< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2015年12月02日

見えないものを見る

「超ホスピタリティー」から

一人の若い看護学生が、自分の便をこねてしまう認知症の老人を担当していました

彼女は「私には異常に見えないのです
私だっておむつをしていたら、動くたびにお尻にグニャグニャしていたら、気持ち悪くてさわってしまうと思います
おむつを替えるタイミングを合せれば、便をこねなくてもすむのではないのでしょうか」


この文章を見て、人を「色眼鏡」で見ていることも多いのだな・・・と思いました

もし自分が介護をしている立場だとしたら「仕方ない、病気なんだから・・」と思ってしまうのでは

もし、自分がおむつをしていて、その中が汚れてしまったら・・

小さな赤ちゃんも、おむつが濡れたら泣き出します



このことは、病気のことだけではなく、普段のことでも同じことがいえると思います

この人はこう、あの人は・・

物事を見る時には「ありのままを見る」ことと、「見えないものを見る」

目の前のことをきっちり見ることと、
目の前のことだけではなく、色眼鏡を外して見ることも大切ですね めがね




Posted by 尾上 正 at 08:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。