< 2010年04>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年04月28日

女性の感情表現は、素敵です

近所の奥さんが立ち話をした時に、2~30分はすぐに経ってしまいますね
ごく普通の光景ですが、男性ではどうでしょうか

男性の方で近所の方にお会いして、30分くらい世間話をする機会が
どれほどあるでしょうか

近所のご主人どうしが、あちこちで世間話に花が咲いている・・・
    ちょっと想像できない   したくないかも・・・ キョロキョロ

女性はコミュニケーションの達人です 
 あらゆるところで友人のように話せます
男性は自己保身が壁になって、そんなに親しくできにくいですね

男性はどちらかというと理論(左脳)で物事を判断し、女性は感情(右脳)で判断するので、女性は表現が多種多様に豊かですね

女性の感嘆・感動詞  
  「あら」「まあ」「あー」という「あ」の音
  これで話が盛り上がります

あいづちの言葉     
  「そうですね」「そうなのよ」「そうねー」「それで」「それから」
  「そ」の音という言葉で、また話がつながっていきます

竹下元首相は「ほー」「なるほど」「さすが」との言葉で、新人議員にも
話しをして、「人たらし」と呼ばれ、人をひきつける名人でした

 私が営業でお会いした方のうちで、群を抜いて一番すごいと感じた方に
 お聞きしたことですが、島根で実際にお会いされた時に
 本当にこの3つを繰り返し、他の言葉はあまり無かったそうです
 相手が気分よく話を出すことのできる達人だったのでしょうね



感動はアルファベットで書くと CAN DO

                   キャン・ドゥー  やればできる

                   ただの言葉のあやですが・・・

心から感動し、実行すれば、それは目の前に現れます


  ポートピア  とっても素敵な粋な街です

  


Posted by 尾上 正 at 11:12Comments(4)

2010年04月21日

ストレスって、ホントはどういう状態?

ストレスは目に見えませんが言葉にすると「交感神経緊張状態」になります
  交感神経とは、人が動物としての時代が長かった時代での
  “えさ”を捕りにいく神経です

“えさ”を捕るためには
                               ★続くと
体を動かす→ 心臓が強く動く     ★動悸・息切れ・疲れ
血管 → 戦うために必要なところに血液を流し、 
       必要の無いところに血液を止める  
                        ★血管が収縮  血圧が上がる

皮膚 → ケガに備え止血作用が強くなる  ★血栓ができ血管が詰まる

組織 → 外から入ってくるばい菌に備え、菌を殺す活性酸素が増える              
               ★活性酸素で組織障害  胃潰瘍や、ガンなど

血糖 → 体を動かすために血液の中に、ブドウ糖が多く入る
               ★糖尿病に 

神経 → 緊張状態に  ★イライラ、不眠・・

  全て必要なので、こういった状態になるのですが、
  ストレスが長く続くと、このようないろいろな症状・病気がでてきます

詳しい説明は省きますが、実はほとんどの薬は“交感神経を高める”ように働きますので、根本的に治すように働きません

ゴムひもは、引っ張ったままだと、いずれ伸びきったままになってしまうか、切れてしまいます

 ときどき、緩めてやることも必要ですね
 もうすぐゴールデンウイーク  ちょっと一休み、一休みコーヒー
     



疲れた・・・と思うときは、感謝の気持ちが少なくなっている時に感じると聞きました

大きな感動もいいけれど日常の“ちっちゃな感動”も自分の栄養になります

今日は、風が気持ちいいな  そんなことも“ちっちゃな感動”になりますね








  


Posted by 尾上 正 at 09:31Comments(2)

2010年04月14日

人とは別れた“後”が大事です

吉田 兼好  徒然草   第三十二段  現代語訳

月の美しい夜に、おもてなしの心をわきまえた素敵な女性を見たことがある
その人は、家から客が出て行ったあと、玄関の戸をすぐには閉めなかった
遠く去っていく後ろ姿を見送りながら、しばらく月を眺めているではないか。
もしすぐに、戸を閉め鍵をかけて中へ入ってしまうような女性だったら、
情趣ない人だなと思ったであろう
客は、自分の後ろ姿を見送ってくれる人がいるとは、知るはずが無い
この女性は、誰かに見せるためにこのような気遣いをしたわけではなく、
日常の心掛けなのだろう


旅館に泊まったときでも、今はどこも車が見えなくなるまで見送りをしていただけます。車のディラーなどでもそうですね
これは見せるための営業が多分に入っているのでしょう
大切なお客様へのおもてなしなのですが、本当はもっと簡単なことなのかも・・・

仕事やプライベートでお宅にお伺いして、話が盛り上がってよい気分
     帰る時に、外に出ると

すぐに中から鍵を次々に閉める音が聞こえる  おまけに電灯が消える・・・ 
     今までの温かった気持ちが・・・

相手の方は決して悪気があるわけではなく、今のご時勢ですので、
戸締りはしっかり   当然のことです

ただ、自分の子供や親が久しぶりに家に来たときは、別に良く思われたいわけではなく、玄関を出て見送りますね 
 本当の笑顔と、別れの寂しさと、感謝と、言葉と
 小さな子供はいつまでも手を振っています

相手のことを本当に大切な人と思えば、誰もがやっていることです


電話で話しをしていて、用件が終わった途端に、ガチャーン・プープー
自分は切ってしまっていますので、自分では気づきません
営業研修でお聞きしたことで、固定電話を切るときには、
 できるだけ相手より後に切るように
 受話器を本体に置くとガチャーンと聞こえるので、人差し指で静かに 
 押す・・とお聞きして、その後実行しています

人は別れ際が粗雑だと、今までの全てが台無しになってしまいます

幸福の女神は、後ろ髪が無いそうですが、
人との出会いは、後ろ髪が引かれるように・・・したいですね





今年は特に素晴らしい桜と、姫路城でした  


Posted by 尾上 正 at 09:38Comments(8)

2010年04月07日

自分の“本当の姿”とは?

自分の“本当の姿” を見たことがありますか?

自分から遠ざかる人は、決して理由など教えてくれないので、
「分からない・分かろうとしない人」は、ずっーーーーと分かりません プンッ

例えでよく話をすることで、ラーメン屋の美味しい店があって店主が変わって味が落ちた時・・・   どうされますか・・・?

ほとんどの人が、以前のここがよくて、こうしたほうがいいよー・・
などとは、教えて頂けません

黙ったまま、もう来ていただけません
こちらに顔を向いたまま、形だけの笑顔で、スーと後ずさりして音を立てずに静かに消えていかれます
そればかりか、自分の周りでその店の話が出たときは、
「味が落ちたなー」・・とありがたい宣伝をしていただけます

もし、何をやっているんだ、しっかりしろ・・という、言葉を言っていただく人があれば、その人は、音も無く消え去ろうとしない本当にありがたい人ですね

評判はとっても大事です
    自分の姿は自分で判断できるものではなく、
   “周りからの評判・評価”こそが、自分の“本当の姿”です

品格がある人は信頼され、人をひきつけます
 
この人(店)は、もういいかなー・・・・と思われると、人は遠ざかります    
    音も無く静かに

できない理由・うまくいかない理由を、他に求めている時は楽なのでしょうが、“本当にうまくいかない理由”は、自分が知っています

知っていながら、あえて目をそらそうとするのが、人の弱さでしょうか



山崎 直子さんが、夢をかなえ宇宙に飛び立たれます

 訓練を始めたときと、今回と遺書を書かれています

娘さんに将来何になりたい?・・と聞いた時に「お母さんと同じ宇宙飛行士になりたい」と言われて、とっても嬉しかったそうですが、
娘さんから「お母さんは大きくなったら何になりたいの?」と聞かれて  
えーーーーーー
 
この時に、自分はなりたい“場所”にくることができたけれども
“どんな飛行士になりたいのか”“何を伝えたいのか”を考えられたそうです

目標は自分の得たもの、その目的は「       」
なんのためにそれを成し遂げたいのかの目的が、大切ですね

  


Posted by 尾上 正 at 07:51Comments(4)