< 2020年04月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2020年03月11日

母という愛の存在

 リリー・フランキー著「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」から

「たはむれに母を背負ひてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず」

石川啄木が目を潤ませて立ち止まったように、誰しもがかつて大きかったはずの母の存在を、小さく感じてしまう瞬間がくる。

大きくて、柔らかくて、あたたかだったものが、ちっちゃく、かさついて、ひんやり映る時がくる。

それは、母親が老いたからでも、子供が成長したからでもない。

きっとそれは、子のために愛情を吐き出し続けて、風船のようにしぼんでしまった女の人の姿なのだ。

五月にある人は言った。

どれだけ親孝行をしてあげたとしても、いずれ、きっと後悔するでしょう。

あぁ、あれも、これも、してあげればよかったと。



「成功者」と呼ばれる人たちの多くは、母親をとても大切にするといわれています

マザコンという意味ではなく、自分の存在を生み出してくれたことに対しての感謝の心が強いから

母親の体が小さくなってしまうのは、いろいろなものを与え続けてきたからなのかもしれません

その恩返しはとてもできなくても、自分自身が幸せであることが、一番の親の喜びになるのでしょうね クローバー





Posted by 尾上 正 at 07:02│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。