< 2011年01>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2011年01月26日

“その保険”で大丈夫 ?

先日、研修の中で保険のことを聞く機会をいただきました

2006年に戦後初めて人口が減少に転じたが、就労人工(18~64才)は、1995年に減少に転じている
  
  そっそっ  そんなに早くに・・ しょんぼり溜め息

今まで保険に入る人は、家族を持ち定年までの期間に万一のことがあると、家族を路頭に迷わせる・・との思いから入っている人が多かった

  実際は、65才までになくなる方は、約3%

現在約1720万円が、平均受取額として契約されている
実際に受け取っている金額は、約250万円
   
  そっそっ  そんなに少ない・・なき
    (Kさんは、銀行をやめ保険会社に就職した時にそれまで入っていた
    保険を解約したところ、1,000万以上払い込みをしていたのに
    戻ってきたのは、80万円だったそうです

契約して早くに亡くなってしまわれる場合は、家族の方に大変に役に立つものだが、実際にそうなる人は3%程度
ほとんどの人は、年齢と共に受取額が少なくなってしまう

医療保険が大々的に広告されているが、一番の理由は
保険の中で、医療保険がもっとも保険会社の利益になるため

   入院1日○○といっても、長期に入院する人はそんなにいない
   3ヶ月たつと、転院を促される
   在宅治療では、保険はおりない
   高度医療の保険もあるが、実際にそういった治療を受ける人は、
   数が少ない

   10年後に見直しされ1.8倍 さらに10年後にその1.8倍・・さらに・・

今の保険は、早くに亡くなることへのリスクも大事だが
長生きしていく今の時代に、自分と家族を守っていけるものが必要

本当に必要なものを、必要なだけ入ることが大切



なにより感じたことは、保険は人生の支えになってくれるものです
ただ、よく分からないまま、自分にあってないものを選んでしまっている人が多い
こんなはずじゃなかった・・とならないようにしてくださいとの、心からの熱いメッセージが響きました


仕事はマインド(心)・スキル(知識)・ノウハウ(伝え方)が大事だと言われますが、心という土台がきちんとしていないと、その上に乗せるものは
全てぐらついてしまうとも思います

もし成功したいなら、周りの人を成功させるとなれます
もし人の温かさを求める時は、廻りの人に温かくするとえられます
もし人の優しさが恋しい時は、周りの人に優しくするとえられます

もし「     」が、欲しいのなら
  


Posted by 尾上 正 at 06:54Comments(2)

2011年01月19日

未来は変えられる “過去は?”

今と将来は変えられるといいます
  
自分は変えられる    本当に変えたいですね

人は変えられない

過去も変えられない
    どんな本でも研修でも、同じように言われています


でも、本当に過去は変えられないのでしょうか


私は過去は変えられると思っています

過去に起こったことは、事実として変えることはできませんが
それをどう受け止めるのかは、自分・時の変化・考え方の変化・・
で変えることができます

どうしようもないほどの、マイナスとしか思えなかったことも
時間と共に自分の変化と共に、自分のために必要だったのだ・・・
と思えることはどなたも、経験されたのではないでしょうか


いつまでも過去の鎖を引きずっているのは、過去の鎖に縛られているのは、たった一人、自分でそう考えているだけでは

この人は赦せない・・と思える人も、もうそろそろこの辺で、いいのでは


赦す  相手を  そして自分を


     人は、自分の考えているとおりの人間になる

                  ナイチンゲール



  


Posted by 尾上 正 at 09:29Comments(2)

2011年01月12日

お客様からの“断り”への対応

お客様に提案しても、すぐにOKとはいかないですね
相変わらずのうけうりですが、対応のしかたとしてとてもよいと思えるのがあるので紹介です

「今、取引しているところがある・・・」

ところでどうでしょう、1つお伺いしたいのですが、そのお取引で100%満足しておられますか?
何か1つどんなことでも結構ですが、たとえば「       」とか、何か小さな不満がございましたら、1%でも結構です。
そのぶんだけでも、お手伝いさせて頂けることはございませんか
    
   どんな小さなことでもお手伝いしたい・・・は、
   受け入れやすい切り込み方です

「こんなことでもお願いしようか」という話になったら、「このこと」を具体的に掴むために質問を投げかける 
    詰問したり今までのことを否定したり、非難、傷つけることはいない
    お客様自身が、心の内側にあるイメージと現実のギャップを
    意識化して、問題点に気づくように話を進めていく

「現在の抱えておられる問題を解決できる効果的な方法がありましたら、取り入れてみませんか」
    積極的な改善計画・提案を説明する

「お力になれると思います、私どもの商品を使っていただければその問題を解決できると思います」

「このような商品がございます」
    商品の説明に入る




最初の部分が一番大事です

それよりこれが・・では拒絶を招きがちです
    まずそれを選んだお客様の選択を否定しない

どんな取引先でも100%満足していること少ないので
そこの隙間に、まず入ります

これがあればもっと良い・・を徐々に広げていくことで
自然に入っていけます



断られ続けると、心が壊れそうになります

「YES」になる・・が最も、心が満たされます

営業だけではなく、いろいろな場面で使えます




到知出版 メールマガジンから  小寒(1週間遅れですが・・)

http://chichi.happy.nu/24/winter05/  


Posted by 尾上 正 at 09:50Comments(0)

2011年01月05日

年の初めに  私が人生の最後にすることは

今年の初めに、今年への思いと、一生への思いを書きました


すいません、自分のかってな思い込みで
時間を使って見て頂いた方に、全く関係のないことなんですが・・

今年1年、今日1分後も何が起こるかは正確にはわかりませんが
私が人生の終わりにすることは、決めています


私は自分の一生というものを、一本のろうそくと考えています

一瞬一瞬の炎の形は違い、少しずつろうそくが減っていくのは間違いない

この命の炎を燃やして、今日一日を精一杯生きる

そして炎が消える時に、
「お前良く頑張ったな、えらいぞ、いい人生だったな、生まれてきて良かった
みんな今まで本当にありがとう、いつまでも幸せに」
と、私は自分に対して大きなハナマルを入れます

今日、今月、今年に、自分に大きなハナマルを入れれるような
自分である・・との思いで、今年もがんばります


つい最近、私の知っている方にブログを見てよく分からなかったと言われました

全くその通りです  

以前に、美味しいところめぐりのブログが物凄いアクセス数なのをみて
ちょっと羨ましくなり赤面、分かりやすいのを出そうかな・・・
10秒ほど考えて、やっぱり止めようと考え直しましたちっ、ちっ、ちっ

周波数は狭くても、自分らしく

この周波数にチャンネルを合わせて頂いた方に、本当にありがとうございます





人を好きになる  心がキレイだからそう思えます


  


Posted by 尾上 正 at 09:08Comments(6)