< 2017年12>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2017年12月27日

愛が心に伝わるとき

メールマガジからそのまま掲載

実際にあったお話です。

広島の高校に通うA子ちゃんは、生まれた後の小児まひが原因で足が悪く、平らなところでもドタンバタンと音を立てて歩きます。

この高校では、毎年7月に、クラス対抗の水泳リレー大会が開かれます。

1クラスから男女2人ずつ(計4人)の選手を出して、一人が25メートル(4人で100メートル)泳いで競争します。

選手を誰にするかは、生徒達が自主的に決めるようになっていました。

A子ちゃんのクラスでは、男子2人と女子1人は決まったのですが、残る女子1人が決まらなかったのです。

そこで、クラスのいじめっ子が「A子は、この3年間、体育祭にも出てないし、水泳大会にも出てない。A子を選手にしよう。」と意地の悪い提案をしました。

クラスメイト達は、いじめっ子グループからいじめられるのが怖くて、誰も反対意見を出しませんでした。

大会当日、水中を歩くA子ちゃんを見て、まわりから奇声や笑い声が聞こえてきます。

彼女がやっとプールのまん中まで進んだその時でした。

一人の男の人が背広を着たままプールに飛び込み、A子ちゃんの横を一緒に歩き始めました。それは、この高校の校長先生だったのです。

「何分かかってもいい。先生が一緒に歩いてあげるから、ゴールまで歩きなさい。はずかしいことではない。自分の足で歩きなさい。」と励まされました。

一瞬にして奇声や笑い声は消え、みんなが声を出して彼女を応援し始めました。

長い時間をかけて彼女が25メートルを歩き終わった時、友達も先生達も、そして、あのいじめっ子グループもみんな泣いていました。

「世の中で何が大事か。人間として、していいことと悪いことがある。その区別がつく人間に育ってほしい。」このことを校長先生は身をもって実行されたのです。

他の先生達が、どんなに口で言っても伝わらなかったことが、校長先生が身をもって示されたこと(=行動)によって、生徒達の心にまでに伝わったのです。

「心ゆたかに生きる」南蔵院住職 林覚乗著 西日本新聞社より



「誠意は行動で示す」といわれています

この「行動」に移す時にちょっとした勇気が必要な時も・・

相手がどう受け取ってもらえるかはこちらの手の中にはありませんが、何かしら人間的に成長できるものはきっとあるはず・・

そんな小さな一歩を大切にしていきたいと思います

この回で400回目の投稿になりました

これまで一度でもこのブログを見ていただいた方に心から感謝を申し上げます

来週はブログ冬休みです (故郷富山で寝正月)雪

良いお年を ニコニコ



  


Posted by 尾上 正 at 06:57Comments(0)

2017年12月20日

人生の最後の日に持っていけるものは

メールマガジンから


人生最期の日、わたしたちが持っていけるのは、人生に意味をもたらしてくれたすべてのすばらしい人生経験の思い出だけです

そう考えると、ものを収集するより、しあわせな思い出が残ることをして日々をすごしたいと思います

ささやかなことを楽しむ知恵をもってください

そういったものがもたらす最高の思い出は、多大なエネルギーをついやして追いかけているどんな物質的なおもちゃより、あなたの人生に価値を与えるでしょう



人生最後の日に、何に包まれて逝きたいですか

死にざまは、その人の生き様かも

自分の大切なものに包まれるとき、いい人生だったと思える一生なのでしょう

別に、死に際でなくても、今日この日から大切のものを大切にする“行動”をとることはできます


テレビドラマ「陸王」の中の一言

「無駄かもしれないけど、無意味じゃない」

いやーしびれました メロメロ

結果として、目に見えた実績は出せなかったとしても、目に見えない意味のあることは、前向きに行動すれば何かしら作れているはず・・

小さな一歩を大切にしたいと思います

  


Posted by 尾上 正 at 08:16Comments(0)

2017年12月13日

沢田 研二「勝手にしやがれ」で、出て行った女性はその後どうなったのか?


ラジオ番組で、あーそうだったんだ・・ということで掲載

沢田 研二(ジュリー)の大ヒット曲「勝手にしやがれ」は男性の側から歌ったものですが、その時に去って行った女性からの歌が、山口 百恵の「プレイバックPart2」とされていると・・・

沢田 研二 勝手にしやがれ

バーボンのボトルを抱いて、夜更けの窓に立つ

お前がふらふら行くのが見える

さらならというのもなぜかしらけた感じだし、あばよとサラリと送ってみるか

  作詞 阿久 悠

山口百恵 プレイバックPart2

勝手にしやがれ 出ていくんだろ

ちょっと待ってPlay Back  Play Back

今の歌をPlay Back  Play Back

勝手にしやがれ、出ていくんだろ

これは昨夜のあなたのセリフ

強がりばかり言っていたけど、本当のとても寂しがりやよ

あなたのもとへPlay Back  Play Back

あなたのもとへPlay Back

作詞 阿木 燿子 作曲 宇崎 竜童


あらためて歌詞を見ると、「勝手にしやがれ」の部分から、ふたつの歌が始まっています

本当はそばにいてほしいと思いながら、勝手にしろ・・と素直になれない男

去って行った女性のことを思いながら、寂しさを紛らわすなき

そんな男に愛想を尽かし切れず元に戻っていく女・・

詩はメチャメチャカッコいいですが、内容は昭和演歌と同じかも・・


別のラジオで聞いた話ですが、最初に別の人に「プレイバック」を作ってもらいましたが、もう一つしっくりいかなくて、宇崎夫妻に依頼をして作った歌なので、Part2なのだと

思い・詩・曲・歌い手のすべての歯車がピッタリ合った歌ですね


地球の「磁極」はこれまでに何度も反転したということですが、今の時代は、男性と女性の立場が昭和とは〝反転〟しちゃてますね  いやはや 

昭和は遠くなりにけり・・は、よく言われたフレーズですが、平成の時代も終わりが近くなっている今、ますますジュリーの歌の中のハンフリー・ボガートの男のやせ我慢のかっこよさが、遠くなっていくのでしょうか  
  


Posted by 尾上 正 at 07:11Comments(0)

2017年12月06日

最高のチームを作るシンプルな仕掛け

黒岩 禅氏 「最高のチームをつくるシンプルな仕掛け」から


報告のときに「ほかに何かある?」 魔法の言葉
一言声をかけるだけで解決できることがたくさんある
報告を受けたらレスポンスが大切、悪ければ「相談するだけ無駄」となる
ホウレンソウは部下からするものだという固定観念を捨てると、たくさんの情報が入ってくる

相談を受けた時にすぐに答えることは、自分の自己満足を満たそうとしていること
相談に来たら「○○さんはどうしたいの」  
考えを聞くことで考え違いを修正することができたり、教育になるし、こちらも学ぶことができる

報告や連絡を、事実や想像や感想などに分けて聞くことは、成果を生み出すために大変重要
報告を耳で聞くのではなく口で聞く  質問しながら確認をする  
「それは事実?、それとも○○さんの考えですか」

「どうして」は過去を責め、「どうしたら?」は未来を変える
「なぜ」「どうして」は、質問ではなく詰問になっしまう
「どうして」を「どうしたら」に言い換える
「どうして」は、突き放した感じ
「どうしたら」は、一緒に考えている姿勢
「なぜ」は「何が」に言い換える
なぜできなかったのですか? → 何が足りなかったのかな・何ができていればできただろうか
ポイントは、質問の焦点を過去ではなく未来に当てること
「なぜ失敗したんだ?」は、過去を問う質問
「どうしたら失敗しなかった?」は、未来を変える質問
未来を変える質問をするコツは、質問を「次は」から言い始めること
「次はどうしたら・・、次は何に注意したら・・」

指導は「具体的に何を変えるのか、何を改善するのか」を指導する
絶対にやってはいけないことは「批判すること」  
本人に気づかせることが大切

上司として大切なことは、失敗を責めることではなくチャレンジしたことを認め賞賛すること
  (ただし、同じ失敗の繰り返しは似て非なるもの)
「失敗の原因は何だと思う?」との質問で、原因を正しく把握していれば「何をすればうまくいったと思う」と、一緒に問題解決をする

徹底して「人」ではなく、目に見える「こと」を比較していく
頑張り・気合い・やる気などといった目に見えないものを評価しても改善しない


子育ては親育てとも・・

子供ができたから親になったのではなく、親になっていく

仕事も同じでしょうね

人は人によって育てられ、磨かれていきます

花の種が一日で花を咲かせるわけもなく、愛情と忍耐が必要

人を育てることは、自分が育てられているという感謝の気持ちと姿勢が大切だと思います


  


Posted by 尾上 正 at 07:34Comments(0)