< 2013年07>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2013年07月31日

今目の前の人は、“過去の人”?

仕事やプライベートで、○○さんとお会いします

今、自分の目の前にいるのは○○さん・・


ほとんどの場合は、自分の目の前にいる○○さんの姿は、今目の前にいる○○さんではなくて、過去の○○さんを見ています

今までに「  」「  」「  」なことがあったから、こんな人だ・・との思い込み

過去のイメージで、今の目の前の人を見ています

変えられない過去に囚われている

  今までいろいろアプローチしても聞く耳を持っていただけなかっ
  た・・フンッ   今回もたぶん・・・ プンッ   

◎ 今目の前の人と会う    可能性を消さない


自分に対しても  今までこうだったから・・ ちっ、ちっ、ちっ  

今を生きる

自分の未来は、自分の過去と今を物差しで線を引いた、その延長線である必要は全くない

大きく空に飛んでいくことも・・  入道雲

  


Posted by 尾上 正 at 09:42Comments(0)

2013年07月24日

あなたの遺伝子の“最も求めること”は

          日経新聞夕刊記事内容から  東京大実験

体長1㎝ほどの線虫のオスが、エサよりもメス探しを優先することを解明した

記事として3×4㎝ほどの小さい記事でしたが、動物・人間の遺伝子の最も深い部分を表しているのかも  ・・と私は思いました
                    あくまで私は・・ですが

動物が「エサ」を求めるという行為の本質は、“自分の命を守るため”

エサを求める=“自分の命”よりも、“異性と性的な接触”を優先しているということです

自分の命よりも、子孫を残すことを優先しているということになります


心理学者によれば、人の快楽で最も強い快楽は“性的な快楽”とのこと

もし“不快”と感じたならば、人類はとっくの昔に滅びています

動物として・人として、最も大切な遺伝子情報で、子孫を残すということがインプットされていると思います


ここからは、全く想像ですが“子孫”とは、自分の子供のことだけはなく“人間”という自分の“子供”を残すために、人を幸せにするために、より良い未来を作るために、自分の一番大切な命よりも優先するというスイッチがどこかに入っている・・  と私は考えています

自己犠牲などではなく“喜び・快感”としてインプットされているのでは

今の時代は、“自分の快楽”最優先のような時代です

でも生を受け、その目的として“世のために”が遺伝子情報としてインプットされているとしたら・・


日曜の夜に

家の二階にセミが入り込み、ほっておけばすぐに死んでしまう
  (それでなくても地上に出て、短い命なのに・・)

触ると驚いて、飛び回ります

「外に出してあげるから、こっちにおいで」左手を出すと、天井と壁にぶつかってから、手の平の中に  
右手でふたをするとじっとしています

外に出て離すと、しばらく手の中にいましたが飛び立っていきました

今はどこかの木で、命のオーケストラなのかも


     

    研修にて  皆さんの夏バテを吹き飛ばしてV、V  


Posted by 尾上 正 at 08:21Comments(0)

2013年07月17日

“ありえない計算式”にチャレンジを !

頭の体操です

私は頭が固いので、チンプンカンプン アセアセ
それでは、チャレンジを  (すぐ答えを見ないでね) ちっ、ちっ、ちっ

下の計算式に線を一本引いて計算が合うようにしてください

Ⅰ  5+5+5+5 = 555  
    これはそれほどひねった問題ではありません

Ⅱ  1÷100 = 100
    これは、ちょっと意表を突いた視点の問いですね

Ⅲ  18×3 = 3
   これも、ちょっと変わった視点からの問いかけです

            ↓
    
            ↓
            
            ↓
           
            
             答

Ⅰ  +のどれかに、斜めに線を引いて“4”にします
   545+5+5で、555になりました
   これは正統派問題ですね

Ⅱ  右の100の、0と0の間に斜めに線を引いて、
   0/0 = “%”にします
   1÷100 = 1%です

Ⅲ  18の中央に横線を引いて、上に10、下に10として
   10分の10にします   
   10分の10 =1 ×3 = 3になります
             

普通では、できないこともちょっと頭を柔らかくすればできることもあります

自分の考えている“常識”も見方を変えることで違う視点に・・


普段一生懸命、学習をしている方に、“楽習”として楽しいですよ ニコニコ
     




  


Posted by 尾上 正 at 09:22Comments(0)

2013年07月10日

感動を超える“驚愕サービス”とは

                 ひめじ商工会議所報から
                 法政大学教授  坂本 光司氏

岐阜市 「日本ウエストン」  従業員31名の中小企業
工業用タオル・手袋のリース会社では全国トップクラス

訪問客への心温まるサービス

「期待・感動サービス」を超えた「驚嘆・驚愕サービス」

大学院生10人と事務所に訪問すると、スタップ全員から素敵な笑顔のあいさつを受ける スマイル

靴を脱ぎスリッパを見ると「歓迎○○様」と、全員のフルネームが刺しゅうされています ニコニコ

通された会議室のテーブルの上に、資料とともに1枚の色紙が置かれていて、一人一人をたたえる文字が入った詩が書かれています オドロキ

おしぼりには名前が刺しゅうされ、コーヒーカップにも名前が書いてあります メロメロ  

刺しゅうは、同社のグループ法人で、就労以降支援施設で訓練している障がいのある人が作ってくれています



スリッパ、色紙、おしぼり、コーヒーカップ・・  
この時だけのために・・  まさに一期一会

今日来ていただいた「○○」さんを大切にお迎えします・・という気遣い

心のどこかで、見返りを期待してしまうと、ためらいが生じます

相手へのアピールも入っているのでしょうが、本当に大切な方だと思い、それをアピールするときにはためらいが消えます
堂々と、言うべきことは言い、すべきことはする・・ になります

到知出版 メールマガジンから 小暑
http://chichi.happy.nu/24/summer05/

  


Posted by 尾上 正 at 06:22Comments(2)

2013年07月03日

“やる気を引き出す” 質問のしかた

なぜできなかったの・どうしてできなかったの(やらなかったの) フンッ
          ↓
できない理由が出てきます  できなかった言い訳が出てきます タラーッ

言っている方   批判、相手の悪いところを責めてどうだー

           相手への否定からスタートします

否定質問      →  肯定質問に   
否定文           できなかった・・ やれなかった・・ 

なぜ、どうして・・ →  どのようにしたら・・ (できる)             
            →   何をすれば・・・   (やれる)
過去質問      →  未来質問に

質問  と  詰問  の違い

詰問  人に焦点を当てます   だからあなたは・・炎

質問  事に焦点を当てます   これは・・


  

できなかった・やらなかった「人」に対して、なぜできないの

家庭の中でも、よく聞く言葉

その本質は、自分の思い通りにしたい・・  の意識

「将来」「成長」という視点で視ると、すべてのことは学びの糧になりますね



  


Posted by 尾上 正 at 06:34Comments(0)

2013年07月03日

“やる気を引き出す” 質問のしかた

なぜできなかったの・どうしてできなかったの(やらなかったの) フンッ
          ↓
できない理由が出てきます  できなかった言い訳が出てきます タラーッ

言っている方   批判、相手の悪いところを責めてどうだー

         相手への否定からスタートします

否定質問      →  肯定質問に   
否定文          できなかった・・ やれなかった・・ 

なぜ、どうして・・ →  どのようにしたら・・ (できる)             
           →   何をすれば・・・   (やれる)
過去質問      →  未来質問に

質問  と  詰問  の違い

詰問  人に焦点を当てます   だからあなたは・・炎

質問  事に焦点を当てます   これは・・


  

できなかった・やらなかった「人」に対して、なぜできないの

家庭の中でも、よく聞く言葉

その本質は、自分の思い通りにしたい・・  の意識

「将来」「成長」という視点で視ると、すべてのことは学びの糧になりますね



  


Posted by 尾上 正 at 06:32Comments(0)