< 2020年01>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2020年01月29日

尊敬するボスの心遣いの言葉

「365日の親孝行」  志賀内 泰弘著から

全国から投稿された、子供と親との関係から編さんされています


自分は、いつも何かをしようとすると、外からのブレーキがかかる経験をたくさんしてきた。

母のパーティを企画していた。それが今晩だ。

計画では午後7時には、実家に全員がそろうことになっている。

そろそろ帰り支度を、と思っていたら電話が鳴った。

クライアントからのクレームだった。

いつもそうだ。プライベートの予定を入れると「何か」が起こる。

とにかく平謝りして、先方の怒りを収める。それだけで30分経っていた。

新しい統計資料を作り直して、明日一番のメールをする約束を受けてしまった。

こそこそと、休憩室に行って携帯で妹に電話する。

「ごめん、お母さんの誕生日行けなくなった」

「何よお姉ちゃん、お母さん楽しみにしているのよ」

「徹夜かも・・・  ごめん」と言い、電話を切った。 

トイレで見てみると、まだ徹夜もしていないというのに、疲れた顔をしていた。

しかし、そう言ってもいられない。気持ちを立て直す。

「さあ、頑張るぞ」と腕まくりして、部屋に戻ると、部長に手招きされた。

二回りほど年上の尊敬する上司だ。

「はい、何でしょう」

「お前、帰れ」

「え・・・・」

「電話聞いてた。お母さんの誕生日なんだろ」

「でも・・・・」

「お前アホか。仕事とお母さんとどっちが大切だと思ってんだ。資料かせ。俺がやっといたる。」

「・・・・・」

「俺は、もうオフクロがいない。代わりに親孝行してくれよ」

気が付くと、絵美は涙が止まらなくなっていた。



カッコいい上司ですね・・

人の重い荷物を、自分が背負うだけでなく、それが自分にもとっても幸せなことなんだから、いいんだよ・・といえる懐の深さ

いつも、周りの大切な人の変化に気を配っていないと出来ない言葉かけです

私が尊敬するSさんが話されていたこと

朝の挨拶の時に、相手の“顔”を見て話しかける

そのときに、いつもと違うと、言葉をかける

元気な時は、明るくエネルギーを与える

少し沈んでいるときは、最近どう・・と声をかける  
実は・・・と返ってくることも多いと

いつも大切な人という立ち位置が大切だと思います
  


Posted by 尾上 正 at 06:50Comments(0)

2020年01月22日

四つ葉のクローバーは、どこに咲いているのか

四つ葉のクローバーは、幸せを呼ぶものとして、例えられています

それは、昭和の時代のこと・・・  ワーイ

北海道の幸福駅の切符も、とても人気がありました

実際に訪れたことがありますが、海沿いのおもむきのある小さな駅でしたね

子供の頃に、四葉のクローバーを公園の中で、探していた思い出があります

いやーーーー なかなか見つからなかったですね

簡単に、見つけようとしてもだめですね ちっ、ちっ、ちっ

では、実際にどこに咲いているのか?

四つ葉のクローバーは、“踏まれるところに多く咲いています”

木のふちでは、動物が通ることが多いため、咲いていることがあります

道路では、道路端の人が足を踏み入れるところなどに、咲いています


幸せの四つ葉を開かせるためには、その前に辛いことも、一時的には必要なのかも・・

今ちょっと辛くても、それは将来のための大切な経験に  クローバー


  


Posted by 尾上 正 at 06:54Comments(0)

2020年01月15日

学ぶ姿勢で大切な自分の“立ち位置”は

学ぶは“まね”からの語源とも言われていて、まず正しい「型」を同じようにできることが大切だと言われています

いやっ・・そんなことより自分のやり方でやりたい・・と言われる方で、その後にうまくいく場合は、すごい才能と持っている方だけに限られます

普通では、守破離といわれるように、まず素直に他からの「成功例と失敗例」から学ぶのが、一番の近道になる場合が多いですね ダッシュ

メンター・師匠といえる人の、考え方と行動をまねることで、少しずつ自分の身についていきます

お亡くなりになられた勘三郎さんが、生前にテレビのインタビューで話をされていたのを見ましたが、ラジオの小学生からの質問に答えたアナウンサーが「型があるから、型破りがある」「型がないのは型無しである」

聞いたときに、これだー・・と、ひざをたたいて、自分の座右にしたと・・

歌舞伎という伝統の型を極めることで、初めてその型を崩すこともできると


学ぶときに、大切な立ち位置は  

自分には、これが足りないから、これを学ぼう・・・  
自分の穴を埋めよう・・

決して悪くありませんが

自分は、このもっと高いポジションがふさわしい・・  

その自分になるために、今必要な技術を身につけよう

自分があるべき姿からみて、今の自分の行動を選択する

意思決定は、今ではなく、未来に 入道雲


加西、鶉野飛行場後 紫電改




  


Posted by 尾上 正 at 06:43Comments(0)

2020年01月08日

あなたが幸せであることが、社会貢献につながる

正月には、多くの方がおみくじを引いて今年の運を占います

その“運”も受け止め方や、考え方、行動で作っていけるものだとも思います
本内容から

いいことが続いた後には必ず悪いことがやってくると思っている人って結構多いんですよね。

でも、運は上がったから下がるというものではありません。

もし、いいことの後に悪いことが起こるとしたら、たぶん次の三つの理由です。

Ⅰ 次は悪いことが起こるのではないかと自分で思っている。

Ⅱ よいことが起こったのは、すべて自分の力だと思って感謝が足りない。

Ⅲ 何かを犠牲にして我慢したからこそ、うまくいったと思っている。
    (そう思い込んでいると、犠牲がなくてはうまくいかない人生になる)

高いレベルで生きている人ほど「幸せ感度」が高いんですよね。

何でもありがたいと感じられるからこそ、小さな危険信号にもすぐに気がついて、「これを通して自分に何かを教えてくれているんだ。こんなに早くに気がつけてよかった」と思えるんです。

私は「運」に関する本を多く出していますが、その運とは宝くじに当たるとか、白馬に乗った王子様が現れるとか、そういうことではないんですね。

運がよくなるとは、別な言葉で言えば「どんな状況でも幸せを感じられる」ということだと思います。

一人ひとりがそれぞれの環境で周りの人を幸せにしていくことが、人間として生まれてきた使命だと思っています。

使命は有名人とか選ばれた人だけではなく誰にもあるもので、いまのその人の環境ですぐにできることなんですね。

まずはあなたがワクワクと満たされて生きる。

その姿を見て、周囲の人が勝手に「あの人を見ていると自分も頑張ろうと思う」とか「一緒にいると楽しい」と思っているとしたら、それもその人の器でできる立派な社会貢献だと思うんです。

社会に大きな影響力を与える人だけに使命や意味があるのではない。

だから周囲を幸せにしたいと思ったら、まずは自分が幸せに生きること。

結果として一人の人間が幸せになると、そのパワーが家族を幸せにし、地域を幸せにし、国家を幸せにし、そして世界を幸せにする。

すべての発展繁栄は一人から始まる。私はそう思っています。


幸せであるとは、その人個人の感じ方ですね

自分が幸せであることが、周りの人も幸せにしていく

そんな1年にしていきたいですね

月刊到知 メールマガジンから 小寒

https://www2.chichi.co.jp/t?r=AAACTSEr8yjZtQWAsETt5FGvfThU0ZGHE00ayg
  


Posted by 尾上 正 at 07:07Comments(0)