< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2017年11月01日

ストライクを“ボール”と言い切った審判の心は

今、プロ野球のクライマックスシリーズが始まっています 野球ボールバット

これが終わるとウインタースポーツシーズンの始まりです

いよいよ冬到来かなー 雪


1956年の野球の試合で、明らかなストライクを“ボール”と判定した審判

名審判として有名な、二出川 延明氏

日本野球創世記に、同時をセーフと判定した際に、相手チームの、同時はアウトだとの主張に対し「俺がルールブックだ」と言ったことで有名です 拍手

明かなストライクをボールと判定したことで、当然抗議されますが、「気持ちが入っていないからボール」と一喝します フンッ

プロとして投げるべきボールではないということでしょうか

この投手はその後、一球一球を気持ちを込めて投げるようなったそうです



昔は“名物”といわれる人がたくさんいましたね

政治家でも、たたき上げのあくの強い人が・・

スポーツの世界でも、経営者でも

今は、どこかサラリーマン社会

サラリーの語源はソルトで、ローマ時代に、給料として塩をもらっていたことから始まっていますが、
  (ちなみにビールをもらっていたこともあったそうです   ゴクッ ビール)
お金のためにやっているのか
“だれのために、何のために、なぜ”今の仕事をしているのか
自分は“本当は”何を届けているのか・・、の立ち位置が大切だと思います



Posted by 尾上 正 at 07:02│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。