< 2010年03>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年03月31日

ブログを始めて1年になりました 

1年ほど前から、ブログを出しています

本当にお世話いただいて、出せることになったのですが
一番大事な「なぜ出しているのか」を思うときに、人はいろいろなマイナスな部分はあるけれども
「本当に素晴らしい部分を持っている」ということを、知っていただきたい・・・
ということが、一番根底にあると思っています
   (ホントー・・ ちょっと自分のためじゃない?  はい、その通りですね)
          自分への質問と、自分への回答

キレイごとではなく、自分の周りの人を幸せにする“自分の幸せ”です
親が子供のために苦労はしても、それは苦労であっても辛いことではなく、
子供の将来を楽しみに、今の“自分に幸せ”と感じることができますね

辛いための苦労ではなく、幸せのための苦労をしましょう



幸せは辛いこと・・・・?

「幸」の言葉の中に、「辛」いという字が入っています

辛いことを乗り越えたことに、幸せはあるのでしょうか

辛いことも包み込むことで、幸せを感じることができるのかも




今、自分に無くしたら“本当に困るもの” は何ですか

   人、もの、ものごと・・・

   ①・・・・・・
   ②・・・・・・
   ③・・・・・・
      ・
      ・
      ・
      
  自分に無くしたら“本当に困るもの”は、今自分に与えられています

  今このときに私たちは、たくさんの宝物・幸せの中で暮らしています






   日本営業道場  http://www.eigyo-do.com/ 
   阪神道場  3月 挨拶研修  


Posted by 尾上 正 at 09:17Comments(8)

2010年03月24日

親しくなるために、相手の“名前”で声かけをすると・・

先週、城崎に行ってきました      またいくぞー  いつか  たぶん・・

外湯に入りにいって、中にいる人が30人ほどだったでしょうか
次々と入ってきて、出て行って・・  私は旅館のゆかたではなく私服で入りにいったのですが、出て行くときに、私を見て一瞬考えて○○屋さんですね・・と下駄を出していただました
私と一緒に行った者も、違う外湯で同じだったようです

旅館の紋が入ったゆかたを着ていない人を選択しておぼえているのだと思いますが、そのプロ意識はすごい!!


初めてお店で服を買って、しばらくして2度目に寄ったときに、○○様、またのご来店ありがとうございます、先日お買い上げ頂いたお洋服、サイズのお直しなどはございませんか・・などと声かけをされると、
たくさんのお客さまから、その他大勢の1人ではなく、大切な人・自分だけと認められたと感じ、それだけで嬉しくなります


“名前を言う”ことで、一気に親しくなれます

名前を呼ぶことは、その人の存在を認め大切にすることです
特に1回しかお会いしたことのない人には、とても良い印象になります  
 「○○さん、○○の調子はいかがですか?」とか、簡単な言葉・ちょっとした心遣いだけで好印象を与えることが出来ます
名前を覚えられなくても、出会ったときにアイコンタクトや軽い会釈などで
「あなたを知っていますよ」とのメッセージを相手に送ります

相手の目を見て笑顔で挨拶をする  目を合わせるというのは
「あなたに関心を持っています」「あなたは私にとって大切な方ですよ」
というメッセージです



今日3月24日に、尼崎で営業研修をさせていただきます

 日本営業道場 http://www.eigyo-do.com/ 
「阪神営業道場セミナー」 18時45分~20時45分

内容 挨拶研修  「挨拶の心・技・体  人との出会いは全て挨拶から」

会場 塚口さんさんタウン 2番館 4F
    
   尼崎市南塚口町2丁目1-2  TEL06-6427-3313
   阪急塚口駅 南へ下車スグ
   参加費  2000円/1人 
   どなたでも参加できます お時間があればぜひ、ご参加下さい

  


Posted by 尾上 正 at 09:22Comments(4)

2010年03月16日

人の一生に残る言葉

「お前は絶対に落ちる」

高校受験を間近にしてクラス担当のM先生は、安田さんの大好きな女生徒とクラス全員の前で宣言しました

安田さんはM先生が嫌いで成績は下がり、授業に出たときは難しい質問をして授業を遅れせることに快感を得ていたそうです

高校進学は自分のレベルより2ランク上の高校の願書を出し、安全サイトへ下げるよう説得したM先生を拒否し安田さんはお父さんと話をされました

ランクを下げるよう言われると思いましたが、お父さんは「お前を信じている。頑張れ」というだけ

翌日志望校をM先生に告げたときに、「お前は絶対に落ちる」

安田さんはその日から絶対に見返してやると、がむしゃらに勉強し高校受験の試験中に、ふと教室の外を見ると多くの生徒の受験の高校がある中でM先生は、安田さんの受験校に来て、こちらに向いて合掌しているのが見えました
合格発表の日も高校へ来ておられました

安田さんはM先生の胸で泣いた


生徒全員の前で「お前は絶対に落ちる」・・などと、大変ひどい言い方です
今だったら、とても許されないかもしれません
ただ反抗心の強い安田さんの心に火をつけるには、生半可なことではムリと考え、あえて罵声を浴びせるような言葉を言い放たれたのでしょう
お父さんの「お前を信じている」、先生の「お前は絶対に落ちる」

どちらも心に残る一生の言葉になると思います



「朝」という言葉を分けると、十月(とつき)十日(とおか)に、分けられます
人は、十月十日を経てこの世に誕生しますが、毎朝新しい自分が誕生する
 今までの自分は過去の自分、今日目覚めた自分は新しく生まれた自分
 そう思えば、今日見える風景がとっても新鮮にみえませんか

私の弟の子供の出産予定日が昨日でした
もうすぐ、新しい命との、“こんにちは”

子供の小さなきれいな目を見て、行動を見て
人の本来の姿は、心のきれいなものとして生まれてくる、と思いますね
  


Posted by 尾上 正 at 08:23Comments(4)

2010年03月10日

精神の歯車を、おかしくするもの

世界の精神病棟の18%は日本にあります 
日本は精神的障害のある人が世界一多い国です  それはなぜ?
うつ病患者  推定300~450万人 治療を受けている人104万人            
         2008年度 再発率約6割
       
2004年にうつ病学会が設立され、早期発見・早期治療の啓蒙活動が
実施されています
 よく眠れていますか? などの新聞広告なども目にします
 うつ病は1999年 → 2005年 3.7倍と、爆発的に増えています  
 こんなに短期間に増えた病気は他にありません
  
心身の過労が続くと脳内で気分や意識を調節している「セロトニン」「ノルアドレナリン」などの神経伝達物質が一時期に減って、うつ症状が出ると考えられています

うつ病薬 “SSRI”はセロトニンの体への取り込みを阻害し、減ることを防ぎます

“SSRI”は日本に先立ち欧米で87~88年に発売されて、それ以後
英   1987年発売 90~98年 2.5倍  
米   1988年発売 90~98年 3倍   と、うつ病患者が増えました

日本は欧米に10年遅れて99年に発売され、その後うつ病薬の販売量は
5倍に増加しています

 製造している会社 2社 
  米 ファイザー(世界第一位)  英 グラクソスミスクライン(二位)  
  FDAJ(米検査機関)の結論  
    プラセボ(偽薬)と効果が変わらない → 効果がない

“SSRI”は攻撃的になるとの副作用 
 米   銃の乱射事件が相次ぎ当時の米大統領ブッシュは、医者が
      強制的にSSRIを投与することを禁じる署名

 日本  バスジャック、池田小学校、歩行者天国殺傷事件の
      加害者がSSRIを服用
  
学習障害の定義
  初めて発する・あまり使わない言葉に詰まる、落ち着きがない、すぐ物
  をなくす、自分だけの世界がある、大人びている、他の子供にいじめら
  れたことがある  全児童の6.3%

このような少し個性が強い子供(人)に、薬が投与される可能性があります

現在欧米では、反省の元にSSRIが自粛されていますが、先進国では日本のみが野放しで増え続けています
例えは悪いのですが、欧米の非加熱製剤が危険との指摘を無視し、厚労省の怠慢でエイズ患者を増やしてしまったのと同じ・・・といっては大げさでしょうか


ほんとうに、この国をどうするのか・どうなってしまうのか

原因があって、結果があります














  


Posted by 尾上 正 at 07:39Comments(4)

2010年03月03日

感動を呼ぶ“サプライズ”は

感動は「予期せぬことをしてもらったとき」
     「期待している以上のことが起きた時」におこります

「予期せぬことをしてもらったとき」
 プラスアルファのサービスは“サプライズ”が効果的です
 お客さま(相手の方)の予期せぬタイミングで行なうことで感動を生みます

 ハガキで誕生日にお店に食事に行くとケデザートのプレゼントがありま
 す・・と事前に知っていたときは、ケーキが出てきたときは、「うれしい」と
 は思っても「感動」まではしませんね

 これが、お店から突然「本日は、お誕生日おめでとうございます 
 今日の日にケーキのプレゼントをご用意させていただきました」と出てき
 たら、とても嬉しく思います

 出てきたものは同じものですが、受け取ったイメージは全然違います

「期待している以上のことが起きた時」
 お客さま(相手の方)の期待値を上回る、いい意味で予想を裏切ることが
 必要
   ちょっとした事でOK

 姫路の広畑センチュリー病院は、ホテルのようなコンシェルジュがいます
    受付の横にカウンターを置いてお出迎え、お見送り、案内、相談
    張り紙を禁止し、すっきりと快適な空間作りを心がけ
    元全日空ホテルのコックさんと契約して、個々の患者さんに症状に
    あわせながら料理を提供

感動とは「そこまでやるのか」という体験をお客様に提供すること
    プロとは「そこまでやるのか」という人達の総称

普通のサービスではファンやリピーターしか作ることはできない
痺れるような感動を提供する

感動させようと言う作為は、簡単に見抜かれてしまいます 
   あくまで本心から


いつも思いますが、スケートの決勝でたくさんの人が失敗をしますが、エキシビションではほとんど失敗がありません。極限までの技をしていないこともあるとは思いますが心理的な硬さも、とってもあると思います

たくさんの失敗を重ねて、たくさんの成功を重ねて、心が練り上げられるのでしょうね



  


Posted by 尾上 正 at 06:43Comments(6)