< 2019年10月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2019年05月29日

日本最初の“面白い出来事”とは

今、万葉集が話題となり、日本古来の書物や文化に光が当たっています

その中には、すべて真実とは言えないものもありますが、日本人を作ってきた、その時々の考え方を知ることもできます

日本最初の面白い出来事

天照大神が弟のスサノオノミコトとけんかをして怒ってしまい、天岩戸に隠れてしまいます

世の中が真っ暗になってしまい、困った神様たちは、出てきてもらうために、外でお祭りを始めます (日本のお祭りの始まり)

女性の神のアマノウズメが、着ているものがはだけて肌が見えるような踊りをして、廻りの男の神々がそれを見て、やんやの大騒ぎ メロメロ

天照大神は、世の中は真っ暗なはずなのに、どうして外は喜び声があふれているのかと気になり、戸を開けて、世の中に再び光が戻ります 晴れ

外にいた神々に、まばゆい光が当たり顔(面)が白くなります  面白い 

古来の言い伝えではありますが、大切なことを教えています

困ったときや大変な時でも、神さまは深刻さを嫌い、明るさや楽しさに近よってくる

でもうまくいかないときには、なかなか行動も前向きにはできないもの・・

そんなときには、“言葉”“表情”“動作”の3つを意識的に明るくすることで、心が作られていきます

1ヵ月間ずっとため息を続ける実験では、ほとんどの人がうつ病になったそうです

心は作られます

まずは「形」から明るく ニコニコ




Posted by 尾上 正 at 08:01│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。