< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2017年05月24日

“髪は女の命”が、他の人に生きる力を与える時

日経新聞 朝刊コラムから

別に聞き耳を立てているわけでもないけど、街角で、車中で、酒場で、人様の会話に、思わず引き込まれてしまうことがある

居酒屋で隣り合った女性は、30代半ばのようで、有期契約の仕事が近く終わるのを機に、豊かな髪を30㎝以上切り、寄付するつもりだという

突然髪型を変えると、職場の人たちにあらぬ詮索をされるので、退職を待って切るのだとか

今からその日が来るのを待ち遠しい・・と、友人に打ち明けていた

理由を聞いて、泣けてきた なき


女性は10代でがんを患い、治療の副作用で髪を失った

「眉毛もまつ毛も抜けて、不良少女みたいだったの。嫌になっちゃた」

笑顔で話していたが、当時は旧友の見舞いも断り、ふさぎ込んでいた

外出してみよう・・という気持ちが芽生えたきっかけは、ロングヘアの医療用のかつらにしたときだった

恩返ししたい

女性は「若いころは闘病でおしゃれや恋に縁がなかった。今は本当にきれいになりたい」 ニコニコ

暴力や不寛容に満ちたこの世界の片隅に、あなたのような人がいてくれてありがとう

あの時、そう伝えればよかった



「ヘアドネーション」は、大人だけではなく、子供にもあります

小児がんなどで、治療で髪が抜けた子供のために、健康な女の子が髪を伸ばして、提供しています

“髪は女の命”と、言われていましたが、女性の美しさへの力が、生きる力に・・

人に力を与えるのは“人の力・思い”

そんなに大きなことではなくても、ほんのちょっとしたことでも・・

人に喜ばれることを、心がけたいですね



Posted by 尾上 正 at 06:44│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。