< 2019年10月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2019年09月25日

セトモノとセトモノとぶつかリッこすると・・

泥があるから、花が咲く  正法寺住職 青山 俊菫著

セトモノとセトモノと
ぶつかリッこするとすぐこわれちゃう
どっちかやわらかければだいじょうぶ
やわらかいこころをもちましょう

新婚夫婦に私はよくこの相田みつをさんの詩を贈ります。

しかし一言つけ加えることにしています。

もし「私がやわらかい心で、相手がセトモノだ」と思ったら、その心がセトモノの証拠。

やわらかい心の者同志が争うことになる。

「私がセトモノだったな」と気づかせていただく心が「やわらかい心」ということを。



あの人は「とげがある」れど、私は柔らかく受け止めている・・

相手は間違っているけど、自分は正しい・・

廻りから見ればそれはちょっと・・と思えることでも、その人の中ではつじつまが合っている

人の心を「水の中の豆腐をすくうように扱う」という言葉があります

水の中の豆腐をすくい上げるには、両手でそっと持ち上げるはず

「とげがある」と思う自分の心の中に、とげがあるのかもしれませんね

「やわらかい心」を目指したいものです クローバー






Posted by 尾上 正 at 06:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。