< 2019年07月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2019年04月24日

銀座すきやばし次郎店主 小野二郎さんの努力の源とは

銀座すきやばしは、最高齢(93才)のミシュラン三つ星シェフとして、またオバマ元大統領が食事をされたことでも知られていて、日本一の寿司店ともいえる店ですね 

店の外では、手のモデルと同じように、ずっと手袋をしておられることも有名です

「同じ鮨でもシミの無い手で握ったほうがおいしそうでしょ」 ニコニコ


日本経済新聞記事から

子供のころに生活に困窮し、叔父の家に預けられたが、そこでも持て余されて、地元の料理旅館に小学1年生の時に奉公に出された。

早朝から午前0時ごろまで働きづめで、店が忙しくないときには学校に行ったが、居眠りをしているか、廊下に立たされているか、どちらかだった。

居場所のない人生だった。
叔父の家に預けられた後は、母とはほとんど会わずじまい。
父に至っては、いつ亡くなったかすら知らない。

太平洋戦争で、死を覚悟して帰ってきてからは、「自分の家族を、家庭をそうしちゃいけないと思っている。だから遊ぶより仕事、勉強」
握り続けることが、ようやく自分の手に入れた居場所を守ることだった。

生まれて初めて夢を抱き、「銀座で自分の店を持ちたい」

他の見習いが遊んでいるときも、ひたすら練習に打ち込んで、結婚してからも、たまの休みで家で寝ていると、子供が妻に「どっかのおじさんが寝ているよ」

自分は決して器用ではないが、何年でも何十年でも努力し続ける才能があった。

今でも寿司が好きだから、やっばり「店に出てきちゃう」

今日もつけ場にきっちり立ち、最高の寿司を握っている


小野二郎さんは大正生まれです

大正、昭和、平成、そして令和の時代に、一つの仕事を貫く姿って、本当にすごいと思います

願望、感謝、継続

言われてみれば当たり前のことですが、続けることは当たり前ではありません

本当に大切なことは、「シンプル」です

だれもが、自分の舞台の“主人公”

山を一歩で登ることはできません

目の前のことを一歩一歩・・ 

それが、振り返った時に、あーここまで来たんだなー・・と思えますね





Posted by 尾上 正 at 07:04│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。