< 2019年04月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2018年12月26日

「天皇としての旅」

日本経済新聞記事から

天皇として旅を終わろうとしている今、私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民の衷心より感謝する


「寄りそう」とよくいわれるが、その言葉よりもはるかに厳しい生き方かもしれない

「天皇としての立場にあることは、孤独とも思えるもの」と漏らされたことも理解できる

一人で耐えられる生き方ではない

陛下にとって幸運だったのは、「常に私と歩みをともにし、私の考えを理解し、私の立場と務めを支えてくれた」皇后さまという「深い信頼」で結ばれた同志者を得たことだ

皇后さまあってこそ、「天皇としての旅」を続けることができたと感謝を述べられたとき、涙はなかったが、陛下は泣いているように見えた

まさに、お二人で作り上げた平成の象徴であった

陛下は「象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」と述べられた

それは国民からおくる言葉でもある



平成の時代がもうすぐ終わります

天皇陛下は、その歩みを“旅”という言葉で表現されました

どのような“旅”であったのか

平成は戦争はありませんでしたが、災害は多くありました

私が住む兵庫の阪神淡路大震災では、被災地を見舞われた陛下が、ひざを地面につけて被災者を見舞われました

その初めは、美智子様が被災者に自然に近づいて、ひざまずいてお話しされたことからになります

そのあとに、天皇陛下も、被災者と同じ目線でお話をされるようになりました  (それまでは昭和天皇と同じように、立ってお話をされていました)

皇族の一部からは、天皇が国民に対してひざまずくとは何事か・・との声もあったとか・・・

それでも、国民に対して、いつも“寄り添う”姿勢を貫いてこられました

天皇陛下をはじめ、この時代を生きぬいてきた人の力で作られた“平成”の時代でした

このあとの時代も、素晴らしい時代が来ることを望みます

来週は、ブログ年末休みです

よい年ををお迎えください 日の出



Posted by 尾上 正 at 06:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。