< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2011年01月26日

“その保険”で大丈夫 ?

先日、研修の中で保険のことを聞く機会をいただきました

2006年に戦後初めて人口が減少に転じたが、就労人工(18~64才)は、1995年に減少に転じている
  
  そっそっ  そんなに早くに・・ しょんぼり溜め息

今まで保険に入る人は、家族を持ち定年までの期間に万一のことがあると、家族を路頭に迷わせる・・との思いから入っている人が多かった

  実際は、65才までになくなる方は、約3%

現在約1720万円が、平均受取額として契約されている
実際に受け取っている金額は、約250万円
   
  そっそっ  そんなに少ない・・なき
    (Kさんは、銀行をやめ保険会社に就職した時にそれまで入っていた
    保険を解約したところ、1,000万以上払い込みをしていたのに
    戻ってきたのは、80万円だったそうです

契約して早くに亡くなってしまわれる場合は、家族の方に大変に役に立つものだが、実際にそうなる人は3%程度
ほとんどの人は、年齢と共に受取額が少なくなってしまう

医療保険が大々的に広告されているが、一番の理由は
保険の中で、医療保険がもっとも保険会社の利益になるため

   入院1日○○といっても、長期に入院する人はそんなにいない
   3ヶ月たつと、転院を促される
   在宅治療では、保険はおりない
   高度医療の保険もあるが、実際にそういった治療を受ける人は、
   数が少ない

   10年後に見直しされ1.8倍 さらに10年後にその1.8倍・・さらに・・

今の保険は、早くに亡くなることへのリスクも大事だが
長生きしていく今の時代に、自分と家族を守っていけるものが必要

本当に必要なものを、必要なだけ入ることが大切



なにより感じたことは、保険は人生の支えになってくれるものです
ただ、よく分からないまま、自分にあってないものを選んでしまっている人が多い
こんなはずじゃなかった・・とならないようにしてくださいとの、心からの熱いメッセージが響きました


仕事はマインド(心)・スキル(知識)・ノウハウ(伝え方)が大事だと言われますが、心という土台がきちんとしていないと、その上に乗せるものは
全てぐらついてしまうとも思います

もし成功したいなら、周りの人を成功させるとなれます
もし人の温かさを求める時は、廻りの人に温かくするとえられます
もし人の優しさが恋しい時は、周りの人に優しくするとえられます

もし「     」が、欲しいのなら



Posted by 尾上 正 at 06:54│Comments(2)
この記事へのコメント
牧野眞一です。お世話になります。

生命保険についてのお話、ありがとうございます。

私は、縁あって、少し生命保険に詳しくなった時期があります。1990年代半ば位です。

現在は、あれからずいぶん経ちましたので、詳しい事は、わかりませんが、相当商品ラインナップも増え、素晴らしいのが出ているようです。

生保商品の基礎基本は、今でも同じらしいです。定期・終身・養老の3つ、そしてこれらの組み合わせおよび変形バージョンと、言われております。

私の周りには、生保会社の優秀な方々が、30人以上、お見えです。なので、全員の方々に義理立て出来ないので、自分で決めた商品を、割り切って、自分で入っております。

おそらく、生保関係の皆様からすると『良い保険ではない』と一蹴されると思いますが、私は内容を熟知して入っています。

今日も、親しい方、お一人と、大学時代の同期が一人、誕生日です。一人は、生保のライフプランナーです。

つまらない事、書き連ねました〜。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年01月30日 09:10
牧野さん、コメントをありがとうございます

今日ちょうど本を見ていて
高2の時に、女手1つで子供を育てていた
お母さんが亡くなられ、保険のおかげで
大学に行くことができました・・
との話を読んでいました

その意味で゜は、愛情を形にしたものなのでしょうね
Posted by 尾上 正 at 2011年01月31日 22:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。