< 2009年02>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年02月25日

健康・成功への考え方

私は薬の販売をしています
成人病から生活習慣病になって久しいですが、生活習慣とは大きく分けて6つとも言われています
①食べ物 ② 水 ③ 1・2を正しく吸収し排泄すること ④ 運動 ⑤ 休養 ⑥ 心の持ち方
この「心の持ち方」は、本当に人それぞれだとは思いますが、病気になりたくない・なりたくないと願えば願うほど、病気が頭の中にインプット+イメージされ、病気を引き寄せてしまいます。思うなら健康の状態をイメージして感謝するのが良いですね
日本語の中でも、ありがとう・おかげさまは素晴らしい言葉のトップバッターです
仕事でも、倒産したくない・したくない・・で倒産に導かれます
悪くなりたくない・○○になりたくない・・も同じです
悪いほうを逃れるイメージ・行動ではなく、自分の行きたい方向をハッキリ描いて、あたかもかなったようにワクワクしながら行動することがいいですね

私の、良い話だな・・と感じたものを自分勝手に載せていきます

三浦 雄一郎さんの長男のプロスキーヤーの豪太さんが、子供の頃スキーが嫌いだったときにお父さんに「雪は何からできているか」と聞かれたそうです 「水から」と答えると「違う。あれはな、雲が下りてきて地面に積もるんだ。だからお前は雲の上を西遊記の觔斗雲のように地面から飛んで滑っているんだ」と話されたのを聞いて、それからは夢中でスキーをされたそうです
上からこうしなさい・・ではなく、夢を与え喜びを実感させる指導のとてもいい話です
  


Posted by 尾上 正 at 06:11Comments(8)

2009年02月18日

人の雰囲気作り

私の家の近くに素敵な概観のお店があります

立地も良く建物の作りもしっかりしていてお金もかかっていると思いますが、今まで経営者が変わり販売する商品も変わっているのですが、どれも長続きせず店を閉めてしまいます

原因はいろいろあるのだとは思いますが、私は玄関にあるのでは?と思います

そのお店のドアは“二重”になっているのです。1枚目はガラス、2枚目は中世ヨーロッパのお城の城門のような重厚な門 中は全く見えません

大事な人との記念日ならばこういったセッティングは嬉しいのですが、チョット覗いてみるというときには、入りにくいですね。ほとんどの人はその勇気を避けます



人でもそうですが、まず始めが大事です

人は観光地ではカメラを撮る事をお願いするときに、瞬時に笑顔で受けてくれそうな人を探しています 周りの人から気軽に声をかけられるようになりたいですね

営業・仕事でも数字では出ない人の“雰囲気”が大事ですね





今月見た本の中に人間の究極の幸せは4つあるとありました (ご住職の言葉)



愛されること 人に褒められること 人の役に立つこと 人に必要にされること



営業・仕事でも全く同じではないでしょうか 周りから愛され、褒められ、お役に立ち必要とされればこれ以上の幸せは無いですね

営業・仕事の幸せはそのまま、その人の人生の幸せにつながると思います

  


Posted by 尾上 正 at 05:21Comments(6)

2009年02月11日

好まれる販売員

このブログにアクセスいただいて、本当にありがとうございます

毎水曜日に、新しく載せていく予定です



お店の中にも入りやすい店、何となく入りにくい店とあります

「うまい」営業と「うざい」営業を考えてみます 言葉が悪くてスイマセン



服を買いに行ったときに百貨店や郊外のお店に入ったときなどが特にそうですが、

最初に「自由に見させてくれそう」なところが入りやすいですね 

門番のようにじっと立っておられると入りにくくなります 敷居は低いほうがいいですね



こちらはまず「見たい」のです この時に接近してアプローチしてこられると迷惑です 

○○をお探しですかー・・などと言われると、それを売りたいわけーと感じます



まずこちらにいろいろ自由に見させて(上手な店員はこちらを感じながらも、

離れて商品整理などをしている お客側からは気がつかないように、意識してそういった雰囲気を作り出しています)、

これはどうなのかなー?と思ったタイミング(店員のほうを見たり周りを見回したりする)を逃さず

笑顔で話しかけてこられます 



その後はクズクズせず、キチンと説明をされ「私がほしいもの」のアドバイスをされます。


自分が選んだものなので当然満足します

分かってはいますが、自分が売る立場になると、ついつい押し付けがちになってしまいますね

あくまでお客様が主役を忘れないようにしたいものです

  


Posted by 尾上 正 at 05:49Comments(8)

2009年02月04日

これから始めます ワクワクドキドキです 

私のような、超アナログ人間がブログを始めました

お世話頂いた伊集院様に、本当に感謝です

題名 プロって何だ   頂いたブログを見て私自身がビックリ
でも、あえて私への問いかけ・叱咤激励かも

毎月、「営業道場」という、営業研修に出席していますが
今月の課題にこの「プロって何だ」という課題で
意見が出されました

出された答えは、“好きである、結果を出す、当たり前のことを突き抜けてやっている・・”など
いろいろありましたが、この厳しい時代だからこそ
人と同じでは間違いなく下がっていきますね

皆さんの「プロ」の部分は、どんなところですか?

  


Posted by 尾上 正 at 21:37Comments(15)