< 2021年12月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

2021年12月01日

親の虐待で子供の脳が変形する・・

日本経済新聞  11月4日内容から

先週の報道でも、交際相手の男性が子供に対して、熱湯を浴びせ続けて子供が亡くなるとの報道がありました。

児童相談所への相談件数で、去年1年間だけでも20万件以上。

表に出ていない数は、もっとあるはず・・

虐待を受けると脳に影響がわかることがわかってきた。

激しい虐待を受けた人の18~25才の男女の脳では、感情や思考を制御する前頭前野の一部が小さくなっていた。

集中力や意思決定、共感に関する部分の容積も減っていた。 

虐待 → 前頭前野(相手の気持ちを読み取る能力と密接にかかわる
       部分)が縮小

暴言 → 聴覚野が変形

親のDVを見聞きする → 視覚野が縮小



人の脳は、苦痛に関しては逃れるようにと、単純に仕組まれているということです
  人が苦痛に自ら立ち向かっていけるのは、苦痛の先にある
  “自分の求めるもの”があるから

虐待の件数は右肩上がりで、昨年度は20万件以上に  なき

その半数以上は心理的虐待です  フンッ

虐待で脳が変形していくというのは、苦痛が続くと、耳をふさぐように、脳の反応する部分が、「閉じてしまう」ようになるということでしょうか

見ないように、聞かないように、感じないように・・

いじめや虐待に対する相手とされるのは、“弱い立場にある人”に

自分より立場の弱いものに対して、自分の思い通りにならないと、危害を加えて従わせようとしていきます

「なぜ」と聞かれて、その子のためと・・

こういった誤った考え方が少しでもなくなることを願います






  


Posted by 尾上 正 at 06:27Comments(0)

2021年11月24日

自分が投げた心のボールを受け取ってもらえなかったら・・

伊藤 守著 「この気持ち伝えたい」から

コミュニケーションはキャッチボール

キャッチボールにはボールが必要なように、コミュニケーションにはあなたの気持ちが必要です

キャッチボールは近すぎても遠すぎても難しい

あんまり同化しすぎては、コミュニケーションはとれません

こちらからボールを投げるのが大切ですが、待ってもいたい・・

勇気を出してようやく投げたボールをポイと捨てられてしまった・・  
そんな経験はありませんか

心をこめて、やさしいボールを投げたのに、相手がけり返してきた・・ 
そんな経験はありませんか

あなたも知らないうちに、そういうボールを投げていない?

だれもが、自分のボールを受け止めてほしいと思っています

受け止めてもらえなかった・・  受け取れないボールを投げられた・・

そんなコミュニケーションを私たちは抱えています

あなたが投げたボールを相手が上手に受け止めてもらえなかったとしても、その人を責めてはいけません

その人は、ただキャッチボールが下手だったり、あなたのボールが重すぎただけなのかも

コミュニケーションは「受け入れ」によって完了します

「受け入れ」とは、相手を好きになることとは違います

よーく聞いて、相手の言いたいことを理解することが「受け入れ」

大切なのは、あなたが、いま目の前の人とどういう関係になりたいのかということ

どうしても好きになれない人がいたら、その人を好きになれない自分を受け入れること

あなたが相手の人を受け入れている度合いは、あなたが自分を受け入れている度合いに一致します



ほとんどの人は、自分は正しいと思っているはず・・

正さと正しさのぶつかり合いが、諍いになったり、はては戦争にまでなったりすることも

自分とは違う考え方であっても、そういう考えを持っているんだなと「キャッチ」することはできるんじゃないでしょうか

それでも許せないと思う人には、そう思っている自分を許してあげることもクローバー
  


Posted by 尾上 正 at 06:28Comments(0)

2021年11月17日

現在の大谷祥平を作った、10年前のノートには何が書かれているのか

大谷選手が大リーグの数々の受賞を受け、MBPも期待されています

今週に、大谷選手が高校時代に書いた将来へのノートがテレビで紹介されていました

その中には、技術的な目標と、それを支える“人間的な土台”に関することも書かれています

その中では、「あいさつ」「プラス思考」「応援される人間になる」「審判への態度」「ごみ拾い」「礼儀」「思いやり」「感謝」「ピンチに強い」「勝利への執念」「一喜一憂しない」「仲間を思いやる心」

それを“実践”されてきたのだと思います

シーズン中に、明らかにボールに対して、審判がストライクと判定したことに対して(大リーグのホームラン王は東洋人には取らせたくないという意識が働いたのかもしれませんが・・)、大谷選手は“えっ”という顔をしましたが、審判に抗議はしませんでした

一つのことにこだわらず、自分の決めた“自分の求める姿”に対して、自分をコントロールしていっているのでしょう

新庄新監督(ビックボス)も会見で、「いただきます、靴をそろえる」などのことを自分は大切にしてきた

そういったことをきっちりできる選手を育てていきたいと・・

車では、「ナビ」があります

現在地と目的地を入力して、初めて今の「ルート」が引かれます

自分以外の人がかかわってくる“結果”は100%コントロールはできませんが、「どういう人間になりたいのか」という目的地の設定とそれに対しての“行動”は、自分の手の中にあります









  


Posted by 尾上 正 at 06:23Comments(0)

2021年11月10日

姫路の“えきそば”って食べたことはありますか?

私が住む姫路は、イメージとして姫路城があまりにも強い印象があるので、他の地域の方からは、それ以外には? に対して、あまり出てこないかもしれません キョロキョロ
  (有名なのに甘んじて、アピールする力が弱いともいえますね・・)

それでも良いところがたくさんあり、“食”に関しても、おいしいものもたくさんあります

その中で、姫路独特の食としてお安く試せるのが、“えきそば”です

以前に、現社長の竹田さんとテニスをしていたことがあり(当時は営業部長)、夜に飲みながら、“えきそば”は祖母が、戦後の物資が少ない時に、中華めんと出汁を組み合わせて出したんですと・・ ラーメン

今あるもので、組み合わせて新しいものを作るのは、日本人の得意とするところですね

世の中のほとんどの発明も、今あるものとあるものを組み合わせることで、まったく新しいものを作り出したものだとか

“えきそば”を出しているまねき食品は、日本ではじめて駅弁で「幕の内弁当」を発売した会社としても有名です

飲みながら、「甲子園でも弁当を入れることになったんですよ・・」

「もし作って、雨が降ったらどうするの?」

「その時は、無料で社員さんに自宅用に持って帰ってもらったりもしています」

「えー・・・ そうなんだ、食品関係って、やっぱり大変だね」

コロナで外食関係は本当に大変ですが、コロナでなくても、食品関係は保存がきかない分大変ですね

去年に福井の高速のパーキングに寄った時に、島根県のお土産コーナーがあり、玉造温泉などのお土産が、並んでいました

島根のお土産が福井で・・  それもなんと半額で・・

販売側にはほとんどメリットはないと思いますが、製造側への支援なんじゃないかなーと買って帰りました

コロナ過で、色々なものが痛んでしまいましたね

感染数は減少していますが、まだ油断はできません

そのなかでも少しでも支援できるものがあれば、していきたいなと思います
  


Posted by 尾上 正 at 06:25Comments(0)

2021年11月03日

“みんな違ってみんないい”は、神様の采配?

若い女性が、男性に対して性的魅力を感じることの一つに、「におい」があるようです

男性が、男性に対して「におい」に性的魅力を感じることは通常はないので、異性から見てということでしょうか

  男性である私は、女性とすれ違った後に素敵な香水の匂いがすると、
  クラクラっとします  ケホッ 赤面

五感の中で、人間では「視覚」が一番重要だと思いますが、動物の世界では「嗅覚」です イヌ

天敵から身を守るためには、一番大切な感覚です

ライオンなども、獲物を狙うときには必ず風下に身を置きますね

よく聞かれることですが、思春期の女性が父親に対して、距離を持つことが多くあります

その感情として、「におい」に嫌悪感を持つことも・・

動物の最も大切な遺伝子として、自分の身を守る + 種の保存を保つということがあります

この遺伝子を残していくときに、自分と近い遺伝子(親や兄弟)との遺伝子を残すことは、自分に近い遺伝子が残ってしまいます

これは、コロナで例えると、重症化する人がいる人がいる一方で、あまり影響で出ない人もいます

偏った遺伝子だと、全滅してしまうリスクがあります

色々な遺伝子を持っていると、ダメージを受けても、生き残っていくことができる遺伝子もあります

ですから、自分では考えていなくても、自分と近い遺伝子を持つ人には性的には距離をおこうという体の働きが起こります

会社内の企画でも、理数系のエリートだけが集まっても、良い商品が生まれないことも・・

考え方が偏ってしまい、新しい意見が出にくくなります

以前にラジオで、有名なハブスブルク家では、近い人たちばかりで結婚していてたので、名君といわれる人が一人も出なかったといっていたことがありました

今の大事な部分は残しつつ、新しい「風」を入れていくことも大切ですね

“みんな違ってみんないい” ニコニコ
  


Posted by 尾上 正 at 06:28Comments(0)

2021年10月27日

未来を変える質問をするコツは!

黒岩 禅氏 「最高のチームを作るシンプルな仕掛け」から

報告のときに「ほかに何かある?」 魔法の言葉

一言声をかけるだけで解決できることがたくさんある

報告を受けたらレスポンスが大切、悪ければ「相談するだけ無駄」となる

相談を受けた時にすぐに答えることは、自分の自己満足を満たそうとしていること

相談に来たら「〇〇さんはどうしたいの?」  

考えを聞くことで考え違いを修正することができたり、教育になるし、こちらも学ぶことができる

報告を耳で聞くのではなく口で聞く  質問しながら確認をする  

ポイントは、質問の焦点を過去ではなく未来に当てること

「なぜ失敗したんだ?」は、過去を問う質問

「どうしたら失敗しなかった?」は、未来を変える質問

「どうして」は過去を責め、「どうしたら?」は未来を変える

「なぜ」「どうして」は、質問ではなく詰問になっしまう

「どうして」を「どうしたら」に言い換える

「どうして」は、突き放した感じ  「どうしたら」は、一緒に考えている姿勢

「なぜ」は「何が」に言い換える

なぜできなかったのですか? → 何が足りなかったのかな・何ができていればできただろうか

未来を変える質問をするコツは、質問を「次は」から言い始めること

「次はどうしたら・・、次は何に注意したら・・」

指導は「具体的に何を変えるのか、何を改善するのか」を指導する  
本人に気づかせることが大切

「失敗の原因は何だと思う?」との質問で、原因を正しく把握していれば「何をすればうまくいったと思う」と、一緒に問題解決をする



話し方教室はあっても、聞き方教室はありません

聞くには、忍耐も必要です   話すは技術、聞くは器とも言われます

聞く、聴く、訊く

耳で聞いて、耳と目と心で聞いて、的確な質問で要点を絞っていく  

思い込みを持たず、心をひらいて聞くことも大事でしょうか

相手の中に答えがあり、それを引き出していくといった姿勢で聞くことも大切だと思います
  


Posted by 尾上 正 at 06:18Comments(0)

2021年10月20日

世襲議員は8割当選!!

この19日に衆議院選挙が公示されました

選挙戦を支えるものとして、ジバン(地盤)、カンバン(看板)、カバン(鞄)の3つの「バン」が言われてきました  ボストンバック

日本経済新聞  10月17日朝刊から  
  96年以降の全衆議院議員選挙からデータベース化
 
Ⅰ 地盤  組織  講演会や支持団体会など

世襲議員は、当選は80%(比例復活を含め)  
非世襲議員は、当選30%(比例復活を含め)

Ⅱ 看板  知名度

当選5回以上は、勝率5回を超える

非世襲での新人候補の当選率は1割ほどだが、世襲では6割に達する

非世襲でも、当選を重ねると地盤が固まり、当選6回で世襲の人とほぼ当選率の差がなくなるが、追いつくには長い道のりが必要

Ⅲ 鞄   資金力

有権者への、投資した資金に応じて当選率は高まる

有権者1人あたりに対して0~10円は4%、30~40円では62%


もう6年ほど前になりますが、当時の安倍政権が安保法制を法制化しようとした時に、当時の民主党が猛反対をしていましたが、分裂して安保法制に賛成していた希望の党に合流するに当たり、多くの議員が手のひらを返したように賛成に転じました

その変性を聞かれると、「それは今まででしょ、これからですから」

あー、この人たちは、自身の政治家としての理念や志もないんだな、議員の椅子があればいいんだなー  

世襲議員の方は、たくさんおられます

岸田首相、安倍元首相、麻生元首相、河野議員、小泉議員、野党でも小沢議員・・

政治家の子どもの名前は、将来政治家になった時に、有権者にわかりやすい名前として、一郎や三郎、太郎などの名前も付けられていると聞きます

若い時から、体で政治を経験して、その意味では、政治家として身につけることも多くおるとは思いますが、あまりに新しい「芽」が入りにくい環境では、政治に力がなくなってしまいます

中選挙区では、他党との議員との戦いはもちろん、自分の党の議員との戦いもあり、議員として鍛えられました

小選挙区になり、公認を得るとそれだけでかなり有利になり、政治家の“質”が落ちたとも言われています 
  (中選挙区が良かったという意味ではありませんが)

自分が投票に行ったところで、たった1票では政治は何も変わらない・・

変わらないのは国民が変わらないから・・

政治の声に耳を傾けるのは、今の自分たちのためだけではなく、次世代の子供たちの未来のためにもつながります  植木鉢
  


Posted by 尾上 正 at 06:18Comments(0)

2021年10月13日

松田優作  生前最後の言葉は

かなり昔になりますが、おしゃれ30・30(サーティー)という番組がありました

古館伊知郎さんと、ジャズシンガーの阿川泰子さんの司会で、番組の名前の通り、本音で話すとってもおしゃれな番組でした

松田優作さんがブラックレインの撮影を終えて、40才で亡くなる3ヶ月前に出演されています

松田さんと阿川さんは、まだ俳優勉強中の文学座の同級生で、番組中で、当時のばか騒ぎや、とんがったところなど、とっても盛り上がりに ニコニコ  

今もよく覚えていますが、番組中にジーパン刑事の有名な殉職シーンをじっと見て、「頑張っているよね」と・・静かに話されていました

この時期は、膀胱がんが発覚して1年たち、かなり進行しているころ・・

別の番組で聞いた覚えがありますが、アメリカでのブラックレイン撮影中に、日本でがん治療を任せている医師に、血が止まらないので、どうしたら止まるか教えてほしいと国際電話で聞かれたこともあったと・・

普通なら、ドクターストップがかかる状態でしょう

「頑張っているよね」は、20台前半だけでなく、ずっと松田さんの人生の中にあったのだとも

松田勇作さん生前最後の言葉は、「今度は人のためになる人生を歩みたい。」

松田優作という一人の俳優の残した映像や生き方は、多くの人に影響を与えたんだと思います

自分のためは、周りの人のために・・

一生懸命に生きているその姿は、それが自分のためであっても、周りの人に力を与えていくのではないでしょうか

我がまま は 我のまま

自分らしく生きることは、そのまま周りの人に勇気と道筋を見せることもできるとも思います


月刊 至知 メールマガジンから 「寒露」

https://www2.chichi.co.jp/t?r=AAACTS0xgXs1.htvimi7XRPMP5JU0ZGHE00ayg  


Posted by 尾上 正 at 06:21Comments(0)

2021年10月06日

なぜアメリカのヒーローは、クモやコウモリやネズミなのか

以前にラジオで若い女性に向けて、日本のアニメの中で、どのヒーローが好きですかとのアンケートをしていました

その中で、インタビュアーが、「仮面ライダー」はどうですか?

   「でもバッタですから・・」

バイクにも乗って、かっこいいと思うんですけど・・

   「でもバッタですから・・」

そうなんだ・・  仮面ライダーって、バッタなんだ・・と知りました

アメリカでのヒーローに、クモ(スパイダーマン)やコウモリ(バットマン)やネズミ(ミッキーマウス)が出てきます

どれも、通常では人間社会であまり良い印象を持たれていません

クモやコウモリやネズミを好きだという人は、少ないのではないかとも思います

弥生時代まで遠く時代をさかのぼると、人間の食料を奪うネズミはあらゆる動物の中で、一番警戒されていました

ではなぜ、ヒーローになっているのか

少し古くなりますが、「刑事コロンボ」が大人気でした

“うちのかみさんがね”のフレーズは、子供ながらに覚えていますね

人気になった背景は、アメリカ本国では、移民のコロンボが、支配者層のエスタブリッシュメントの裏の不正事実を打ち破っていく姿が痛快で、多くの支持を得ていました

アメリカでの映画に絶対必要な条件に、「試練」があると

アメリカだけでなく、日本でも同じかも

アメリカでは、日本ではありえないくらいの人種への偏見がありました

そんな中での、普段あまり好印象を持たれていないコウモリなどが、大きな敵を倒していくというギャップが好まれただとも思います

日本では生まれにくいスターなのかもしれませんね



  


Posted by 尾上 正 at 06:23Comments(0)

2021年09月28日

コロナ第五波は、なぜ急速に患者数が減っていったのか?

今月末に、緊急事態宣言を含め、すべての宣言が解除されるようです

4月からの半年ぶりです 拍手

その根拠とされたものが、感染者数の減少と、重症化病棟の使用数の減少です

ほんの少し前まで、ものすごい数の感染者が出ていました

大阪の医療崩壊を起こした第4波よりもはるかに多い数でした
  (グラフで見ると、とってもわかりやすいですね)

それがここ数週間の間に、急激に感染者数が減っています

場所によっては、1/100に・・ 

その理由については、政府のほうからは明確な答えが出されていません

ワクチンがいきわたってきたため、マスクなどの徹底とか・・

今言われていることは、コロナウイルスが“弱体化”したのではないか・・と

弱くなったということではなく、ウイルスは他のものに寄生して生きなくてはいけないため、感染したものが死んでしまっては、自分も生きてはいけません

自分をより多く広めるために、感染しても症状が軽く済ませて、活動を止めないようにさせて、感染を広げるための“弱体化”です

今後どうなるかは予測がつかないのですが、まだ形を変えてしぶとく生き残ろうとしているのは間違いないので、きちんとした感染予防は続ける必要がありますね  


Posted by 尾上 正 at 20:04Comments(0)

2021年09月22日

山口百恵 「さよならの向こう側」の“あなた”とは、誰のことなのか?

先週、車のラジオから山口百恵の、「さよならの向こう側」が流れてきました

この季節に聞くと、あらためていい曲だなーと思います

もう40年以上前になりましたが、山口百恵さんの引退コンサート

真っ白のドレスで、マイクを置いて去っていくシーン・・ マイク

有名な人ほど引き際が難しい中で、伝説と言える引き際でした

最後に歌われた、「さよならの向こう側」の“あなた”とは、誰のことなのか

さよならの向こう側

何億光年 輝く星にも 寿命があると教えてくれたのは あなたでした
季節ごとに咲く一輪の花に 無限の命知らせてくれたのも あなたでした
last song for you
last song for you
約束なしの お別れです
last song for you
last song for you
今度はいつと言えません
あなたの燃える手 あなたの口づけ
あなたのぬくもり あなたのすべてを
きっと 私 忘れません 後姿 みないで下さい

Thank you for your kindness
Thank you for your tenderness
Thank you for your smile
Thank you for your love
Thank you for your everything  さよならのかわりに

眠れないほどに 思い惑う日々 熱い言葉で支えてくれたのは あなたでした
時として一人 くじけそうになる 心に夢を与えてくれたのも あなたでした
last song for you
last song for you
涙をかくし お別れです
last song for you
last song for you
いつものように さり気なく
あなたの呼びかけ あなたの喝采
あなたのやさしさ あなたのすべてを
きっと 私 忘れません 後姿 みないでゆきます

Thank you for your kindness
Thank you for your tenderness
Thank you for your smile
Thank you for your love
Thank you for your everything

さよならのかわりに さよならのかわりに
さよならのかわりに さよならのかわりに
さよならのかわりに さよならのかわりに


百恵さんが、若くして引退される中で、最後の歌の作詞をしたのは、阿木燿子さん、作曲は宇崎竜童さんです

プレイバックPartⅡなどの名曲を作り出したお二人が、最後の曲を作られています

歌詞の中に何度も“あなた”という言葉が入っています

「さよならの向こう側」の歌詞の中で出てくる“あなた”とは、“百恵”さんご自身です

阿木さんが、百恵さんに向けて、自分が作詞家として、歌手の山口百恵さんに向けて、最後のメッセージを送られています

あらためて、そういったことで見直してみると、歌詞の中に、たんに歌のメロディーでだけでなく、1人の作詞家・作曲家として、永遠に離れていく一人の歌い手に、心からの“思いを込めた言葉”が込められています

時を超えて、心のメッセージを伝える歌の力ってすごいと思います
  


Posted by 尾上 正 at 07:10Comments(0)

2021年09月15日

神さまに愛される生き方 その2

白駒 妃登美著  「幸せの神様に愛される生き方」から

西洋の人々の多くが信奉しているのは、聖書です。

聖書を読むと、全知全能のGOD(ゴッド)が天地をつくったと出てきます。

GODは、この世の中を意のままに操れるのですね。

その神話を信じている人たちの多くは、自分の人生を自分の力で切り拓いていこうと考えます。

ところが古事記に登場する神様は、GODとはだいぶ違うのです。

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)という神様が最初に登場なさいますが、この方は、天地ができてからこの世に誕生していらっしゃいます。

これは、日本の神話の持つ特異性だと思います。

日本では、神様だって思い通りにはならないのですね。

生まれながらにして、ある環境を与えられていて、それを受け入れるところからしか神様の人生も始まらないのです。

神様でさえそうのですから、私たち人間にとっては、なおさら受け入れることが大切になってきます。

自分で人生を切り拓くことが、遺伝子レベルで刻まれている西洋の人々の多くと、受けれることから人生が始まるという日本人の間には、当然、生き方に大きな違いが表れるはずです。

西洋の人々の多くが夢や目標を描いて、それに向かって頑張るのに対して日本人は、そういう生き方よりも、「今を受け入れる」という生き方のほうが自然で、得意だと思うのです

もちろん日本人が目標をもって頑張るもの素敵ですが、それがきつい人にはそれがきつい人は、無理してそういう生き方をするのではなく、今を受け入れて、いま与えられた環境の中でご縁を大切にして、ご縁をいただいた人たちを笑顔にするために精一杯頑張ろうという生き方をすればいいのです。

そういう生き方も、夢や目標を持って生きるのと同じぐらいか、もしかしたら、それ以上に、素晴らしい生き方かもしれません。

平本あきおさんという、コーチングの世界で有名な方がいらっしゃいますが、その方の研究では、夢や目標を掲げて頑張るのが心地よいという日本人は、二割程度しかいないらしいのです。

八割ぐらいの日本人は、そうした生き方がきついと思っているといいます。

ですから、そういう人は、無理をせずに、今を受け入れるところから人生を始めることをお勧めします。

今を受け入れ、ご縁をいただいた人たちに笑顔になってもらうために精一杯頑張っていると、扉が開いて、思いもよらないご褒美というか、夢を超えた素敵な現実が得られます。


有名な本で、ナポレオン・ヒルの「成功哲学」には、成功への「黄金律」が書かれています

超要約すると、
Ⅰ 何が何でも達成したい“願望”を持つこと
Ⅱ それを達成するための、明確な“計画”をつくること
Ⅲ 達成するまで、信念を持ち、忍耐し、“実行し続ける”こと

人は思うことはできても、なかなか思い込むのは難しい

“できる”と思い込むには、何度も何度も達成したイメージを強く感情を伴って思い続けることで“潜在意識”に、それがすり込まれていく

例えると山登りのようなものでしょうか・・

到達したい頂点を定め、計画をし、目の前の一歩ずつを上っていく・・

この生き方も素晴らしいですが、遺伝子的に戦闘的ではない日本人では、戦い続けることは疲れてしまうこともあるとか

「今ここ」という言葉もありますが、人は過去には生きれず、未来にも生きれません

将来から見て今の自分を生きるのも、今というこの時を生き切るのも、ともに人の生き方として良いのではとも思います
  


Posted by 尾上 正 at 06:22Comments(0)

2021年09月08日

神さまに愛される生き方

月刊到知 9月号記事から 

今年1月全国大学優勝 天理大学ラグビー部監督 小松節夫氏

毎年毎年ですが(笑)、その中でもやはり、関西Aリーグに昇格するまでの九年は特に苦労しましたね。

選手たちは皆一所懸命努力し、力をつけているのに上がれない。

三年連続、五回目の入れ替え戦で負けた時には、さすがに「監督である私に勝ち運がないのではないか」とさえ考えました。

技術力が高いチームが勝つのは当然ですが、実力伯仲の世界となると、最後の最後は周囲の人や神様から応援してもらえるような個人、チームでなければ勝利を掴めないと思っています。

「これだけ頑張っているのだから応援してあげよう」、そう思われるだけの努力をしているか。

日常のあらゆる場面で自らを律し、人から信頼される行動を取っているか。

神様は何でもお見通しですので、普段から正々堂々と戦うことが大切だと繰り返し伝えています。

勝ち上がれた時も、今年一月の決勝戦で感じたような「不思議の勝ち」で、ミラクルが連発しました。

ですから、最後に勝敗を分けるものはこの「不思議の勝ち」を引き寄せられるかだと思っています。

チームの底力とでも言うのでしょうか、それが何なのか明確には分かりません。

しかし、いろいろ考える中で、「徳」が備わったチームではないかと思い至りました。

その「徳」というのは監督やキャプテン一人だけにあったらいいのではなく、百七十名のチーム全員になくてはいけません。

一人ひとりが周囲から応援していただける人間になるために、徳を積ませてあげることも監督の仕事だと考え、応援してくれている地域の皆様への感謝を込めて、選手たちに地域のゴミ拾いをしようと提案しました。

そのことも、見えない力を引き寄せられた一因ではないかと感じています。

結局、勝つ資格のあるチームになっているかどうかです。

部員百七十名の中から、試合に出られるのは僅か十五名。

その十五名だけが頑張ればいいのではなくて、メンバーに入らなかった選手、 マネジャーやコーチも含めて全員がどう日本一に挑むか。

皆がチームのためにどういう貢献をするかがチームの総合力となり、勝利を掴めると考えています。



よく言われていることに、心が変われば、行動が変わる、行動が変われば人生が変わる

では、心を変えるにはどうすればよいのか

今年はコロナ過の中でも夏の甲子園が行われました

いろいろな監督が常々言われていることは、心を変えるには“習慣”を変えること

朝早く起きる、掃除をする、準備をする、ルーティングをする、一日の振り返りの時間を持つ

その場ではやらされ感でも、3ヶ月も続けると、やらないことが通常ではなくなってくる

その“習慣”にふさわしい、“心”になっていく・・・と

陰徳を積むという言葉もありますが、人の見ていない小さなことの積み重ねが大切だと思いますね


夏の終わり  福井県若狭


  


Posted by 尾上 正 at 06:24Comments(0)

2021年09月01日

姫路城の中にある動物園って知ってる?

世界遺産国内第一号の姫路城

この姫路城の敷地の中に、姫路市立動物園があります

国内一狭く、国内一入館料が安いともいわれています    

私が以前入った時には、大人で1人200円 オドロキ

この金額で動物たちの食べ物がまかなえるのか・・と思った記憶があります

日経新聞から記事引用

現在、95種類の400弱の動物が飼育されている  サル

ただ、特別史跡内のため、建て替え拡張が文化庁の許可が必要で、掘削は認められなく、施設は古くなっている

戦中に姫路城敷地内にあった市役所も、戦後場所を移転したが、動物園は人気があり、現在に至っています


小さい施設はどこも維持が大変です

その土地に愛されたものも大切にしたいなー・・と思います

思っているだけではだめですね

姫路では、手柄山遊園地も閉鎖になりました

なぜ、手柄なのか?  動物園の話とはちがいますが・・

姫路城から見て、岡山側に位置する山で、薩摩や長州が江戸に向かって攻めてきた場合、いち早く報告する役目がありました  
一番の手柄になるので、手柄山と

家康の、将来への布石は、想像を超えるものがあります

もし、将来江戸に攻めてくるものがいるとしたら、それは南の外様大名になるだろう
そして山陽道、東海道を登ってくるだろう
それに立ち向かうために、広島城、岡山城、姫路城(一時は100万石ありました)、大阪城、名古屋城に徳川に近い譜代の大名を配置しました お城
その後に箱根、もし江戸城を攻められた時でも、「半蔵門」という、将軍を逃がすルートが作ってあります

さらに、将軍家が潰されたときのために、御三家の水戸家に天皇家と近い立場をとらせることで、徳川の存続を図ります

明治の300年前に、これだけのことを考えたのは、途方もない政治力です

もうすぐ衆議院解散がありますが、この国の今と将来をどうしていくのかを考えていくことも、政治家だけではなく国民として大切なことだと思います




  


Posted by 尾上 正 at 06:34Comments(0)

2021年08月25日

コロナ感染無症状でも、後遺症は続く・・・!

以前にラジオで聞いた言葉で、緊急事態宣言という天下の宝刀をぬいたが、何度も使っているうちに錆びた刀になってしまった・・  
悲しいことですが、とってもわかりやすい表現でした

オリンピックのマラソンでも「ゴール」があるので、走り続けることができます

どこまでの状態になったら、いつまでにの先が見えない中で走り続けるのは、難しいものがありますね

第5波現在、今後は若い世代で、コロナ感染が広がっていくと考えられています

国内では10代の死者はまだ出ていませんが、デルタ株で海外では報告されているので、心配されます

普通のかぜでは、治ればそれで終わりですが、コロナの厄介なところは、後遺症が続くこともあります

6ヶ月後の症状では、倦怠感21%、息苦しさ13%、脱毛10%、筋力低下9%など  

驚くことに、無症状で治った人のうちにも後遺症が出る場合があると  なき

若い世代での後遺症では、肉体だけでなく、心身的にも、集中力低下・不安・うつ・不眠・記憶障害などの後遺症も報告されています

こういった障害ができる原因としては、ウイルスが脳に影響を与えて、自分の免疫が自分の脳を攻撃しているとも考えられていますが、まだよくわかってません

アレルギー症状は、免疫の高い若い世代が症状が強いので、同じような形なのかもしれません

感染したことも知らず、体調がすぐれないことが続くことが考えられます

今国内でもワクチン接種が進められていますが、後遺症の改善にも役に立ったとの報告が数多くあります

ワクチン接種で、後遺症改善が50%以上になっています

体の中のウイルスが、排除されているのではないかと考えられています

コロナウイルスもカゼウイルスの一種なのですが、通常のカゼではこのような後遺症はあまり見られません

まだよくわかっていな部分が多く、気を抜かず感染予防に気を付けたいものです


  


Posted by 尾上 正 at 06:30Comments(0)

2021年08月18日

雑談を雑にせず、会話に生かしていくためには

桐生 稔著 「雑談の一流、二流、三流」から

人の心を動かすのは、「どんなことを伝えるか?」より「相手とどんな関係にあるか?」

雑談 「談」 言うに炎  話すことで関係性に火を灯していく

人が一番意識しているのは「自分」  
  例、修学旅行の集合写真で一番初めに探すのは自分
一流の人は、必ず話題の矢印を相手向けて、相手が話しやすい環境を作っていく 「今日は暑いですね」 
→ 「今日は暑いですね、夏バテとか大丈夫ですか?」

あいさつに一言追加する  ワンワード  久しぶり!、元気だった
自然に会話をスタートさせるためには、あいさつに「ふた言」追加する  ツープラス  久しぶり!、元気だった?、何年ぶり?
あいさつ + ①「一言」 + ②「ふた言」 で次の話の展開が生まれる

自分の意見と相手の意見が異なるときには、反論するのではなく、相手の意見に無理に合わせるのでもなく、「興味に変えて」質問することが心地よい空間をつくることができる
「今年はオリンピックが盛り上がりましたね」「そうですか、あまり興味がなくて」「・・・・」
「今年はオリンピックが盛り上がりましたね」「特にどの競技を見ておられたんですか」「うん、特に〇〇〇が」ニコニコ
なぜそう思ったんだろう?と興味を持つと、そこに考える「間」ができる

分かりやすい話をするときには、絵で伝えること
人は文字で認識するよりも、絵で認識するほうが圧倒的に早い
会話の中で、1枚の絵を見せるように伝わる方法は、「たとえ話」
似ているものを連想すると、たとえ話は作りやすいし、相手の頭の中に絵が浮かぶ
「うちの家族は祖父と祖母がいて、父母がいて、兄弟もいます」
「うちの家族は、サザエさんのような家族構成で、とってもにぎやかです」

人は、人の役に立ちたいという潜在意識を持っている
話題に困るときには、教えを乞うように経験則を引き出すような質問をすると、会話ポイントが見えてくる  キーワードは「どうしたら」
「いつもお元気ですね、どうやってその元気を維持されているのですか?」


人と出会っての初めの部分は、大切なコミュニケーションの一つですね

仕事でも会ってからいきなり商品の説明をすることはあまりないはず

落語でも「まくら」の部分で、上手に流れを作っていきます

この数分間で、話しやすい人なのかどうかが無意識にに判断されているとも・・

雑談を雑にせず、よい関係を作るために生かしたいものです
  


Posted by 尾上 正 at 06:45Comments(0)

2021年08月11日

ソフトボールは、共通語よ!

今週にNHKで、オリンピックの特集が放映されていました

そのなかでのソフトボール 野球ボール

上野さんは13年前に優勝してから、世間が潮を引いたようにソフトボールに関心が無くなり、この先自分は何ができるのかと苦しまれます

その中でコーチから、「これからは自分のためではなく、人のためにボールを投げろ」

その後に上野さんは、震災後の福島に何度も入り、スポーツが人へ届ける力を感じます

日本対アメリカのソフトボール決勝戦はテレビで見ていましたが、途中、アメリカのバッターが打った強烈なボールをサードがはじいて、そのボールをショートがそのままキャッチしてセカンドに送り、ダブルプレー

打ったバッターがボー然としていましたが、奇跡のような神がかりなプレーでした

ものすごい集中力と、研ぎ澄まされた技術  それらを超えたなにか見えない力が・・

アメリカとの決勝戦は、13年前にも決勝で戦った上野投手とアボット投手と、このオリンピックで再度投げ合うことに オドロキ

知りませんでしたが、アボット投手は現在「トヨタ」のチームに属していて、同じチームに属する後藤投手と「決勝で投げ合えたらいいねー」と ニコニコ
その思いが現実になりました

後藤さんは、アボットさんから、あきらめない精神を学んだと

もうベテランで、自分のペースでコンディションを作ってもいいのに、勝つために今のできるベストの練習を続けている姿勢を学びます

アボット投手が、決勝試合終了後にすぐに上野投手に駆け寄ってきて、「あなたがいたからソフトボールは輝き続けることができた。ソフトボールは共通語よ!」

柔道の大野翔平さんが優勝インタビューで「開催に賛否両論があるのは理解しています。我々アスリートの姿を見て、何か心が動く瞬間があれば、本当に光栄に思います」

問題噴出のオリンピックではありましたが、多くの人が心に刻まれるものがあったのではないかと思います


人は、自分のためには、その人の持つ本当の力は発揮できないそうです

自分を幸せにすることはとっても大切なことですが、自分の幸せが、周りの幸せにつながり、さらにその周りに広がっていく・・

波の波紋のように・・  が理想ですね



  


Posted by 尾上 正 at 06:21Comments(0)

2021年08月04日

芸は磨け、お客様は育てろ

私が住む姫路市出身の落語家で、故桂米朝さんがいらしゃいます。

まだ小学生の時に、十八番の地獄八景亡者戯を見て、1時間ほどの落語だったと思いますが、こんなに落語って面白いんだ・・と思ったのを覚えています。

大石静著 「ポンポンしてる」から

米朝
芸というのは、お客様に媚びてはいけません。
受けを狙って、低いレベルの話しをしていては、品が落ちてしまいます。
落語家は、お客様を育てなくてはいけません。

米朝さんの弟子の枝雀さんが、自分は師匠の話術では絶対に勝てない
体全部を使った落語で師匠とは違う落語を見せると話されているのを以前に見ました

上手な落語家さんはたくさんいらっしゃいますが、「品」のある咄家さんは、少ないのでは

品格のある話しを届けることで、お客様の見る「目」をも高めていくというプライド

自分の信じる道を真っ直ぐ進む生き方って凄いと思いました

個人事ですが、今朝父が亡くなりました。
本当に一生懸命に生きた父でした。
その子供としてふさわしい生き方をしたいと思います。  


Posted by 尾上 正 at 09:30Comments(0)

2021年07月28日

ワクチンを打つと、もうコロナウイルスには感染しないのか?

昨日のソフトボールを含め、メダルラッシュで盛り上がる日本
阿部詩選手と決勝を戦ったブシャール選手が負けたあとに、左手で阿部選手の右手を持ち上げた姿は、戦士の強さと清さを見るようでした
当初からごたごた続きの運営と選手のオリンピックへの思いは、別の世界のものだとも・・

ほとんどの試合が無観客になってしまったのは、東京の感染拡大と感染力の強い変位型の影響が大きいと思います
人がウイルスに感染する時には「受容体」にウイルスがくっついて感染します
受容体はちょうど「Y」の形をしています
例えになるのですが、最初のコロナウイルスは形が「◻️」の形をしていましました
これが◻️の向きだとYに結合しませんが、
◇の向きだとYに結合します

デルタ型は形が変わり▽となり結合しやすくなっています
◻️

Y 感染しない


Y感染する


Y 形が似ているので、感染しやすいデルタ型

感染力が高いので、体の中でも広がりやすく、重症化率も高くなったと考えられています
それでもファイザー性のワクチンで従来型には93%、デルタ型でも88%の効果があるとのこで、
現時点では最も良い予防法ともいえます
アナフィラキシーは約10万回に一回で、対応も確立されているので、過去に他のワクチンでアナフィラキシーを起こした人以外は、リスクとデメリットを考えると、メリットの方が大きいですね  


Posted by 尾上 正 at 06:35Comments(0)

2021年07月21日

男はバカ、女は賢い

小林正観氏  心を軽くする言葉から  

女は一人でも生きていけるが、男は生命力が弱いので、偉そうにして強そうに見せてはいるが、支えてくれる人がいないと生きていけない。
男は、女が「賞賛」すると、元気になって、やる気になる

雷の日に凧揚げをやっていたバカな男がいた結果として、電気を発見することになりました。

男性がそういうバカなことをやってしまうのは、神さまが男をそういうふうにつくったからです。

男性と女性がいないと種の存続がありえないのと同様に、時代は、どちらかがバカでないと進んでいかないようにできているようです。

女性の中には男性のバカに悩まされている方も多いかもしれません。

その通り、女性のほうが「強く」「賢い」のですが、女性はそれをあまり表には出さないほうがいいらしい。

男性にとって大きなコンプレックスになるからです。

だから、オヤジギャグを言うような男性でも、「おもしろいことを言うんですね」とほめてみましょう。

そうすれば、男性はどんどん元気になり、より働くようになります。

男性が才能を開花させるには、「強くて」「賢い」女性がカギを握っています。

いやなこともあるかもしれませんが、かよわい男性を温かい目で見守ったほうが、女性にとっては得かもしれません。
男子校で甲子園によく出てくる強豪チームがいます。

男子校ですが、野球グランドにまわりの高校の女子生徒が応援に来ているのです。

「〇〇くーん、〇〇さーん、ステキ」という声が飛び交っています。

千本ノックをして、すごいボールにうまく飛びついてキャッチをすると、女子生徒たちからキャーという歓声が上がります。

そういうことの繰り返しによって、男はどうも能力をどんどんどんどん開発し、磨かれていく、磨くものであるらしいのです。

一言でいうと男はバカにすぎないのですが、そのバカさ加減をどんどんどんどんステキなものにしていくというのが、女性が持っている賞賛という名の魔法なのかもしれません。



男はバカ・・というより“単細胞”なんでしょうね  ?

廻りからチヤホヤされてその気になっちゃう  いい意味でも

大きな仕事を成し遂げた男の後ろには、賢い女性がいることが多くみられます

上手に男の背中を押していく  やっぱり賢い

これまでと違ったことを成し遂げていくためには、“バカ”になることが必要です

突き抜けるための“バカ”力

そんな人ってかっこいいなー


  


Posted by 尾上 正 at 06:21Comments(0)