< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2016年06月22日

お客様の心をつかむ「魔法の顧客カルテ」とは

「経営者の四季から」

福島県  移動するパン屋さん  株式会社 ら・さんたランド

手作りパンを中心に、山間の家庭にも食品を届けています

「魔法の顧客カルテ」

顧客がいつ何を購入したか、アレルギーの有無、好物・苦手なもの、趣味、本人と家族の生活情報・・・

お会いしたときの情報を、毎回記入  

カルテによって、前回の話題がよみがえり「自分を気にかけてくれている」と喜ばれます

従業員が生活環境を知ることで、安否確認や離れて暮らすご家族の安心を守る役割も担っています



今はほとんどが、デジタルで商品管理をしていますので、〇〇様が、◇◇の商品をいつ・いくつ購入していただいたのかは、履歴としてわかります

ただ、“購入された動機”は、こちらが記入しない限り分かりません

「記憶」だけではなく、「記録」を活用すること


連続ドラマでは、番組の初めに前週の最後の場面が出てきます

前回分のことを振り返ることで、今回のスタートがスムーズにつながるようになります

例えば、前回こけて足をねん挫していた方には、「足、よくなられたんですねーニコニコ 」 「そうなの、今はすっかり・・・」
(よくなられていない場合は、あまりその部分には触れないようにします)

お客様自身が忘れてしまっていたことを話すことで、こちらを見てくれているんだと思っていただけます

お客様に取り入ろうという自分目線の立場ではなく、喜んでいただきたいという“立ち位置”が大切です

相手の喜びを、自分の喜びとすること



Posted by 尾上 正 at 06:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。