< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2012年09月12日

あなたから買えてよかつた!  そのⅡ

お客様と接点を持てる最大の時間は商品をご購入くださったとき

お客様自身へはもちろん、その周辺のお客様へも情報提供する格好の機会ととらえている 
  
「それ、ちょうだい」と言われて、単に「○○円でございます」と商品をお渡しして終わってしまえばそれまで

「○○弁当でございますね」と言ってお渡しすれば、周囲の方々にも「○○弁当というのがあるんだメロメロ 」とお知らせすることができる

さらに中身や食べ方をお伝えするとお買い求めいただいたお客様にとっても有益な情報になり、まわりのお客様にもいっそうアピールできる

「このすき焼き弁当は温泉卵にお肉をからめますと、よりおいしく召し上がっていただけますよ」

「あっ、それ私も食べてみたいな」と思っていただけるお客様もいらっしゃる

ニーズがどこにあるのか探り、掘り起こす為にいろいろなアプローチはある


もし、自分がそろそろおなかがすいてきて(ニーズがある)・・・ そんな時に

上のようなことが目の前で  ・・・ 少なくても“食べてみたいな”と思うはず


ここからは私の推測ですが、初めはマニュアルの様に「○○」でございます・・と言われていたのでは

あるとき、「○○弁当でございますね」と答えたところ、あれっ  ・・・  と周りからの反応があった

“その反応”を“見逃さなかった”のでは


「感受」という言葉があります  「感じて受け取る」
何かに「心」がふれたとき、「ハッ」と感じて気がつくかどうか

簡単に言えば、自分の関心がない人の変化にはスルーしてしまうが、とっても好きな人の小さな変化には気がつく
目の前の人(お客様)に関心を持つ、興味を持つ

いつも“喜んでいただけるにはどうしたら”のアンテナを張ることが大切です






Posted by 尾上 正 at 08:39│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。