< 2010年02>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年02月17日

未来は、あなたの手の中にある

オリンピックが始まりました
子供に1階のテレビを占領され、暖房の無い二階で見入っています   
  寒いぞー

スポーツの世界でも、素晴らしい結果を出した後に、その後どうしたのかと思うほど、結果が出ないことが本当にたくさんあります

逆に前人未到の記録といわれるものが破られると、その後次々と簡単に記録が更新されることも多いです

どちらも「壁」を破ることで、「壁」でなくなったからだともいえるのでしょうか

ここまでやったからもうこの辺で・・と自分では心には “思ってはいないつもり” が、どこかで “感じている” 壁
頑張るけれども本当は届かないかも・無理かな・・との、心の奥にある壁

どちらも破ってしまえば、できるんだな・・と思えます

書かれてあったことのうけうりですが
 マラソン3分を縮めるためには、今より1㎞早く走らなければならない
 
 限界からさらに1㎞   どうやっても、不可能に思えます  でも
    42㎞で、3分短縮する     ちょっとできそう
    1㎞走る間に、4秒短縮する  たぶんできるかな
    100mで、0.4秒短縮する   半歩足を前に出せばいいんかな・・

まったくできそうにないというイメージで始めるのと、ちょっと頑張ればできるかも・・で始めるのは、結果は大きく違ってくるのではないでしょうか

できないハンドルを回すのも、できるかな?・いけるかも?・うんできる!!とハンドルを回すのも、誰でもない自分だけです


有名な“ノミの話”は、ノミをかごの中に入れ、透明なふたをすると、頭を打ちながらもしばらくは飛び上がろうとするが、そのうちあきらめて、ふたを外してからも、外に飛び出しません

ノミと馬鹿にせず、人も同じではないですか?
これまでの失敗を“痛み”として、忘れてしまっているようでも、心の隅に記憶していて、ハードルの高い挑戦に、どこかでできないんじゃないか、ムリかな、一生懸命やるけど、だめだったらしゃーーないやん・・・  
      まだ、何もしていないのに、心のどこかで考えてしまう

決して恥ずかしいことじゃないと思います  だれもが失敗はしたくない
ただ、“痛み”は“過去”にあったとしても、これからのキャンパスには自分で好きなように描けます

今、上を見上げて頭の上にあるのは、透明なふたではなく、空高い青空・・です入道雲



  


Posted by 尾上 正 at 08:41Comments(4)