< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2015年11月04日

君が代の“君”とはだれのことか?

「日本のこころの教育」から
君が代が生まれたのは鎌倉時代  
1228年の和漢朗詠集という歌集に出てきます 

そのもととなった歌は、古今和歌集(905年)に載っています

題知らず  詩人知らず

わがきみは 千代に八千代に さざれいしの いはほとなりて こけのむすまで

「私の愛しい人の命が、どうかいつまでも続きますように
小さな小石が集まって大きくなり、苔が生えるくらいまで、すこやかにお過ごしください」

君が代の部分が、わがきみになっています

わがきみとは、女性が愛した男性に対して用いた言葉です

「君が代」は、平安時代の女性の「恋歌」

「君」が天皇を示しているという見方もありますが、当時は「君」は「あなた」
当時の天皇にたいしては無礼ないい方であり、天皇は「大君」と呼ばれていていました

ギネス・ブックには「世界最古の国歌は日本の君が代である、その歌詞は九世紀に始まる」




君が代は、女性が男性を想っての歌だったんですね

歌った女性はどんな人だったのか  
想われた男性はどんな男性だったのか

きっと素敵なひとだったんでしょうね


「君」は「あなた」

今、この文章を見た「あなた」は、大切な人からの「君」でもあります



Posted by 尾上 正 at 09:09│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。