< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年04月08日

あなたの行動は本当に正しいですか?

私が以前読んだ「こころのチキンスープ3」の中の話で、最近読んだ月刊誌にも紹介されていて思い出し、とても考えさせられる内容と紹介します


クッキー泥棒のお話

女性が夜の空港で待ち時間に売店で本とクッキーを買い、腰を下ろし横において本を読み始めました
しばらくして気がつくと、なんと隣に座った男が横に置いたクッキーを食べているのです
騒ぎを起こすのもイヤで、文句も言えず自分が一つ食べると男も一つ食べる・・・
最後の一つになると男はニッと笑い半分に割り半分を彼女に差出し、残りを自分の口に入れました。女性は差し出されたクッキーを引ったくり男性をにらみつけ素早く立ち去りました
何という失礼で下品な男なのだろう、本当に腹立たしい・・
イライラした気持ちで飛行機に乗り、鞄を開け読みかけの本を探すと驚いて息をのみました
自分の買ったクッキーがそのままあるのです。

あのクッキーはあの人のものだったのか、私に分けてくれていたのか・・自分のほうが失礼なやつだったのか・・天を仰いで呻き、謝ろうにもどうしようもありません

彼女は人の優しさに触れた貴重な学びとして、その後人と人の出会いをとても大事にするようになったという実話です


人は自分が正しいと思っていますが、本当にそうなのでしょうか
周りに対して失礼なやつだ、常識を知らない、挨拶もろくにできない、礼儀も知らない・・と思ったりすることもありますが、自分自身は本当はどうでしょうか
もし“絶対に”正しいと考えることがあったなら、そのことはひょっとしたらもう間違っているのかもしれませんね



Posted by 尾上 正 at 04:53│Comments(6)
この記事へのコメント
牧野眞一です。お世話になります。

とても勉強になるお話、ありがとうございました。“自分が間違っているのか否か”の葛藤は、人間が様々な生い立ちや性格、過ごして来た環境が様々である以上、必ず付いて回りますね。

私は、異業種交流会や、営業職の勉強会(日本営業道連盟)の集客活動をやっておりますが、その活動の中でも、とても勉強になるドラマがあり、“自分はこれで良いのか”問い正す局面があります。

せっかくですので、御聞き下さい。

ある会の集客活動で、いつも決まって「参加と連絡していて直前に不参加にする人(キャンセル)」がおられます。一度や二度ではなく、しかも連続して四度で、しかも、これまで一度も参加(少なくとも私の集客活動が始まってからは)した事の無い方です。

今回あまりにも酷いな、と思ったのは、その方は、かなり前から参加すると、おっしゃって頂きました。私は、嬉しくて天にも昇る気持ちでした。しかし・・やっぱりです。数日後、参加出来ない旨のメールが届きました。ある程度予想しなかった訳ではありません。しかし、ヌカ喜びをした自分にも腹が立ちました。別の方は『良い人だから』とおっしゃっいます。私が信用出来ないのは、いけない事ですか?
Posted by 牧野眞一 at 2009年04月08日 06:12
そうですね。【誰でも自分「だけ」が正しい】、【自分「だけ」が特別だ】と考えがちです。
そうなってしまうと人を裁く、責める、批判するという行動が出てきます。

『違いは違いであって、間違いではない!』
皆、1人1人違うのだから、その違いを『こんな考え方もあるんだなぁ~』と楽しめるようになった時、はじめて自分や人を活かせているのでしょうね。ありがとうございます。
Posted by 伊集院雅人 at 2009年04月08日 06:14
牧野さんがお誘いしている方は別の方の言われるように“良い人”なのだと思います

たぶんさほど考えもせず参加申し込みされて良く考えると予定が入ってきた・・ということもあったのではないでしょうか

営業道場が自分のためなどではなくその方の為100%お考えなら、毎度のことのようですがその方にとって他の重要な予定が入ったのだと考えても良いのでは

周りの方に力を与えておられる牧野さんなら
いろいろな考えも浮かばれるものとも思います
Posted by 尾上 正 at 2009年04月08日 16:11
『違いは違いであって、間違いではない!』
とても素敵な言葉ですね

顔が違うように、考え方と違ってあたりまえと思います。伊集院さんの言われるように「楽しめる」ようになると素敵ですね
Posted by 尾上 正 at 2009年04月08日 16:15
考えさせるれる内容ですね。
自分の視点からついつい考えがちですが
相手目線で考えるとおのずと違った考え方が出てきますね。最近常に相手目線で見るように努力していると、今までとは違った目線で物事が見える時があります。クッキーの男性の心の広さが感じられる内容でしたね。
ありがとうございます。
Posted by 佐伯久美子 at 2009年04月09日 22:37
佐伯さん、いつもありがとうございます

よく相手の目線で・・といわれますが
結局のところ自分も目線で見た相手目線でしかないような気もします

それは悪いことではなくある意味当然です
ただ自分の目線が高くなると広く大きく見えてくることもあるかなー感じますね
Posted by 尾上 正 at 2009年04月09日 22:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。