< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2017年11月22日

長嶋監督が、松井選手に最初につけたニックネームは?

ラジオ番組内容から

長嶋監督がドラフト会議で1番くじを引き当てた後、松井氏本人に初めて会ったときに、松井秀喜選手は長嶋監督に、巨人に入る条件として、「ゴジラ」と呼ばないでほしいと

思春期の高校生にとって、ホームランを打つたびに“ゴジラ”と呼ばれるのは、非常に苦痛でした なき

自分のニックネームとして、“ゴジラ”を使わないでほしい

その条件を受け入れた監督は、巨人のユニホームを着た松井秀喜がグランドに入ってきたときに

「いやー、よく来たね、“ゴリラ”」  ニコニコ

「監督、すいません・・・   “ゴジラ”でお願いします・・・」 

松井選手が、初めて“ゴジラ”を認めた瞬間でした



長嶋選手は、選手時代に当時の白黒のテレビ画面で、一人だけ
“カラー”で映っていたと・・ テレビ

野球の神様に、そしてすべての人に愛された人ですね

以前に見た日経新聞の「私の履歴書」で、神様・仏様・稲尾様・・の稲尾氏の話しの中から

初めてに長嶋に対戦した時に、長嶋はバッターボックスの中で“ボーと突っ立っていた”

渾身の力を投げたボールを、長嶋はいきなり動物的に体をくねらせて、ボールは弾き飛ばされた

私は、ボー然とマウンドで立っていた  今、いったい何が起こったのか・・

それからも打たれ続けて、ある夜に真っ暗の中、寝ながら天井を見つめながら気がついた

長嶋は何を考えているんだ・・  そうか・・  何も考えていないんだ・・

それから、あえて何も考えないで投げるようにして打ち取れるようになった

天才を理解するのは、天才でしかないのかも

明るさは、自分と廻りを明るく照らしますクローバー



Posted by 尾上 正 at 07:18│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。