< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2018年01月24日

海の真実を追う

日経新聞記事 水中写真家 中村 郁夫氏 「 海の真実を追う」から

95年に、知床で出会った、全長1mくらいのササキテカギイカのことが忘れられません

足の付け根の内側にぎっしり、ふ化直前の卵塊を包み込んでいるのです

深海にすむ母親イカが、産卵のために浅瀬にやってきたようでした

途中でサメに襲われたのか、片目がなく、体はボロボロ

ときおり体をぐるぐる回転させて卵が産まれるのを促すのですが、そのなかにも、カモメが飛び込んできて肉を食いちぎっていきます

数千の卵塊から体1cmの無数の子イカが飛び出すのを見届け、母イカは静かに沈んで一生を終えます


以前にNHKで見た映像で、海峡を渡るクジラが、子くじらをシャチから守るために、背中に子くじらを乗せて泳いでいきます

シャチが母親クジラを取り囲み、何度も体当たりして、子くじらが背中から滑り落ちます

シャチが二頭で子くじらを挟み込み、水中に引きずり込んでいきます

羽生類のクジラは、水中では息ができません

水中に引きずり込まれる子くじらを悲しそうな表情で、母クジラが見つめ続けます



親にとって自分の子どもは、自分自身、自分自身以上の愛への存在

そんな中でも子供への虐待が毎日のように報道されています

表に出てこないものをふくめると無数にあるのでしょう

子供に“痛み”を与えて、自分の思うように指導することが、子供のため・・という誤った考え方がもとになっているかも

それは子供のためというより、意のままにしたいという考えが下地になっているかもしれません

子供の為と、偽(にせ)を区別する必要があるとも思います



Posted by 尾上 正 at 06:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。