< 2019年02月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2019年02月13日

日本人の“粋”

百田 尚樹氏 「日本国記」から

1860年、日本人として初めてアメリカへの訪問がなされます。

サンフランシスコから蒸気機関車とアメリカ軍艦を乗り継いで、ワシントンに到着した。

町は彼らの姿を一目見ようとする市民たちで溢れかえった。

ニューヨーク・ヘラルド紙は「星からの珍客」と評した。

髪を結い、見たこともない服装で、腰に二本の刀を差した日本人の姿は、アメリカ市民たちの目には非常に奇異に映ったに違いない。

しかしアメリカ人はまもなく、日本人一行の礼儀正しい振る舞い、慎み深い態度に感銘を受ける。

ニューヨーク・タイムズ誌は「彼らは世界で最も洗練された人たちである。我々には奇妙に見えるけれども彼らから見れば、我々も奇妙に見えるだろう」と書いた。

咸臨丸にはサンフランシスコの上流階級の人々が見学に来たが、この時、夫人たちも艦内に入ろうとした。

幕府の軍艦は女人禁制であり、木村は乗船を断わった。

夫人たちは怒り、今度は日本人を欺こうと男装してやってきて、まんまと乗船して艦内を見学した。

彼女らが船を降りようとした時、木村はお土産として紙包みを渡した。

彼女らが船から降りて紙包みを開けると、そこには美しい箸(かんざし)が入っていた。

この粋なはからいに、夫人たちが感激したのはいうまでもないが、サンフランシスコ市民も喝采を送った。

日本人の株が一気に上がったといわれている。



海の神様は、女神とされ、船に女性を乗せると女神が嫉妬して、嵐などの災いを招くとして、船に女性を乗せない時代が続きました

それでも、建前としては断っても、本音では“ウエルカム”で、日本のかんざしを送る・・

粋ですね・・

江戸時代の末期での世界では、世界一の国力を持っていたのはイギリスです

産業革命を終え、フランスと共に世界中に植民地を広げていきます

そのイギリスでは、当時では識字率は約1割ほどだったとか・・

そんな時代に日本では、子供や女性が読み書きができることに、日本を訪れた外国の人すべてが驚嘆します

日本中にある寺子屋で、庶民にまで教育がなされていました

外国から来た人が、3桁×3桁の掛け算の答えを即座に答えた日本人に、“こいつらは化け物なのか”と・・

和算(そろばん)で、頭の中でそろばんの玉をはじいて答えを出したのですが、当時の普通の民間人でそんなことのできる民族は、世界中で日本人だけです

当時アジアで植民地にされなかった国は、日本とタイだけですが、植民地化しようとした西洋諸国が、日本人は非常にレベルが高く、支配するには困難である・・と報告をしています

日本人の勤勉さと、学びの深さが感じられますね
  


Posted by 尾上 正 at 06:50Comments(0)

2019年02月06日

「青春」とは、いつの時代のことか?

詩 サムエル・ウルマン 

青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方をいう

バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく、たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす

青春とは人生の深い泉の清新さをいう

青春とは臆病さを退ける勇気、やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する

ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある

年を重ねただけで人は老いない

理想を失うとき はじめて老いる

歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ

苦悩、恐怖、失望により、気力は地にはい、精神は芥(あくた=つまらないもの)になる

60歳であろうと、16歳であろうと、人の胸には驚異にひかれる心、小児のような未知への探求心、人生への興味の歓喜がある

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

人は自信と共に若く 失望と共に老ゆる

希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

大地より、神より、人より、美と喜び、勇気と壮大、そして力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない

霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ、悲嘆の氷にとざされるとき、20歳だろうと人は老いる

頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり、80歳であろうと人は青春の中にいる。  



最近では、三浦雄一郎氏が、前人未到の挑戦を続けておられます

90才でエベレスト登頂を計画されています オドロキ

その姿は、“青春そのもの”

体は確実に年月を重ねていきますが、“心”は、その人の考え方で、どのようにも作り出すことができます

この年になって、節分とは、「季節」を「分ける」意味があると知りました 赤面

暦の上では、すでに“春”

春風のように、さわやかに心を持っていたいですね 



  


Posted by 尾上 正 at 06:41Comments(0)