< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2014年08月06日

お届けするのは“商品”か“愛”か?

昨日、お客様とお話ししている中で、腕に注射のシールがあり、「また、貧血の注射なんですか?」    「そうなんです・・ ヒ・ミ・ツ

これまで、鉄の資料をお届けしたり、鉄なべの話をしたりして試されておられましたが、「面倒でなかなか続きませんね・・」

でも主人には続けてもらいたくて(元気でいてもらいたくて)、“お弁当箱に、野菜の酵素の粒を毎日入れているんです”  (私の商品ではありません)

毎日お弁当を作り、野菜の酵素を一緒に入れておられる・・

この野菜の酵素は、単なる商品でなく奥様からご主人様への“愛”そのもの


お孫さんの笑顔を想像して、おじいさん・おばあさんが丹精込めて、地方で大地の恵みをいただいて作られた野菜 たまねぎ

家に届いた野菜は、“思い”が野菜として形になったもの   
どんな百貨店の地下売り場の高級野菜とも同じ土俵に乗らない

作った人の笑顔、届いた人の笑顔


営業は何のために商品をお届けしているのか

商品をお届けした後に、毎日フォローをすることは不可能です

でも、大切の人のために“何をお届けしているのか” の軸が大切だと思います





Posted by 尾上 正 at 09:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。