< 2017年05>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2017年05月31日

長寿の秘訣は“お茶目”

メールマガジンから

ある集まりで、まもなく百歳を迎えるというのにかくしゃくとして、とくに頭の柔軟さは、一回りも二回りも若い私たちもかなわないという大先輩に、その秘訣を尋ねました

するとその大先輩は、「やはりボケないためには、教養と教育がなくちゃいけない」と言います

この答えを聞いて、私は正直言って意外だったので、こう反論しました

「でも大先輩、お言葉を返すようですが、けっこういい大学を出て、本もたくさん読み、教養も教育も十分あったはずの人が、ボケちゃったという話をよく聞きますよ」

するとその大先輩はこう言ったのです。

「ダメだなあ、君たちは。そんなことだから早くボケるんだよ。あのね、キョウヨウっていうのはね、教養じゃなくて、今日、用があること、キョウイクとは教育ではなく、今日行くところがあるってことなんだよ。キミらもね、今日用事がない、今日行くところがない、となったらボケるしかないんだよ」

これには、居並ぶそうそうたるメンバーも、完全に一本取られ、その場は大爆笑の渦に包まれました

たしかに、これほどボケないための頭の使い方を、巧みに表現した言葉はめったにないでしょう

しかし、私は、その言葉の意味合いもさることながら、彼のこの「人を食った表現のしかた、笑いの渦に人を巻き込むその頭の使い方」こそが、若々しい頭脳の秘密ではないかと思ったのです

長寿者といえば、あの百七歳と百八歳まで生きた双子の姉妹、きんさんぎんさんの周囲にも、いつも笑いが絶えませんでした

一番有名なのは、人気者になって出演料などがはいるようになったとき、「お金を何に使いますか」と聞かれ、二人揃って「老後の蓄えにします」と答えていたことです

そして、この愛すべき百歳姉妹が、いろいろなところでその長寿の秘密を聞かれたときの「金さん銀さん語録」として伝わっているもののうち、最初の二つが「笑い」に関するものだったのです




言われてみれば、泉重千代さん(現在は120才ではなく、105才というのが定説になっています)は、どんな女性がお好きですか?と聞かれ、
年上の人がいいな・・と  メロメロ
こんな、お茶目な答えができる・・て、素敵です

日本のおばあちゃんて、とってもかわいい人が多いと思います

愛嬌(あいきょう)の語源は、仏教に由来する言葉で、仏様の顔だちがおだやかで恵み深いことを表し、だれからも愛され敬われる顔や表情にいたったもの・・だとのこと

人もそうありたいですね クローバー


  


Posted by 尾上 正 at 06:52Comments(0)

2017年05月24日

“髪は女の命”が、他の人に生きる力を与える時

日経新聞 朝刊コラムから

別に聞き耳を立てているわけでもないけど、街角で、車中で、酒場で、人様の会話に、思わず引き込まれてしまうことがある

居酒屋で隣り合った女性は、30代半ばのようで、有期契約の仕事が近く終わるのを機に、豊かな髪を30㎝以上切り、寄付するつもりだという

突然髪型を変えると、職場の人たちにあらぬ詮索をされるので、退職を待って切るのだとか

今からその日が来るのを待ち遠しい・・と、友人に打ち明けていた

理由を聞いて、泣けてきた なき


女性は10代でがんを患い、治療の副作用で髪を失った

「眉毛もまつ毛も抜けて、不良少女みたいだったの。嫌になっちゃた」

笑顔で話していたが、当時は旧友の見舞いも断り、ふさぎ込んでいた

外出してみよう・・という気持ちが芽生えたきっかけは、ロングヘアの医療用のかつらにしたときだった

恩返ししたい

女性は「若いころは闘病でおしゃれや恋に縁がなかった。今は本当にきれいになりたい」 ニコニコ

暴力や不寛容に満ちたこの世界の片隅に、あなたのような人がいてくれてありがとう

あの時、そう伝えればよかった



「ヘアドネーション」は、大人だけではなく、子供にもあります

小児がんなどで、治療で髪が抜けた子供のために、健康な女の子が髪を伸ばして、提供しています

“髪は女の命”と、言われていましたが、女性の美しさへの力が、生きる力に・・

人に力を与えるのは“人の力・思い”

そんなに大きなことではなくても、ほんのちょっとしたことでも・・

人に喜ばれることを、心がけたいですね
  


Posted by 尾上 正 at 06:44Comments(0)

2017年05月17日

目に見えない“潜在意識”を変える方法は?

朝と、夜寝る前の“言葉・思い”が潜在意識のスイッチを押す

朝起きた時に、頭がぼやー・・としているときは  (私だけでしょうか・・ウトウト )

顕在意識と、潜在意識が混とんとしている状態です  (だそうです・・)

顕在意識は、普段思っている意識

潜在意識は、植物で言えば“根”にあたり、目には見えないが、人の思いの土台になっているものです

いくら意識をして“アクセル”を踏んでも、心の奥で“ブレーキ”を踏んでいる場合があります

そのことを自分では気がついていない  ヒ・ミ・ツ

朝起きた時と夜寝る前に(意識はあるがまだうつろな状態)、プラスの思い・言葉で暗示をかける

自分に対して“できる”“うまくいく”・・

周りに対して“今日はいい日だ”“ありがとう”・・

そうすることで、普段コントロールしにくい“土台”に力を与えることができます

逆に眠る前に、今日の嫌だったことを思い出して眠ると、一晩の中で何度も繰り返して、剃りこむことになります

今日あったことを、同じような内容で“夢”に見たことは、どなたにもあると思います

同じ刷り込むなら“プラス”のことを ニコニコ


鳥取砂丘 砂の美術館



  


Posted by 尾上 正 at 06:52Comments(0)

2017年05月10日

心を磨くにはどうすればよいのか?

西中 勉著 「運の良くなる生き方」から

ある禅寺の座禅に参加したときに、和尚さんから尋ねられました

「ここに来た目的は何ですか」

「心を磨きに来ました」

私は模範解答というつもりで、自信満々で答えました  

きっと、「それは良いことだ」と、褒めてもらえると思っていたのです 

ところが、和尚さんはこうおっしゃいました

「心は磨けません。目に見えませんから
まず、目に見えるものをしっかり磨きなさい」

恥ずかしかった  赤面

心を磨くなどと言っても、心が何なのかもわかっていなければ、それをどうすれば磨けるかもわかっていないのに、偉そうなことを言ってしまったからです

それよりも大切なのは、目に見える物を磨くことだと、和尚さんは言われたわけです

目に見えないものは磨けない

難しいことをするよりも、毎日の仕事や、あいさつや掃除などの日常生活を、心を込めてすることが大切だと



うーーーーん  なるほどなーーーーーー と

本当に大切なものは、目の前にある

まず、目に見えるものをきれいにする・・・て、大切ですね

少し前に見た光景で、腰が折れ曲がったおばあさんが、朝、ゴミを出そうと道路を渡ろうとしているときに、あと少しで渡りきるところで、止まりました

私はあんなところで止まると危ないな・・と、気になってバックミラーで見ると、そのおばあさんは、道路に落ちていたゴミを拾って、自分の持っていたゴミ袋に入れて、また歩き始めました

誰も気が付かない・・、誰も褒めてくれさえしない中でも、世の中をきれいにしている人たちが、周りにたくさんいることで、今暮らしていることを改めて感じる一瞬でした

心を磨くには・・  クローバー






  


Posted by 尾上 正 at 07:02Comments(0)

2017年05月03日

北朝鮮の軍事費はアメリカの何分の一か?

今日は憲法記念日です

今さかんに憲法改正がいわれていますが、その中でも最もあげられているのが第9条

今と将来の平和を考える1日にしたいですね

世界の軍事費  日経新聞から

1 米国        6110  (億ドル)
2 中国        2150
3 ロシア       692
4 サウジアラビア  637
5 インド       559
6 フランス      557
7 英国        483
8 日本        461
9 ドイツ       411
10 韓国        368

世界の軍事費の半分を米国と中国が占めています



新聞では記載はありませんでしたが、北朝鮮の軍事費は年40億ドルくらいと考えられています (報道では)

アメリカの約1/150です

パーセントでいうと、0.6%  

単純に比較して、比較にならないくらい小さい

“核”を手放しては、全く比較にならないくらいに小さいので、唯一の“武器”に力を集中しているのでしょうね 炎

北朝鮮の軍事費は世界各国では少ない規模でも、GNP比率では世界一で高く、23%くらいと・・

日本が第二次世界大戦直前の軍事費が30%位でしたので、国は違いますが、戦争前の状態にいまあります

日本も「大和」や「武蔵」など、大国に対抗するために、軍事費を増やして、国民の生活は困窮しました なき

それと同じ状況が北朝鮮にも起こっているのでしょうか



北朝鮮の体制をつぶすことはできるといわれていますが、その先の未来を誰も明確に描けていなく、手を出せない

シリアのように多くの難民が他国に押し寄せる可能性もあります

暴発しないようにと望みます
  


Posted by 尾上 正 at 08:22Comments(0)