< 2014年04>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2014年04月30日

人は“役割”をもって、生まれてくる

最近また大きく報道されていましたが、鳥インフルエンザが恐ろしい火種として残っています

もし、人から人へと本格的に感染すると、世界で5,000万人が死亡するとの予想

世界中の経済活動は、ストップします  (想像しにくいですが、明日かもしれません)


過去、人類が地球に生まれてから、6回の絶滅の危機に陥ったことがわかっています

人類が生まれたときから、死に絶えた他の生き物の確率は、99.9999・・  
人も5,000万人どころか、ほとんどの人類が死に絶える中で、これまで生き残ってきました

人類が生き残る手段として、遺伝子に書き込まれたことは、“体質をひとそれぞれに変える”ということです

体質が1つだと、一つの病気で全体が全滅してしまいます

生物は海で生まれ、“海での競争に敗れ”“川での競争に敗れ”陸に上がってきたのが“人”です

弱いゆえに生き残るために、手段を考え出します

だれがそう仕組んだのかはわかりませんが(ひょっとして神様・・)、遺伝子的に障害をもって生まれてきた人は、人類の生存に大きな危機があった時に、人類を生き残る使命を持っているともいえます

鎌形赤血球症という、遺伝子上の病気の人は、マラリアに感染しません

ダウン症の人は、ガンにかかりません


その病気を自分で持った方からは、どんな苦しい思いをしているかは健康な人からは想像もつかない・・と言われるときっと思いますが (すいません、もちろんわかりません)

あくまで、(あくまでですが)遺伝子的に見ると、普通の人と違う状態の人は、大きな危機があると、生き残っていく可能性があります


それは、“ノアの方舟”のように選ばれた人・・・?

自分がいまあるのは、自分の隣にいる方の、自分と違った部分があるからです

人は皆、全体の中の役割を一生懸命に生きています


  大山

  


Posted by 尾上 正 at 06:48Comments(0)

2014年04月23日

“本当になりたい自分” ってどんな人?

子供のころに、将来なんになりたい?

サッカー選手、野球選手・・   お菓子屋さん、看護師さん・・


今、“どんな自分” になりたいですか?


目の前に、アラジンの魔法使い

目の前に、アラジンの魔法のランプ

「ご主人様の願いを3つ叶えます
まず一つ目は、ご自分のなりたい自分になることができます
どんな自分になりたいか、おっしゃてください」

自分のなりたい自分になることができます・・というときに、どんな自分が目に浮かびますか

本気でなりたいと思った自分は、なることができます

自分でできないと思っていることは、できません
  アメリカ大統領になりたい・・ と思った人は、まずいません
  ぜったい、できない自分の姿を思い描くことはできません

こうなりたいなーー   自分の思い描いた姿に、すべての人は可能性を持っています


以前にできた     でも次もできるとは限りません

以前できなかった  同じ様に、次もできないとは限りません

未来に根拠は初めからありません  なれるかもしれない、できるかもしれない

昨日はできなかったかもしれない・・  でも明日はできるかもしれない

なりたい自分は、いつも目の前にいて、手を差し出しています

  


Posted by 尾上 正 at 08:25Comments(0)

2014年04月16日

“伝え方” へのインパクトの方法

先日、300名入る会場で舞台上に立ち、プレゼンをさせて頂く機会を頂きました
   (プロのプレゼンターが話をされる前の時間帯で、聞いていただいてる
   方は プロスピーカーといわれる、話すプロ+聞くプロの8名の方と、
   プレゼンター5名の方です)

やってみない 「えーキョロキョロ 」  いい経験になると思うよ  「あーそうだなニコニコ

高い壇上に立ち、マイクを胸につけ、スポートライトを浴びると、ちょっとスター気分 メロメロ

聞いていただいた方の、私へのフィードバック

Tさん   “もっと聞きたいことがあるんです
       もっと聞きたいことがあるんです”
    
    営業の本でもありますが、
    強調したいときは、同じフレーズを2回繰り返すと強くアピール
    言われてみて、改めてグッとその部分に集中します

    歌でも ずいぶん古くなりますが “毎日、毎日、ぼくらは鉄板の・・”
    もし、1度だけなら印象に残りません
    

    “ここは大切です、ここは大切です”
    “ぜひお伝えしたいんです” “ぜひお伝えしたいんです”
    同じフレーズを2回繰り返す  
    たったこれだけで、相手の方に強くインプットされます

    “ここは聞いてほしい” の前に、2度同じフレーズを入れることで、
    相手の方に“スイッチ”を入れていただくことができます





  


Posted by 尾上 正 at 08:37Comments(0)

2014年04月09日

妹は、私の誇りです

                             1/4の奇跡から

きいちゃんは、小さい時の高熱が原因で手や足を動かせない障碍を抱えています

「どうせ私なんて」が口癖で、いつもうつむいて笑顔の少ないきいちゃんが、とっても嬉しそうに「山元先生、お姉ちゃんが結婚するのよ、私も結婚式に出るのよ」

数日後、「お母さんが結婚式に出ないでほしいって言うの」と言葉にならない声を出して泣き続けます

山元先生は、お母さんが、お姉さんやきいちゃんが肩身の狭い思いをするんじゃないかと考えられたのかと・・

しばらくして「じゃあ、結婚式に送るプレゼントを作ろうよ、浴衣なんかどうかな?」

山元先生は、少し縫ってもらって、あとは自分が縫えばいいかな・・と考えていましたが、何度も指を突いても「全部私が縫う」と結婚式の10日前に、とても素敵な浴衣が出来上がります

お姉さんに送ると、きいちゃんと一緒に、どうしても山元先生にも式に出ていただきたいと・・

式場ではきいちゃんをみて周りからひそひそ声が・・

きいちゃんはご馳走を前にすっかりうつむいてしまい「食べたくない」

やっぱり来なかった方がよかったのではないか、きいちゃんはどんな気持ちで聞いているのだろうか

お色直しを済ませたお姉さんが入場してくると、驚いたことにきいちゃんが縫った浴衣を着て新郎と一緒にマイクの前に立ち

「皆さん、この浴衣を見てください。この浴衣は私の大切な妹が縫ってくれたものです
妹は小さいころに高い熱が出て、手や足に重い障碍を持ちました。そのために私たち家族と今も離れて暮らしています。両親と一緒に暮らしている私を恨んでいるんでいるんじゃないかな、と思ったこともありました。でもそうじゃなかった。私は浴衣が届いたときに涙が止まりませんでした。今高校生でこんなに素敵な浴衣を縫える人がいったい何人いるでしょうか。妹は私の誇りです。」

きいちゃんは、恥ずかしそうだったけれど、とってもとってもうれしそうでした
きいちゃんは、それからすごく明るくなり、いろいろなことに挑戦したいと和裁を習い、今、一生の仕事とに選んでいます



私の結婚式の時に、妻の身内で知的障碍者の「のぶちゃん」に出席していただいたのですが、仲人さんから、結婚式で出てもらうことは素晴らしい事なんですよ・・と

私は、何にも思っていなかったので「えっそうなのかな・・?」
健康な人も、明日病気や事故で、体が不自由になってしまうことはだれにでもあります
もちろん、大切な身内にも・・
心の障碍者にはならず、愛を持って クローバー

  


Posted by 尾上 正 at 08:20Comments(4)

2014年04月02日

自分と他人の遺伝子は何%違う?

最近は、遺伝子治療が実現していきいます
つい最近では、DNA鑑定が報道で大きくされていました

IPS細胞なども、遺伝情報を初期化する方法として、世紀的・画期的、大発見です

私が生きている間に細胞を初期化して、人間の臓器を自分の体で作るという未来が来るとは、正直思っていませんでした

“タイムスリップ”とも云われますが、病気や損傷した体が、新しい体になるという、世紀の大発見です

では、遺伝子とは・・

                              NHK  今日の健康から

親の体質や性質が子に伝わることを遺伝といい、その遺伝の担う因子を遺伝子という
遺伝を記憶しているのが、細胞内のDNA

細胞の一つ一つには核があり、核の中にDNAがある
遺伝子は、このDNAの中に散在している

遺伝子の全セットを父親と母親から1セットずつ受け継ぐ

人の細胞は1つから始まり、60兆に増えていき、DNAは複製されるので、60兆の細胞はすべて同じDNAでできている

人のDNAのらせん階段の配列は、99.9%万人に共通で、0.1%が個人差となり、髪の色・皮膚の色などの違いになっていく



つまり、遺伝子的に見ると、白人も、黒人も、日本人も、あらゆる地球人のすべての人は、99.9%はまったく“同じ人”です オドロキ

あの人はこうだから・・  この人はこうだから・・ ヒ・ミ・ツ

感情で見ると収拾がつかなくなり、心理学的にみるといろいろありますが、
遺伝子的に見ると、目の前の人は、自分と99.9%まったく同じ人です

ほとんど鏡を見ているようなものです

あの人の「こんなところが嫌だな」  自分にそんな部分はありませんか?

この人の「こんなところがいいな」  自分にそんな部分はありませんか?


そして、誰とも違う0.1%

それは世界中の誰とも違う0.1%

自分らしく、あなたらしく
  


Posted by 尾上 正 at 09:34Comments(0)