< 2016年07>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2016年07月06日

バングラディシュのテロで思うこと

今回のテロ事件で、バングラディシュの発展のために力を尽くした日本人の7名の方が、殺害されました

バングラディシュは独立時に一番力を尽くした日本に対して、好意的な国です

ただ、まだ貧困のなかにあり日本からの様々な支援がなされている中での悲劇

中国や韓国からの報道では、日本は非難されていると思いがちですが、世界の大多数の国からは大変好意をもたれています


今回のテロは、全く理不尽極まりない行動

ただ、相手から見れば、相手側からの理由があるから行動している・・

一神教では、自分の信じる神以外の教えは、すべて間違った神を信じる人たち

その“間違い”を信じる人たちを“正す”ことは、正しいこと

“間違い”を信じる人たちをそのままにしていくことは、“神に背くこと”

お互いの“正さ”を突きつけると、究極は殺し合いに


日本人は、“八百万の神”

いろいろな思考を受け入れる

顏の無い日本人といわれながら、受け入れる大きな器を持った“顏”をもっている民族

排他的な思想の蔓延する今の時代にこそ、日本人が大きな役割を持つ時代になってきているとも思います


日々の中では、“自分の正さ”を突きつけない

それは、相手にナイフを突きつけること

人はそれぞれの中に“自分の正しさ”を持っている

相手の“正さ”にも耳を傾けること



  


Posted by 尾上 正 at 06:43Comments(0)