< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2015年08月26日

プロと言われる人たちは、どんな人か?

今月の日経新聞  私の履歴書から

倉本 聡さんは大河ドラマの脚本を任されるも、演出に口を出したことにテレビ界から総スカンを食って、脚本を途中で他の人に明け渡し、逃げるように北海道に・・

一人から始めた北海道での生活から「北の国から」のドラマが生み出されます 入道雲

大きくなるためには、天から“挫折”というプレゼントが与えられるのでしょうね  

倉本さんは、北島 三郎のステージを見て「このサブちゃん人気ってなんだろう?」  よし、付き人になろう !! 

ほされて無職とはいえ、一時は売れっ子だった中で、4人目の付き人として北海道を回ります オドロキ

第一部はヒットパレード

第二部はリクエストタイム   
      舞台でお客さんのリクエストの曲に全て応える

「俺は北海道を出て渋谷で何年も流しをしていた・・
リクエストされて歌えなかった歌は一つもない  さあ、何でも来い!!」 

異様な興奮の中で、みんなが曲名を叫ぶと、小気味よく次々と歌う

サブちゃんと客席の間には、年齢・性別・職業・身分など一切の区別がなく、人と人とが水平にぶつかり合っていた

「俺はこれまで何をしてきたんだと恥じ入った」

自分の中で無意識なエリート意識があって「上から目線」で仕事をしてきた

評論家や業界の人の目ばかりを気にして脚本を書いていた


倉本さんも、すでに名が知られている中でも、付き人になって学ぼうという姿勢

プロとは、肩書を捨てても、いつでも自分の身一つで勝負できる人たちのことなんでしょう


以前テレビで矢沢 永吉さんが、コンサート1ヵ月前のインタビューで、

うん、全国ツアー前はバーベル上げたりしてトレーニングをしますよ  
“土方と一緒だからね・・”

全国ツアーを“土方と一緒”と言いきってしまう人は、永ちゃんだけですね

その自信、世界  かっこいい メロメロ


森山 直太郎  夏の終わり

https://www.youtube.com/watch?v=3KwfNuzYmnM




Posted by 尾上 正 at 09:22│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。