、などと想像して見ていたのですが、どうも様子が違うのです。

その年配の女性は、はっとした表情で、片手で膝の上の荷物を押さえながら、もう一方の手でブラウスの前に手をかけました。

そこでようやく私も気がつきました。

女性のブラウスのボタンがいくつか外れていて、上から見ると下着が見えてしまっていたのです。

それをそっと伝えたのでしょう。

懸命にボタンをかけようとするのですが、なかながとめることができません。

手が少し不自由だったのですね。 なんだかこちらまで焦ってきます。

とその時、その女性が再びかがみこんで、小さな声で「お手伝いさせてくださいね」と囁き、にっこりと微笑みながら、あっという間にブラウスのボタンを、鮮やかな手つきでとめてしまったのです。

あまりに意外なことに、あっけにとられていた女性。

でもその顔にはすぐに笑顔が浮かびました。

親切が本当に嬉しかったのでしょうね。

「参った!」。

思わず私は心の中で拍手をしていました。

さすがは早変わりや着替えに慣れているモデルさん。

それにしてもなんという自然体でしょうか。

次の駅で、会釈をして颯爽と降りていく彼女の背中に向かって、年配の女性は何度も何度も頭を下げていらっしゃいました。

混みあった東京の地下鉄の車内。

まるで無縁社会や孤独社会をそのまま表しているような、無機質ないつもの通勤時間帯。

でもその時、その一角だけは、確かにあたたかな空気に包まれていたような気がしたものです。


明らかに困っている人がいたら、迷わずに声をかけることができますが、その判断がつかず迷ってしまうこともあります。

ホテルの現場でも似たようなことが起きます。

手を貸そうとして声をかけても「余計なお世話」と思われた・・・、と考えると、声をかけるのをためらってしまうかもしれません。

「おせっかい」と「おもてなし」の間には、相手がそれを望んでいるかどうかという明確な境界線があるのです。

相手が望むか望まないかは相手の心が決めるもの。

でもその心は見えない。

それが読み取れないのであれば聞いてみるほかはないのです。

新人であってもベテランであっても同じです。

「よろしければお手伝いしましょうか?」

「大丈夫ですか?お手伝いは必要ありませんか?」

とひと声かけて相手の反応を見ます。

もし相手が、「どうもありがとう。お願いします」と言われたら、お手伝いしますし、「いえ、大丈夫です。結構ですから」と言われたら、「必要があればいつでもお声がけくださいね」と、一歩下がればよいだけのことです。

相手の心は見えないのだから、「要望」や「望み」は聞いて確かめるしかないのにも関わらず、聞かない人は多い。

「たぶんこう思っているはず」と、自分の勝手な思い込みで対応すると、相手とミゾができる。

それが何度も度重なると、深い断絶となってしまい、人間関係は修復不可能となります。


ちょっとおせっかい・・が日本人の美徳ですね

それは、相手のため、相手重視

少し踏み込んで「よろしければお手伝いしましょうか」の一言の言える人に ニコニコ

  


Posted by 尾上 正 at 06:52Comments(0)

2018年05月09日

いいことを引き寄せる法則

「いいこと」を引き寄せる法則  和田 秀樹著から

いまのあなたは、まだ自分の運を信じることができないかもしれません。

でも、努めて朗らかに振る舞うことはできるはずです。

いつもよりほんの少し、笑顔を増やせばいいのです。

とくべつなことはしなくても大丈夫です。

でも、「何かいいことがあったの」と声をかけてくる人が現れます。

「お、調子よさそうだな」と肩を叩く同僚が現れてくるかもしれません。

いままでよりほんの少し、あなたの周りの空気が明るくなる、弾んでくる、動き出す、その程度の変化でしたら、きっと起きてくるはずです。

それが、あなたの幸運の始まりです。

いい運は、一度動き出せばしだいに大きな動きをつくっていきます。

そこから先は、あなたはただ、自分の運を信じるだけでいいのです。



いまより、ほんの少しだけ笑顔に
      ほんの少しだけ前に
      ほんの少しだけ優しく
      ほんの少しだけ・・・

そんな小さな一歩ずつが、大きな一歩につながっていくのだと思います


神戸 鋼の錬金術師展から

正直のところ、鋼の錬金術師は知らなかったのですが、
出口に書かれてあった言葉
「人は痛みを持って経験したことこそが、その人の力になっていく」

なるほどなー

その痛みこそ、成長痛に






    


Posted by 尾上 正 at 08:02Comments(0)

2018年05月02日

男の中の男の言葉

4月23日に、衣笠 祥雄さんがお亡くなりになりました

報道で出ていたことの中で、とても心に響いたこと

衣笠さんが、連続出場を続けている1979年、巨人の西本投手のシュートが、衣笠選手の肩に当たって、もんどりうって倒れます 大泣き

西本投手が衣笠さんにあわてて近寄って声をかけた時に、「お前、危ないから、早くベンチに戻れ」

その後に、広島と巨人で大乱闘が始まります 

その夜に、西本投手が衣笠さんに電話を掛けると「お前、アホやな・・  
次に二塁打を打たれてしまって・・ 勝てる試合だったのに・・」

誰もが記録が途絶えた・・と思った次の日に、骨折をした中で試合に出た衣笠さんは、バターバックスへと向かいます   

巨人、江川投手に三振をしますが、すべてフルスイングします


1球目は、ファンのために
  応援ありがとう、衣笠はやれます ニコニコ

2球目は、自分のために
  うん、大丈夫だ、バットを振れる・・ バット

3球目は、西本投手のために
  どうだ・・ おれは大丈夫だよ・・  チョキ



当時のピッチャーは、内角に厳しく投げたり、時にはぶつけて、バッターに恐怖心を与えて、その後の主導権を握ろうとするもありましたね

原 辰徳さんも、1年目に初対決の投手にボールをぶつけられ、その投手に対しては、しばらく打てませんでした
  (当時テレビで見ていましたが、あきらかな・・  )

バッターのほうも、自分に近いボールに対して、ピッチャーに“体を使って抗議”して、若いピッチャーなどに、その後に厳しい球を投げさせないようにプレッシャーを与えていたり・・

そんな時代の中で、自分の一番核となる「連続出場」を断ち切ることになるかもしれない投手に対して思いやるその人柄・・

しびれますね

負荷がかかった時にこそ、その人の本質が輝くとき 星空

ガンを抱えながら、亡くなる4日前にも解説の仕事をされています

解説を見ていた江夏さんは、声が出てないよ・・無理するな・・と話をされていたと

調子が悪い中も、“フルスイング”の生き方を貫かれています

星野さん、衣笠さん・・

野球界を支えた男くさい方が亡くなり、とても寂しく思います
  


Posted by 尾上 正 at 09:00Comments(0)

2018年04月25日

その飲み物・・・  角砂糖が何個入ってる?

牧田 善二著 「医者が教える食事術」から

健康な人間の体には約4.5リットルの血液があり、その中のブドウ糖濃度(血糖値)は、空腹時90㎎/㎗です

つまり血液中には4グラム前後のブドウ糖が存在しています

それだけあれば十分だから、この数値なのです

4グラムでいいところに、いきなり大量の砂糖が入ってきたら・・

コーヒー飲料の糖質量
                      1本当たりの角砂糖
ボス とろける カフェオレ      11.1個
ジョージア マックス コーヒー    6.1個
ドトール カフェオレ          8.8個
ワンダ モーニング ショット     3.1個

清涼飲料水の糖質量
                      1本当たりの角砂糖
ウェルチオレンジ100 800ml     24個 
コカコーラ 500ml            14.1個
三ツ矢サイダー 500ml        13.7個
C.C.レモン  500ml          12.6個
オレンジーナ 420ml          10.9個    
ポカリスエット 500ml          7.7個
い・ろ・は・す もも             6.6個
カゴメ 野菜生活100オリジナル    3.7個


あらためて、分かったことなのですが(日ごろ体のことに携わる仕事をしていて、恥ずかしいことなんですが)

体の中の糖分は、血糖値やA1Cなどの数値で表されていますが、グラムで見たのは初めてでした

たった4g スティクシュガー1本分  角砂糖1個  オドロキ

食べものの中の糖質はゆっくりと吸収されますが、液体の糖質は一気に吸収されます

角砂糖を10個続けて食べるとすると、途中で苦痛になるかも・・

それが冷たい飲み物だと、口当たりがいいので、スーと入ってしまいます

同じようにスーと血液中に入ってしまいます

もう初夏のような暑さになっています  ☀

糖質は大切な栄養なのですが、飲み物からの取り方も気を付けたいですね

  


Posted by 尾上 正 at 07:33Comments(0)

2018年04月18日

爪がはがれたら、それから後にどうなるか知っていますか

個人的なことなんですが、今年の初めに爪を打ったみたいで、そこから菌が入り、少しの間ですが、苦しい思いをしました なき

その後に、爪がはがれることになったのですが・・

爪がはがれると、その次の爪はどうやって生えてくるか、ご存じででしょうか

今まで、普通に下から生えてくると思っていましたが・・

はがれた爪の下の皮膚が硬くなって、爪の代わりになっていました

これはどういうことなのか・・・???


けがや炎症を起こした爪を“捨てる”ために、剥がれていきます

でもその時に、爪がないと不都合なことが起こります

人の体は何万年のこれまでの体の仕組みを覚えていて、食料を得るために、自分の“手を使って”得ていました

猛獣などから緊急時に逃げる時にも、手に爪がないと、引っ掛かりが悪くなります

  (ちなみに、緊張すると手に汗をかくのは、手が少ししっとりすると、
  滑り止めのようになって、物が持ちやすくなまるという、体の記憶が残っ
  ているからです)

爪は通常は下からつくられていきますが、それでは時間がかかるので、破損した爪の下の“皮膚が爪に代わって”、ある程度できた時点で、破損した上の爪がはがれていきます

爪の下の皮膚は、通常はそのまま皮膚になっていきますが、爪がはがれた時には、爪になるという“遺伝子”を持っているということになります

爪だけではなく、体全体が、自分の体を守るシステムになっています

体の仕組みって、本当にすごいですね

自分の体に感謝しなければと、改めて思います






  


Posted by 尾上 正 at 08:09Comments(0)

2018年04月11日

ジャパネットたかた、高田氏の目のつけどころ

日本経済新聞、「私の履歴書」から

1989年(昭和64年)、ソニーの「ハンディカム」を「売れる」と直感した私は、カメラ店の現像で、子どものいる家がわかっているので、現像にきたお客様に、夜訪問の許可をもらって、訪問販売をかけた

ハンディカムで撮影したお子さんの映像をテレビに映し出すと、子供や孫が「テレビスター」に変わる メロメロ

訪問したお客様の2件に1件が買ってくれた

気が付けば、私の店は九州で一番ハンディカムを売る店になっていた



ジャパネットタカタは、商品を売っていないと以前から言われています

夢、喜び、笑顔・・

特質 (特徴・性能・機能)   一次

利点 (満足感やメリット)   二次

商品を売るのではなく、商品から得られるメリット(利点)を伝えています

購入後に得られる肯定的な“イメージ”をイメージを膨らませていく・・・

擬声語も擬態語も多く活用していますね   
スーと、シャキッと、スカッと、ポンッと

店に来店された人(主人・奥様)をビデオで撮り、店の中のテレビで映し出し、“どうですか・・今撮った映像がすぐに見られるようになるんですよ・・”

“そう・・・、すごいね・・でもちょっと高いから” で終わってしまうことに・・ヒ・ミ・ツ

それが、お客様の家に訪問し、今撮った自分の子供や孫の映像が、自分の家のテレビで映し出される・・

それまでのテレビで映し出される人は、有名人・スター・・

松田聖子や、中森明菜や、田原俊彦や、マッチや・・

それが、今まで有名人しか出てこなかったテレビ映像に、自分の子どもや孫が、テレビの中で動いている・・ 笑っている・・

何が人の心をつかむかを、常に考えている・・

高田氏の、人の心のツボを掴む方法は、今につながっているのでしょうね



竹田城

竹田城









  


Posted by 尾上 正 at 08:10Comments(0)

2018年04月04日

昨日何回笑いましたか?

大阪大学医学部の大平哲也准教授の論文によると、子どもは一日平均300回笑うが、大人は17回、70歳以上になると2回しか笑わなくなる 


子どもって、1日300回以上も笑うんですねニコニコ

大人は17回

1時間に1回

多いのか、少ないのか・・

男性よりも女性のほうがたくさん笑っているような気がします

笑う門には福来る・・・は、健康面では科学的に証明されています

笑うとナチュラルキラー細胞という、がん細胞を殺す細胞の数が増えます
  (ちなみに1日に約3000個ほどのがん細胞が体内で発生していると
  されています)

逆にストレスが強くなると、白血球の中の顆粒球という細胞が血液の中で増えます

これは、ストレス=緊張状態=戦闘状態と体が判断して、けがに備えて、中に消毒物質を持つ顆粒が増えていきます

ずっと昔の生活を体が覚えているので、あくまで体を守るためです

ただ、現在のストレスはケガをしないので、消毒物質が使われることなく、周りの組織にばらまかれます

胃では胃潰瘍などにも プンッ

リラックス状態(副交感神経)と、活動状態(交感神経)は、シーソーのようになっているので、どちらかが上がると、反対のシーソーは自然と下がります

バランスが取れていることが大切なのですが、現代人はストレス過剰のほうにシーソーが傾きがちに・・

自分の好きな趣味や時間の過ごし方で、副交感神経のシーソーを上げると、自然とストレスを減らしたのと同じ状態になります

何事も“すぎ”はよくないので、バランスよく











  


Posted by 尾上 正 at 07:17Comments(0)

2018年03月28日

魔法で笑顔に

日本経済新聞 3月18日記事から

「はい、魔法がかかりました」。見物客の女の子の持つ銀のステッキが花束に変わり、金属製のリングが次々とつながる。

驚きの声や拍手につられ、目を丸くするお年寄りや、跳びはねて喜ぶ子供の輪が膨らんだ。

2月、宮城県気仙沼市の波の穏やかな漁港近く。東日本大震災の津波から3年余りかけて復旧した観光施設「海の市」にプロマジシャン、トリックマスターソラ(本名・須川隆志)さんがいた。
「ひとときの癒やしになれば」と避難所や仮設住宅を巡り、笑顔を届けてきた。
今も年の半分は千葉県から東北の被災3県などに車でひとり通う。

被災地でのボランティアのマジックは2300回を超えた。

移動のガソリン代や生活費は、被災地以外のステージで賄う日々。

ホテルマンを経て20才でプロデビュー

世界大会で優秀賞に輝いた経験もある。

震災時に初めて被災地に入った2011年5月

“テレビの向こう側”だった惨状に圧倒された。

会場で被災者が肩を寄せ合う中で「こんな時になんだ」といわれるかとおじけづくなか、どんよりした空間に大きな笑いが響いた。

「また必ず来てください」「いいですよ」

楽しみが心の隙間を埋める、つらい時ほど笑顔が必要なんだ。

「僕はここにいる、一緒にいるんだよと伝えていきたい。どこまで復興といえるのかはわからない状況だけど、今後も何十年とできる限り見守っていきたい」

幼いころ、駄菓子屋で子供の声援を一身に浴びた「ヨーヨーのチャンピオン」に憧れたことが、エンターテイナーを目指すきっかけだった。

今、自らが次世代を担う子供たちに夢や希望を与える番だ。





阪神淡路大震災では、戦中の空襲の時代に戻ったのかと思うほどの、悲惨な景色が続いていました

それが、3年ほどで、道路はほぼ直され、ところどころ空地はありましたが、復興されていきました

仮設住宅も、3年後にはほぼ、無くなっていました

それが、東北の震災では、いまだ仮設住宅にお住まいの方が、1万人以上と・・

現地では、整地は進んでいても、人はあまり戻ってきていないと

特に若い世代が

長年の疎開で、疎開先で生活が定着している・・ 加えて原発の不安も・・

いつまでも忘れない、そして行動で支援の輪を続けていくことが本当に大切だと思います


  


Posted by 尾上 正 at 06:52Comments(0)