< 2011年10>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2011年10月26日

カゼ薬の正しい服み方は・・

カゼ薬は白湯で飲む  以上  これで終わりです  チャンチャン アセアセ

   漢方薬の中で一番有名な“葛根湯”を水で服むと“葛根水”になります

体温より少し上の温かい白湯でカゼ薬を服むと、体を温まり汗を出て熱が下がりやすくなります

カゼをひくと体を温める・・  だれでも知っています

   外から体を温めているのに、冷たい水で体を冷やすのは・・・  
   綱引きのようですね

スポ-ツ飲料は汗の成分に近く、1:1のお湯割りにしてカゼ薬を飲むと汗が出やすくなり効果が上がります 
 
今はいろいろなスポーツ飲料がありますが、草分けといえるのがポカリスウェットです
味の好みはそれぞれあると思いますが、成分として一番いいですね
他の飲料メーカーと比べても、薬品メーカーということもあるかもしれませんが、一番体にあう成分をバランスよくつくってあります

ちなみにポカリスウェットは、もともとは点滴を口から飲めるようにできないのか・・から開発されました

二日酔いは水分不足・糖分不足なので、そんなときにもいいです


先日新聞を読んでいて・・

北京ではオリンピック以降土地が高騰し、一般年所得の25年分にもなり、一人っ子政策で男性が多いこともあり、女性が結婚相手といて選ぶ基準に、人柄もさることながら家を持っていることが重要なことだとか・・

女性の考えを表すものとして
「自転車の後ろで笑うよりも、BMWの助手席で泣きたい」

BMWに乗って泣くよりも、自転車で笑うほうがよっぽど幸せじゃないのかなと私は思うのですが・・


到知出版 メールマガジンから 霜降

http://chichi.happy.nu/24/autumn06/









  


Posted by 尾上 正 at 10:41Comments(2)

2011年10月19日

かぜに効く薬は、ある・ない?  実は・・・

暑い夏があるからこそ、秋がいい季節に思えます うちわ(祭)
冬があるからこそ、春が気持いいですね       サクラ
でも寒くなってくるこれからは、かぜの神様がおこしになります                     

かぜは万病の元といわれ、かぜに効く薬はないといわれます

では本当にかぜに効く薬はないのか?  実はあります

現在かぜの原因の“ウイルス”を殺す薬はありません
  抗生物質は“菌”には効果がありますが、ウイルスにはまったく効果は
  ありません

かぜを“ひく” = 身体の中に“引き込んだ”という意味です

人は身体を守るために、引き込んだ有害な様々なものを“出そう”と反応します

くしゃみがでる、鼻がでる、せきがでる、熱が出る・・・   “出る”

かぜ薬は、ほとんどが対処療法で出てきた反応(症状)を “抑える”ように
働きます

鼻水を抑える、せきを抑える、熱を抑える・・           “抑える”
  

ご想像通り、治ろうとする反応を抑えると、治りは遅くなります

Q  では、かぜ薬とは何なのか? 
 
A  それは、つらい症状を和らげるものです    


では、かぜのウイルスを殺すものはあるのか?  あります  たった一つ

それは身体の中にある“リンパ球”です  
  通常免疫といわているものは、リンパ球のことです
  皮膚も外からのものから身体を守る立派な免疫なのですが・・

リンパ球は、かぜのウイルスを殺し、がん細胞を排除しています

熱が上がると(38℃くらいまでは)かぜのウイルスは弱り、免疫は活性化します
  6倍と言う説も  リンパ球の数を数えたものだと思いますが・・


だれもが知っている“葛根湯”は、かぜの初期に使うと一時的に体温が上がり(免疫が上がり)、汗が出て(熱が下がる)快方に向かいます

これは他のかぜ薬とは違い、根本的な治癒になります


でも一番の予防はかぜをひかないこと  一番は睡眠です  
  22時~4時までは成長ホルモンが出ているので回復力が高まります

  だれもが一晩ぐっすりと寝ると体調がよくなっていた経験をされれたこと
  がありますね

  ちなみに22時以降にものを食べると、ため込もうとするホルモンが出て
  太りやすくなります


もちろん私は厳格に、(不)節制をしています  赤面
  


Posted by 尾上 正 at 10:04Comments(2)

2011年10月12日

本気で仕事をしている人達

私は“富山の薬屋さんです”
今のIT時代に、食べていけるの?という声もいただきます しょんぼり

以外と思われるかもしれませんが、私たちの先人や現役プレーヤーが、各業界を代表する有名な方と同じ書面で載っているのをよく目にします


世の中にはさまざまなセールスパーソンがいます
生命保険や車のセールスで日本一の記録を保持しているセールスマンは講演をしたり、本を書いたりして大変に著名な方もいらっしゃいます
でも無名でもお客様に愛され、慕われている方もたくさんおられます


以前に富山から遠方の県外に仕事に行かれていた方で、お亡くなりになり、お葬式の時に、訪問していた土地の何十人の方々がバスをチャーターして、何百キロ離れた富山県まで、おこしになられました

私はこの話を聞いたときに、衝撃を受けました

自分が死んだとしても、片道6時間もかかる葬式にまで来ていただける個人のお客様は・・・  

自分は人としてそれだけの思いで、人に接しているのか


お亡くなりになられた薬屋さんは、名もないたった一人の薬屋さんです

でも、星のように光り輝いた、人生を貫いた素晴らしい生き様です



ある外食チェーンの社長の言葉

その社長は、ファミリーレストラン・定食屋・ピザといったあらゆる種類の食べ物をチェーン化して利益を上げている

でもラーメン屋だけは、なぜか手を出しません

「どうしてやらないのですか」

「ラーメン屋にいったことはあるの、今客が入っているラーメン屋ってみんな命がけで仕事をしているやつばっかりだ
命がけで仕事をしている個人に勝てる企業なんてないんだ」

人ひとりの命がけの仕事はどんな大資本と競争しても、負けることはありません  

本気の人の仕事は、その人の鏡なのかもしれません クローバー
  


Posted by 尾上 正 at 09:25Comments(2)

2011年10月05日

新規開拓研修で、初めにお聞きすること

何のために新規開拓をするのですか? 
  
お聞きすると  ほぼ100% 
  うーん・・  売り上げのため・・  その通りなのですが ヒ・ミ・ツ
お客様はこちらの売り上げのために、新規のお客様になっていただけるのではありません
  (もちろん、あなたの売り上げを上げてくださいとの思いの神様のような
  方もいらっしゃいますが)

お客様側から見ればものを買う理由は、2つです
  ① メリットがある ② デメリットを避けられる  
  焦点を明確に  イメージを大切に
  お客様がほしいのは商品でなく、問題解決の手段としての商品を提示

新規開拓って、楽しいですか?

これまで、何度も他社の精鋭営業部隊の新規開拓日の前に電話して、入れてくださいと頼み 
よーいドンで勝負をかけてきた経験が今、力になっています
押しかける方も押しかけるほうで、受け入れるほうも大変な度量だと思いますが・・ 
こちらから押しかけて場所と商品を用意して頂きながら、終わった時に返すことはできない
絶対に戻れない状態に自分を追い込んだときに、普段抑えていたものが覚醒します
  人の気持ちは正直で、前日の夜は必ず現地で必死に新規開拓を
  している夢を見ました
  これがまた、できている夢を見るんですね  朝、いける・・って思います

なぜ、絶対後戻りできないところに自分を追い込めるのか?

   答えは  成果を出せたら大きな自信になる  
         出せなかったしても、大きな学びになる
         絶対に失敗しないとしたら     前に踏み出せます    

何のために新規開拓をするのですか?  
   
   答えは  お客様のため  それが、自分のためでもあります  
        
 
成功者は未来がまだ形のないのにもかかわらず、成功すると確信を持った人達でしょうか

尊敬する方が、“美しい錯覚”という、表現で表しています

美しい錯覚・・  でも だれもがたくさんしているんです

結婚  きっと一生幸せになる   ・・・・  美しい現実でした






  終わった後に、主催者(プロの講師)の方に改善点をお聞きしました
  緊張で、少し動きがオーバーアクションになっていますね
  ばれてたかー・・  でもやりきった後の夜のビール   くー ワーイ   


Posted by 尾上 正 at 06:45Comments(0)