< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2016年03月23日

「お墓に配達された御礼状」

福岡県、川辺さんが、数年前の新聞に投稿されていた記事から

私たち夫婦が結婚して20周年を迎えた

20年を無事に迎えることが出来たのは、結婚式に出て下さった人たちが支えてくれておかげだと…

20年前の結婚式に出席して下さった方たちに、お礼の手紙を書かれたそうです

書いてる最中に、ご主人が奥さんに「出席していただいた方の中で、一番お世話になった人は誰だと思うか?」と聞くと、奥さんは「あなたのご両親でしょうね」

ところがご両親は今、福岡市内の市営平尾霊園に眠っておられるのです

それでも手紙を書こうと言って、御礼状を書いて、宛名は福岡市平尾霊園川辺家××××と言う戒名だけで、ハガキを出されたそうです

戻ってくるハガキだったのですが、戻ってこなかったのです

奥さんは娘さんを連れてお盆にお墓参りに行くと、風で飛ばないように石がおかれ、濡れてもいいようにビニールに包まれたハガキが、お墓の前にきちんと配達されていたそうです

それを見て驚いた奥さんは、霊園の事務所に行って聞くと、郵便配達の方が来られ、このハガキを届けたいので場所を教えて欲しいと言って、配達して帰られたとのこと

このことを知り、川辺さんは新聞に「私は一人の市民として、こんな優しい人たちが影で支えてくれている、福岡という町が大好きになりました」と、
投稿されています



自分の仕事が配達という“もの”を届ける仕事だと思えば、このようなことは起こらないでしょう

その中にある“思い”を届ける仕事

目の前の人は、何を求めているのか

自分の仕事は、“本当は”何をお届けしているのか

しっかりとした土台が大切だと思います




Posted by 尾上 正 at 07:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。