< 2019年08>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2019年08月28日

幸運の女神の“運”ってなにか

コシノ ジュンコ氏  日経新聞8月19日、「私の履歴書」から

調子に乗りすぎていた。泊断があったんだと思う。

装苑賞を取り、挫折らしい挫折もせず、あれよあれよという間に人気デザイナーになってしまった。

真面目に遊ぶことが人脈を広げ、次の仕事につながるものと信じ、毎日のように続けた

乱痴気騒ぎ。稼ぎはあるから丼勘定でも何とかなっていた。
だから天罰が下ったのだろう。

「手形の期日が迫っています。落ちないと不渡りです」

突然、銀行からこんな電話が入ったのだ。寝耳に水だった。

経理が苦手な私はある男性にすべて任せていた。

不用心にも、ハンコや預金通帳をそっくり渡したままで・・。

その人物は行方不明で一切連絡が取れない。

事情を聞くと、会社名義で手形が振り出されており、期日は翌週月曜だという。あと数日しかない。

金額は3千万円。自分の顔からみるみる血の気が引いていくのが分かった

詐欺事件に巻き込まれたのだ。

お金を用意できなければ不渡りになる。

店も商品も差し押さえられ、従業員の生活も吹き飛ぶ。
一度失った信用を取り戻すのは至難の業だ。

絶体絶命のピンチだった。

とにかく知人に電話をかけまくり金策に走り回り、乾いたタオルをさらに絞るような思いでようやく集めたのが2700万円。

だがどうしても300万円足りない。明日は日曜。
週明けには期日がやって来る。

その時、男性が偶然声をかけてきたのだ。

入居で契約する際、 一度会っただけで普段会うこともない相手である。

「お、まだ仕事かい? 若いのに偉いねぇ。コシノさんを見ていると、何だか自分の娘みたいに思えてくるよ」

「全然偉くないです」

私は暗い表情で答えた。不渡り寸前なのだ。

恥を忍んで聞かれるままに事情を説明すると、次の瞬間、オーナーは驚くべき言葉を口にする。

「300万円か・・・。よし、じゃあ、僕があげるよ」そして目の前でサラリと小切手を書き、私にくれたのだ。

こんな奇跡ってあるのだろうか?

「これは頑張っているあなたへの贈り物です。どうか受け取ってください。
あげたから返す必要はないですよ」

地獄に仏とはこのことだ。

私は狐につままれたような思いで相手の顔を見つめた。

おかげで手形の期日を何とか乗り切ることができた。



多くの人が名前を知る「成功者」と呼ばれる人が話す言葉には、共通点があると思います

私は「運」が良かった・・

ただ、客観的にみて、運が良かったどころか、自分の力ではどうにもならない崖っぷちに立たされています

そんなときに、「まるで導かれたように」人から助けてもらえる・道が開ける・・

それを「運」が良かったと・・

あり得ないような幸運の女神が舞い降りる人は「運を引き寄せる」それまでの生き方があることが、とっても大切だと思います

上昇気流の時には、人はついてきてくれますが、転がり落ちていくときに、人が手を差し伸べていただくには、それまでの「生き方」が左右します

コシノさんに、2回目にあったばかりなのに、お金を工面してくれた方は、おそらくは他の人からあの人は頑張っているよ・・、一生懸命やっているよ・・ということを聞いておられたのだと思います

神様は、みなお見通し

女神から愛される生き方をしていきたいですね  天使

  


Posted by 尾上 正 at 08:12Comments(0)

2019年08月21日

大人になると、どうして苦いものが好きになるのか

ゴーヤチャンプル・・  
ニガウリと豆腐の絶妙な組み合わせで、ビールにピッタリです  ビール

食事の中でも、苦いものはインパクトがあり、とってもおいしいですね

実は「苦味」は、自然界では「毒」の味です

同じく「酸味」は、「腐ったもの」の味です

赤ちゃんの口に、苦いものや酸っぱいものを近づけると、口を横にそむけます

無理に食べさせようとしても、泣き出して嫌がります

自分の体を守るために、本能的に危険なものを取り込もうとしません

子供は味を感じる「味らい」の数が多く、特に味に敏感ですね

甘い食べ物は、安全なものが多く、好きな人が多いです ケーキ キャンディ カキ氷

大人になると「味らい」の数が減っていき、感じ方が“鈍く”なり、苦いものにも慣れてきて、おいしく感じるようになってきます

「危険なもの」を見分けることも、できるようになってきます

食欲のない夏などに、食事の初めに酢のものを食べることなどは、「酸味」を感じて、体から早く排泄しようと消化器官が動きだし、食欲が出て、消化も良くなります

漢方では、害のない苦みを体に入れることで、同じように消化器の働きを活発にして、腸の蠕動も活発になるので、通じもよくなります

「苦味」は、消化器の働きを促進するので、消化器をつかさどっている「副交感神経」の働きを高め、ストレス解消になります

副交感神経の働きを高めることは、免疫力を高めることにもつながります


結論

自分に入ってくるものを判断できない子供の時には、本能的に身を守るために「苦味」を遠ざけます

自分にとって必要なものを選べる大人になってからは「苦味」を上手に取り入れることで、体のためになります
“鈍く”なることも、必要なんでしょうね


ということで・・  今日もおいしくビール飲むぞ・・・・・  メロメロ
  


Posted by 尾上 正 at 06:44Comments(0)

2019年08月07日

向こう岸、見ているだけでは渡れない

以前にNHKの朝ドラで、コシノファミリーのお母さんをモデルにした「カーネーション」が再放送され、とても面白く、全放送を見ました

コシノ ジュンコさんは小篠家の次女として大阪、岸和田で生まれ、現在、世界に羽ばたく仕事をされています


日本経済新聞、私の履歴書から

「私は小学校から高2まで先頭で綱を引いていたほど、根っからのだんじり好き うちわ(祭)

小篠家の3姉妹を、女手一つで育て上げたお母ちゃんも、実に自由で個性的

良きライバルとして競い合い、よき伴走者として支えあってきた

そんな“だんじり魂”が3姉妹の心に深く根付き、やがて世界に羽ばたく大きな原動力になったような気がする

向こう岸、見ているだけでは渡れない 

お母ちゃんが私に残してくれた言葉も大好きだ

最初から結果を恐れていたら何も生まれない

「思い立ったら即実行」という信念で走り続けてきた


お母さんの背中(生き方)が、コシノ3姉妹の世界に羽ばたく力になったことは、間違いありません

親が言うとおりに子供は育たないと言われます

親の背中を見て、子供は育つと・・

戦前・戦中・戦後と、女手一つで、自分の思う未来を手に入れようと動いてきたその背中をずっとみてきて、今の行動力につながっているのだと思います

ドラマの中で、様々な失敗や葛藤、お母さんがご主人を戦争で亡くしてから、妻子ある男性と恋仲になるなど、ドラマチックな展開に、脚本されているのだな・・と思っていましたが、今回「私の履歴書」を読んで、それがどれも事実からきているということを知り、少し驚きました

結果を出せるという自信も必要ですが、今と違う未来は誰にもわからない

自信は過去にできたとというものから来ることが多いですが、未来に対しては“勇気”が必要ですね

来週はブログ夏休み
 (いまだにスマホで投稿していないアナログ人間のため ワーイ )

素敵な夏を 入道雲

  


Posted by 尾上 正 at 06:53Comments(0)