< 2009年10>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年10月28日

人生を変えるプラス思考を自分で作り出す方法⑥ マイナス思考③

マイナスの感情が出た時には・・

否定的な言葉  →  肯定的な言葉に  
      失敗したくない・・は失敗に意識が向いてしまいます
                 本当は失敗するのかも・・と感じます

いやなことがある 
 ①思う → ②口に出す → ③脳を支配する  ☆②で、口に出さない
  口に出した場合は、すぐにプラスの言葉・気持ちに言い換える 
     (マイナスのデーターが蓄積しない)
  10回マイナスイメージが出たら、11回目でプラスのイメージ(言葉)に  
  塗り替えるようにするだけでいい
  脳は同時に2つのことは記憶できなく、時間の新しい情報を記憶する
  心はどうあれ、言葉どおりに自然となっていく

それでもマイナス感情が湧いた時は、「YES」と認め、その後で「BUT」  
  「BUT」   ~でもこんないいところもあるじゃない・・ 
  自分自身が納得できるプラスの言葉を入れていくと、受け入れることが
  できます

いいアクションをして“いい予感”を思い出す  体と脳は連動している
    弱気の動作がマイナス感情を一層強く、インプットする 
      (肩を落とす、しょげる、下を向く・・・)
目標を決めたら体で表すようにすると、筋肉を通して潜在意識に達成を
インプットすることができる
意識を通してよりも肉体という無意識に近い領域からのアプローチは強力
プラスのボディランゲージ(動作)を決めておき実行すると、頭が切り替わる


成功のイメージ力(右脳)が人の能力を引き出す(空想すると現実化しない)
    こうなりたいという姿をイメージし続けると、その通りの人生になる
    自分が伸びている・成長しているというイメージが、チャレンジの
    動機付けになる
    そのために自分の心をコントロールできる





私は営業の仕事をしていますが、
できない、売れない、うまくいかない理由をあげていくと、いくらでも出ます
自分以外の原因をいくら言い続けても何も変わっていかないとも思います

思うのなら、どうやったらうまくいくかな・・の方が、顔が上を向きますね

大変であればあるほど自分の力で乗り越えた後は、より大きな充実感・喜びを感じます
  


Posted by 尾上 正 at 08:37Comments(4)

2009年10月21日

人生を変えるプラス思考を自分で作り出す方法⑤ マイナス思考②

先週からの続きです  全部うけうりなんですが・・  
見ていただいた方の幸せにちょっとでもなれば、とても嬉しいです

人の潜在意識として身を守るために、リスクに対して「できる」を否定します
   頭のいい人ほど記憶がよく、自己防衛本能が強くなってしまいます
   「できる」は、できない可能性があります
どのような逆境でも100%できる・・と信じ続けることのできる人は、ほんの一握りです

  「できる、やれる、絶対に成功する」と無理に思い込む必要はなく、 
☆「できるかも、やれるかも、うまくいくかも・・・」で十分 
  「もしかしたら、できるかも」は、過去のどのようなデーター
 (失敗を含めた)とも矛盾しない
☆100%出来ないとは言い切れない=0.1%でも可能性があれば、
 脳はそれを否定することはできない 
 良い予感を作り出せる  報酬系回路(喜び)にスイッチが入る
     ↓             ↓
 脳の働きは理屈よりも感情の力が強いので、「イメージ」がプラスになる
 と「感情」がプラスになり「思考」がプラスになる

どのような状態でも常に「できる」と強い情熱で思い続けることのできる人は、そんなにはいません
根拠の無い「いい予感」が人を導きます



本当はプラス思考がいいたいのですが、表裏でマイナスがないと、プラスが無いんです


  失敗はない、あるのは経験・プロセス 
  失敗から学び、人は成長していく
☆それは大きな成功のための“小さな成功”です

  この言葉を見たときに、痺れて動けなくなりました (大げさなんですが)

これまでうまくいかなかった時に、あー勉強したな・・と思うことはありましたが、ちょっと成功したな・・と思うことは少なかったかも

これから目の前に起こることは、大きな成功と“小さな成功”

良いように思った方が勝ちです  


  


Posted by 尾上 正 at 08:39Comments(6)

2009年10月14日

人生を変えるプラス思考を自分で作り出す方法④ マイナス思考①

今の自分がマイナス思考であれば、今後その分大きく飛躍できます
今この時がスタートライン  (自分に言っています)


人の大部分はマイナス思考  
    マイナス思考は論理的・現実的に物事を考えている人で、
    少しもマイナスな人ではない
    マイナス思考をプラス思考にするのは、ほとんど不可能  
ほとんどの人は成功したい+プラスの言葉を口に出しても、
心の底からは、そうは感じられない・本気で思えない
    なんとなく失敗を予感してしまう
マイナス思考は変わらないのではなく、変えられない
    意識の力では「自分」は変えられない
    マイナス思考は放っておくのが一番いい
         ↓ ↓
動物が命を守るためには、危険を避けることが第一条件
自分を守るために過去に経験したリスクを避ける仕組みとして、「成功」よりもこれまでの「失敗・挫折・痛み・苦しみ・恐怖」などのデーターの方が、
より強くインプットされている
         ↓ ↓
★「できないかも」「うまくいかないかも」を、「できる」「うまくいく」と書き換えようとしても過去の記憶データーに基づいて脳は、「そんなことはありえないよ」と、書き換えを拒否する 
「~したい」と思っても(願望)、その裏に「できないかもしれない」というマイナス感情・イメージがある・出てくる  脳全体がプラス化していない

マイナス思考は過去の経験から生まれる 
      同じ失敗をするのを怖いと感じる
感情・イメージがマイナスなのでプラス思考にならない
      思考の後ろには必ず感情とイメージが伴う
         ↓ ↓
これがプラス思考になれない本当の理由   変えるのは「思考」ではない 
プラス思考にしようと思っても感情やイメージがプラスには容易にならない



ではどうすればよいのか スイマセン 文章が長すぎるので来週に


     


Posted by 尾上 正 at 08:55Comments(2)

2009年10月07日

人生を変えるプラス思考を自分で作り出す方法 ③ 脳の働き

今は脳の働きについて、いろいろ本なども出ていますが
仕組みは複雑怪奇かつ簡単で、うまく使えば「神の手」になり、使い方を間違えていると「悪魔の手」にもなるんだなー・・と思います


③ 大脳皮質    より良く生きる
            右脳 イメージ・空間処理  左脳 思考
            前頭前野 未来を作る 脳の総司令官 
                   意図的行動、実行機能、脳全体の統括
② 大脳辺縁系  たくましく生きる
            本能、感情、快不快、好き嫌い
① 脳幹      生きる 生命維持


前頭前野
  人だけにある大脳皮質の一部  額の下あたりに広がっている       
  未来を目指す・作る脳   個性、人格、意欲、野心、実行機能   
 
  目標実現の達成能力は、大脳辺縁系の「側座核」の影響を受け、
  活動性が左右される              ↓
                  ↓         
  「やる気脳・期待脳」  側座核だけは喜びを味わう時よりも、
  喜びを期待している時のほうが、喜びを生み出すドーパミンが作り出  
  される   
  期待感を高めることで、努力が苦にならなくなり、実行機能が高まり  
  成果に結びつく

  やる気は、人から言われても出ることはない

大脳辺縁系(感情脳)の扁桃核は、あらゆる感情を作り出している 
  プラスとマイナスの感情発生源 
  「快」「不快」として脳全体に伝える → 脳の働きが変わる

楽しい・嬉しい → 「快」  脳が肯定的・積極的になる 
  人は褒められることで、扁桃核が「快」になる
苦しい・嫌だ  → 「不快」  脳を否定的・消極的にする
  大脳新皮質の右脳(イメージ脳)・左脳(分析脳)もマイナス思考になる




※ 人の脳は過去のデーターと照らし合わせて、未来を自動的に作り出す
        ↓     ↓       ↓
※ 成功した人はより成功し、成功できない人はより成功できなくなる
※ 何もしなければ、人は過去の延長を選択する
脳が判断することは、今まで成功の体験を重ね未来に成功のイメージができる人は今後より成功し、失敗を重ね未来に失敗のイメージが出てくる人を、より失敗に導く・・・・という残酷な判断が下されます  

ではどうすればよいのか  来週、出しますね  
全部受け売りなんですが・・・
ブログ初心者マークの内容を見ていただいて本当にありがとうございます
今年の秋も皆さんにとって、実りの秋でありますように



故郷 新湊曳山祭り   


Posted by 尾上 正 at 06:50Comments(4)