< 2019年03>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2019年03月27日

ありがとう! イチロー

イチロー選手が引退を発表されました

私が住む兵庫では、1995年に阪神淡路大震災で、多くの方がお亡くなりになり、心に傷が深く刻まれました なき

その年に、オリックスのユニフォームの“がんばろう 神戸”が、どれだけ多くの人に力を与えたのか・・

それまで、優勝候補とは程遠かったオリックスが、勝ち続ける・・

先の見えない暗闇のような中で、神戸ルミナリエで、満点の輝きを見て、また明かりが灯るんだ・・  

希望の光を見たのだと思います 星

仰木監督は、大敗した試合でうつむいているイチローに、お前は2塁打を打ったじゃないか・・
胸を張れ・・  自分のできることを精いっぱいやればいい

その時にできる、精いっぱいをやっていた時代だったと思います

東北大震災でも、楽天の優勝が東北に力を与えました

引退会見では、「楽しかったのは、初めて200安打越えをした入団3年目まで」

その後は、期待に応え続ける苦労も・・・

2009年のWBCでは、決勝の韓国戦での同点での延長の場面で、2アウト2・3塁

今まで、どんなプレッシャーにもぶれなかったイチローが、初めて「この打席で結果を出せなければ、今までの自分はすべて消える」と緊張で震えるほど追いつめられていきます

決勝点となる2塁打を打ったときには、しびれました 野球ボールバット

今まで数々の修羅場をくぐってきたイチローが、2塁ベースに立ち、平静を装いながら、いったいこの場でどういう表情をすればいいんだろう・・ どこを見ればいいんだろう・・と、心が揺れ動いたと、当時インタビューで話されていました

世界的にメジャーになってからでも、オフリーグに、自分を育てた神戸スタジアムで練習をしています

スポーツが、スポーツにとどまらず、人に勇気を与えることを教えていただきました

28年の現役生活が、そのまま平成の時代と重なり合います

イチローは、日米との2日間の試合を“ギフト”をもらったと

自分の最後のバッティングを、日本で・・・

今まで、ほんとうにたくさんの“プレゼントをありがとう”

これからも“ファイト イチロー”
  


Posted by 尾上 正 at 08:12Comments(0)

2019年03月20日

高橋 大輔さん 自分の真剣な姿を見せたい

日本経済新聞 3月17日記事から

昨年12月、高橋さんは5年ぶりに全日本選手権の舞台に立っていた

ブランクは重いが“高橋大輔はいいな”と思ってもらえたら

2014年のソチ五輪選考会は怪我をして5位に終わったのにもかかわらず代表に選ばれたが、雑音が聞こえてくる  ヘッドホン

氷上からの滑りからは想像できないほど、高橋さんはナイーブだ 

オリンピックで6位に終わると、疲れ果て、心が折れて引退を発表した

今の男子フィギィアは羽生さんや宇野さんが席巻していて「完全に負けた、かなわない」

それでも4年のブランクのあとに現役に復帰するときに脳裏に浮かんだのは、引退後、中途半端な状態でアイスショーに出ている間も応援してくれた人たち

その人たちが喜んでもらえる演技がしたい

自分の真剣な姿を見せたい



高橋さんは、“大ちゃん”と呼ばれて、本当に愛されていますね メロメロ

その一心な姿勢が素敵だと思います 

“自分の真剣な姿を見せたい”  グッときた一言でした

自分の真剣な姿を、自分に見せているでしょうか

もうすぐ春の高校野球が始まりますが、多くの方が心を奪われるのは、
そのまっすぐな姿勢に、自分の今の少し無くしてしまった思いを見るのかもしれません

“生き方、在り方”がとっても大切ですね




  


Posted by 尾上 正 at 06:58Comments(0)

2019年03月13日

学びを生かすための“立ち位置”とは

読書・セミナー・勉強・自己啓発・周りからの助言・仕事からの学び・・

今より、さらにレベルアップを求めての方法は、色々な手段がありますね

そのスタート位置の土台は 

今、自分には、○○が足りないから・・  ○○がためだから・・  なき

それを何とかしよう・・・ 

イメージでいうと、目の前に穴が開いていて、このまま前に進むと落ちてしまうので、埋めて平らにすることで、転ばないようにする

マイナスの部分を埋めていこう・・・

立ち位置のスタートがマイナス  ちっ、ちっ、ちっ


それに対して、持っている素晴らしい価値に対して、それにふさわしい技術を身に着けるために学ぶ   メロメロ

目の前の人に対してイエス  

それに対してのスキルを身につける (自分に対しても)

だめだねー・・  まず、これを身につけようよ・・  △

あなたには、○○の力を持っていると思うよ  ◎  
それを手に入れるためには○○が必要だと思うけど、どうかな・・

人の可能性を見てメッセージする

人はみな、心の中では自分に価値があると思っています 
  → 引っ張り上げていく

一歩踏み出す勇気を与えられるかが大切だと思います
  


Posted by 尾上 正 at 08:12Comments(0)

2019年03月06日

半径3メートル以内を幸せにする

半径3メートル以内を幸せにする  本田晃一著

未開の地に住む、部族の話

いさかいが起こることもあれば、暴力や盗みなど、コミュニティの平和を乱すようなことをする人もいます。

ただ、彼らには憲法も法律もありません。

だから彼らは、誰かが悪いことをしたら、コミュニティの全員で、その人をグルリと取り囲んで「あること」をします。

「こいつは幼いころ、よく、足が不自由な俺の手を引いてくれたもんだ」

「うちの子が川で溺れたとき、真っ先に飛び込んで助けてくれたのは、こいつだった」

「食べ物が不足して困っているときに、こいつは、高いところになっている木の実を見事にとってきてくれた」

彼らは悪いことをした人を取り囲んで、罰するのではなく、その人の存在によって、どれほどコミュニティが幸せを感じることができたかを披露し合うのです。

すると、悪いことをした人は、もう二度と悪さを働かず、まさに全員がそろって表現したような“いいやつ”になるといいます。

罰しないで更生させる、それが彼らのやり方なのです。

何事においても、人のいい面に目を向ける。

やっているのは、彼らとは正反対のことだよな…と、なんともいえない気持ちになりました。

人の悪い面ばかり見る、ともすれば罰する…という生き方をしがちで、それはすごく寂しくて悲しいことのように思えるのです。

自分の半径3メートル中心には、まず自分自身がいるという。

だから、まずは自分自身を満たすこと。

自分自身が満たされないうちは、「人を幸せにする」ことが自己犠牲になってしまうから。

自己犠牲的な行動は、「あんなにやってあげたのに、何ひとつ返してくれないなんてひどい」と見返りを求めてしまう。

そのポイントは「すでに、自分がどれほど幸せにしてもらっているか」に気づくこと。

次に、「自分という存在が誰かを喜ばせる」ということ。



うまくいかなかったときや、できなかったとき・・

そんな時にこそ、自分という最も大切な人に、エールを

自分を大切にするということは、自分の大切な人を大切にすること

自分の大切な人がうれしいときには、一緒にうれしくなります

同じように今自分がうれしいと、周りの人もうれしくなります

自らが光となって、周りを明るくしていく・・  そんな人って素敵ですね ニコニコ
  


Posted by 尾上 正 at 06:05Comments(0)