< 2021年12月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

2021年06月09日

人は会うべき人と会う、それは一瞬早くなく遅くもなく

現在は著名な作家の伊集院静氏の著書(なぎさホテル)の中で、“根無し草”のような生活から、作家になるまでを支えてくれた人たちとの交流が書かれています

最初に結婚した相手の方と2人の子どもが生まれたが、自身の酒・ギャンブルなどで家庭を壊して、東京から故郷の山口に戻ることにします

戻る前に、東京の海を見たことがなかったな・・と湘南の海を見るために電車を降ります

そこで、ビールを飲みながら海を見ているときに、少しここにいたいと思い、海を見ていたI氏に「この近くで泊めてらえるところはありますか」と聞くと、「ここでも泊まれますよ」 「えっ」

なぎさホテルのI支配人の口添えで伊集院さんは、驚くべきことにその後7年間、なぎさホテルにいることになります

湘南で初めての西洋風のホテルで、木造の古い建物ですが、当時の天皇陛下が年に1回昼食に訪れるほどの歴史のあるホテル

その別館に3000円で泊めてもらい、支配人から海が見えないからと、同じ値段で海が見える部屋に移動してもらうことに

まったくお金がなく、最初の2年ほどは、ほとんどホテル代は払えなかったにもかかわらず、旅に出るときにはお金も貸していただけます

「お金はある人からもらえばいいんですよ、こんな小さなホテルでもあなた一人でどうにかなるものですか」  ニコニコ

伊集院氏は、小説を書きはじめ、7年間の中では、小説家としては名を上げることはできませんでしたが、縁あり作詞家として売れ始めて、近藤雅彦の「ギンギラギンにさりげなく」などが売れて、ホテル代も払えるようになります

まったく無名のころから、夏目雅子さんとも付き合うようになり、夏目さんは伊集院さんに対して、絶対的な信頼感を持っていたと・・

テレビで見ましたが、新婚時にインタビューで自宅前で「奥さん」と声をかけられて、私のこと?・・と、うれしそうに話をされていたのを覚えています     

人として魅力にある人なのだと思います

夏目さんとの結婚が決まり、ホテルを出る前にI支配人とビールを飲みかわし、「大丈夫、きっといい小説が書けますよ」 スマイル



ホテルを出てから、7年後に直木賞をとられています

「なぎさホテル」のあとがきには

今思い出しても、なぜあの日、あの時間にあの海を歩いていたのだろうか

ほんの数分でも、あの海岸を歩く時刻がずれていれば、私は小説家にはなっていない

人は、人によってしか、その運命を授からないのであろう

哲学者、森信三氏の言葉で、「人は会うべき人と会う、それは一瞬早くなく遅くもなく」

人は、人との出会いに自分の道を導かれることも多くあると思います

その時に、“声をかけること”   幸運の女神は、後ろ髪はないそうです





Posted by 尾上 正 at 06:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。