< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2013年01月30日

原爆放射能に勝った “日本食の力”

「ローマ法王に米を食べさせた男」
スーパー公務員と呼ばれる、高野 誠鮮氏  講演内容から
     (ここだけの話なんですが・・と話された内容ですが、
     大事なことと思いアップしました)


原爆爆心地から1.4㎞の病院で、医師・看護婦・患者80名が誰も亡くならず助かった病院

副医院長秋月先生は、爆撃後、味噌汁を海水とほぼ同じ濃さで1日3回飲ませた

戦後検査をすると、だれも被ばくをしていなかった
(外部被ばくはするが、それも治る  内部被ばくはない)

被ばく手帳をもらう時に、「本当に被ばくしたのか?」と疑われた


このことを戦後、GHQは一生懸命にふたをし、大手の出版社には圧力がかかり、秋月先生は日本国内では発表・出版できなかったので、自費出版をされます

海外ではイギリスでのみ出版されます  
「長崎1945」    なぜ、私たちは被ばくしなかったのか

GHQ

莫大な費用を使って作った核兵器が、日本の食べ物に阻止されてしまえば、相手の国に対して脅威にならない

ただの爆弾になってしまう


爆心地800mで、生き残った2人  自家製のどぶろくで、泥酔していた 

第五福竜丸  味噌汁をたくさん飲んでた人は、被ばくしなかった



どぶろく・味噌汁  麹菌、酵母菌に共通するのは、微生物

微生物が、体の中に入った毒を外に出していってくれた

今の味噌は麹を殺して出荷しているので、その力はない

昔からの自然の、麹菌・酵母菌を生かした(殺菌剤を使って麹を殺していない)、遺伝子組み換えをしていない味噌もいくつもある  
   (メーカー名も話されましたが、ここでは控えます)
 


   
広島・長崎は原爆投下後は、50年はぺんぺん草も生えないといわれました
でも、次の春には道に野花が咲いています

今なお、震災で大変な思いを持って日々過ごしておられる方に、早く春をと願います 双葉




Posted by 尾上 正 at 09:29│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。