< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2018年07月18日

一寸先は闇ではなく光である

横田 南嶺著 「二度とない人生だから今日一日は笑顔でいよう」から

生きていくのがつらくなったり、苦しくなったら、祈ってください。

神さまでも仏さまでも大自然でもご先祖さまでも、何に対して祈るのでもかまいません。

とにかく自分を超える何か大いなる存在の前にひれ伏して祈り続ける。
すると不思議と生きる力がわいてきます。

「祈り」という言葉には深い意味がこめられています。祈りの「い」は「いのち」や「生きる」という意味です。「のり」は「祝詞」という言葉に代表されるように、宣言することを意味します。

つまり「祈り」とは「生きると宣言する」ことなのです。

苦しいことやつらいことに直面した時、人は祈りを捧げます。

それはどんなにつらいことがあっても、死なずに生きていくのだ、といういのちの宣言なのです。

私たちは生きなければなりません。

たとえ孤独にうちひしがれ、愛する人を亡くし、地べたにはいつくばって、塗炭の苦しみを味わってもなお、人は生きなければなりません。

なぜならその先に光があるからです。
真民先生はこのように書いています。

鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ
怒濤の海を
飛びゆく鳥のように
混沌の世を
生きねばならぬ

鳥は本能的に暗黒を突破すれば、光明の島に着くことを知っているそのように、人も一寸先は間ではなく光であることを知らねばならぬ

一寸先は闇ではないのです。闇だと思っても、「生きるのだ」「生きるのだ」と祈り続けていれば、必ず光がさしてきます。

私はこの「生きねばならぬ」という心を、次のような言葉で説明しています。

明日はどうなるかわからないけれど

今日一日は笑顔でいよう。
つらいことは多いけれど
今日一日は明るい心でいよう。
いやなこともあるけれど、
今日一日は優しい言葉をかけていこう。

明日はどうなるかわかりませんが、今日一日、笑顔で暮らすことは、私たちが努力すればできることではないでしょうか。


明日どうなのかはどれにもわかりません

それどころか今日どうなるかも誰にもわかりません

でも、“今日一日どう過ごすのか”は、自分の手の中に

暑い・・ アセアセ  元気でるなー ニコニコ    ムリヤリっ・・

たとえそうであっても、続けると、そうなっていきます
  


Posted by 尾上 正 at 06:39Comments(0)

2018年07月11日

もれなく“私”がついてきます

本「街の元気屋さん」から抜粋

茨城県牛久市の日栄電器さん

「実はうちの店では、“出張お料理教室”というのをやっているんです」

「オーブンレンジやIHクッキングヒーターなどの使い方って、ただ口でご説明するだけでは、お客さまもなかなか覚えられないと思うんです」

名づけて“出張お料理教室”

オープンレンジなどをお届けするときは、愛美さんをはじめ女性スタッフが同行。

食材も用意してお持ちし、設置し終わったあと、お客さまと一緒に料理しながら使い方のご説明をしている。

その実演メニューも、たとえば育ち盛りのお子さまがいらっしゃるお宅なら、下ごしらえした鶏肉を準備して唐揚げづくり、共働きのお客さまなら、焼き物と煮物を合わせ技で時短調理……と、それぞれのお客さまに合わせるというきめの細かさ。

さらに、最初の“出張お料理教室”から2ヶ月ほど経った頃には、ステツプアップ訪間ということもしているとか。

再びお客さまと一緒にお料理しながら、操作の確認をしたり、新しい使い方にトライしたり、お手入れのおさらいをしたり……。

「使ってからでないとわからないこともあると思いますから、再びお邪魔して、お困りのことがないかフオローさせていただいています」

この“出張お料理教室”よくわかるとお客さまから大好評。

しかしなかには「いまは説明を受けながらだからできるけれど、これからホントに使えるようになるのかしら……」と不安をつぶやかれる方もいらっしゃるとか。

そんな方のために、日栄電器さんでは毎月、“お料理教室”を開催。

オーブンレンジ、IHクッキングヒーター、ホームベーカリー、フードプロセツサー、電気圧力なべなど、さまざまな調理家電の使い方を、月ごとにメニューを変えて、実際にお客さまに調理していただきながらご案内しているといいます。

お料理が出来上がったら、みんなで「いただきます」

あるお客さまは、「女子会をしてるみたいで、参加するだけで楽しいんです」

「商品を売って終わりというのではなく、生活そのものを豊かに、気持ちまでハッピーにする電器屋さんでありたいですね」と言う則行さん。

「当店でご購入いただければ、もれなく″私″がついてくるから、安心よ」と笑う愛美さん。

「私たち、売りっばなしにしない店、日本一をめざしているんです」


そのほか店の例では、どうしても今晩サッカーが見たいのに、テレビが壊れてしまい、「電気屋さん」に電話すると、朝7時からお店を開ける・・
会社帰りに来店されるまで店を開けて待っていてくれる・・

頼んだお客様は、どうしても見たかったサッカーを見れるように メロメロ



今だったら、「日本×ベルギー」戦が見れた・・というところでしょうか・・

大手量販店が、1人のお客様のために、朝7時に店を開けるなど、あり得ません

本の中での響いた言葉

「一人のお客さまのことも、忘れてはいけない
一人のお客様からも、忘れられてはいけない」

たとえちいさな店でも、お客様にとってかけがえのない存在であれば、どんな時代でもやっていけるとの実例

自分がしてもらってらうれしいと思うことを、周りの人に・・から始めたいですね




  


Posted by 尾上 正 at 06:42Comments(0)

2018年07月04日

「心」x「行動」=「あなたの未来」

ひすいこたろう&大嶋啓介著  「前祝の法則」から

いまいる場所から違う場所に行くには、エンジンだけではダメで、そこにハンドル(方向性)が必要ですよね?

そのハンドルがあなたの「心の状態」に当たるのです。

喜びの世界か、不安と恐れの世界か、道は2つに分かれるのですが、どちらにハンドルを切るかは、心の状態によるのです。

つまり、未来は、選べるのです。

未来はあなたのいまの心次第で、今日変えることができるのです。

行動は大事です。でも、その前に、どんな心の状態で行動するのかが、もっと大事だったんです。

がんばってるのに、夢がなかなか叶わないという方は、「心の状態」がマイナスのまま行動してるので、どこまでいっても現実がプラスに転じないんです。

というわけで、未来を生み出す方程式はこちらです。

「いまのあなたの心の状態」×「行動」=「未来」

「どんな心で」x「なにをするか?」ってことです。

つまり、「あり方」(心)×「やり方」(行動)=「未来」です。


10×10×10 = 1000 メロメロ

-10×10×10 = -1000 なき

一生懸命頑張っても、~しなくては・・ ノルマだから・・ 仕方がない・・

では、やればやるほど辛いですね

仕事で成果を出している人の共通点は、行動量は“半端ない”ですが、とっても楽しそうにしていること

マラソンでも、ゴールがあるからこそ、目の前の一歩一歩を踏み出していけます

自分の本当に目指したいものが、目指したい姿がはっきりと見えたときに、心がプラスになるのだとも思います



  


Posted by 尾上 正 at 08:27Comments(0)