< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2015年05月27日

戦国武将で一番強い人はだれか

昨年の大河ドラマは官兵衛でしたが、来年は「真田幸村」が主人公に 

幸村ほどの知将なら、豊臣方が勝つ見込みがほとんどないことはわかっていたはず・・

ただ、東軍について勝っても、依然徳川に逆らった真田家としてごく小さく扱われる ヒ・ミ・ツ

もし万が一西軍が勝てば、天下に大きく羽ばたくことができる お城 

命を懸けて世に出る機会を競っている時代は、人の心を熱くさせます


戦国武将で一番強い人は・・?

歴史に「if」はありませんが、一般的には上杉謙信といわれています

信長も、謙信には多くの貢物を贈り、戦いを避けています

お金で作った傭兵では、戦略を尽くした上杉軍には太刀打ちできないと悟っています

自らが毘沙門天の生まれ変わりと信じる謙信は生涯妻をめとらず、酒を愛します  (景勝は養子です)



敵に塩を送るという有名な言葉がありますが、武田信玄に反発する周りの国々が結託し、内陸の塩のとれない甲斐に塩の供給を止めます

その時に謙信は、甲斐に塩を送ったわけではありませんが、甲斐の民衆を苦しませるのは忍びないと、周りに組みせず塩の供給を止めませんでした

信玄は亡くなるときに子供に、何かあったら自分の永遠のライバルであった謙信に頼るようにとの言葉を残しています

武として天下一、人柄も敵将からも尊敬を受ける謙信が、なぜ天下をとれなかったのか

それは“天下を取ろうと思わなかったから”です

有力な戦国武将は数多くいますが、天下統一を本気で考えていたのは信長を含め数人です

どんなに能力があっても、強く思い描かないものは、その人の前には現れませんね




Posted by 尾上 正 at 08:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。