< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2012年03月07日

「死なない!! 愛している!!」 

もうすぐ東日本大震災から1年になります

その時あったこと、これまでの1年のさまざまなことが各メディアで報道されています

中国から働きに来ている人達を逃がし、残っている人の確認にいって波にのまれた社長さん
堤防を閉めにいって波にさらわれた消防団員
安全な場所に避難しながら、動けない親を迎えにいって背負いながら行方不明になった人
そのほかの数え切れないほどの、かけがえのない命が消えた日


新聞記事から

宮城県三陸町防災対策宿舎で、波にのまれる寸前まで警報を出し続けた女性職員  三浦 亜梨沙さん  当時24才

流される直前に交際していた男性へのメール  
   地震発生の17分後、午後3時3分

「6メートルの津波がきます 頑張って生きます」   
 
   「ぜってー 死ぬなよ!」

「うん 死なない!! 愛している!!」 

   「オレも愛しているよ  あ、こっちはなんともねぇ」

「よかった~!!」

「大津波がきた!! 今役場の防災庁舎の屋上です 流されたらどうしよう 
私の車は流されるもようです」


お母さんに、「役場が流されたらごめん」


3時33分、3階建ての庁舎屋上にいた多数の職員が流されました


亜梨沙さんは、今年1月に遺体で見つかりました


生きたくても、叶わなかった人

今生きている人

ひょっとしたら、今生きる人に声援・応援・見守って頂いているのかも



到知出版 メールマガジンから  啓蟄

http://chichi.happy.nu/24/spring03/



Posted by 尾上 正 at 06:48│Comments(4)
この記事へのコメント
牧野眞一です。お世話になります。

今、生きていることの素晴らしさに、感謝する内容です。

生きたくても生きられなかった人が、これまでにも沢山おられます。

私たちは、今生きているということは、何か善行をするために、生かされていると、思います。

「何か良いことしよう」「人に優しくしよう」

そんなふうに、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年03月07日 09:02
牧野さん、コメントをありがとうございます

兵庫の震災を経験して、人の命の大切さと、はかなさを思いしらされました

でも、前を向いていくことが、亡くなった方・今に頑張っている方が、望んでいることだとも思っています
Posted by 尾上 正 at 2012年03月07日 21:49
久しぶりの投稿ですm(_ _)m

東日本大震災から今日で1年。

被災地、兵庫の一人ひとりの命には、日本中の願いが込められています。

今日は祈りと共に、復興した兵庫の私たちから、東日本へ前向きな元気をこれからも届け続けることを意識する日にしようと思います。

尾上さん、いつも「男の独り言」をありがとうございます。気づきが多いです。

武田幸子
Posted by 武田幸子 at 2012年03月11日 11:06
武田さん、ありがとうございます

そうですね、兵庫は17年前に被災地になり、たくさんの支援で復興の力を頂きました

今テレビを見ていて、日本中の人が黙祷をしているのをみて、心が熱くなりました

ひとりひとりが、今こそ頑張る時ですね
Posted by 尾上 正 at 2012年03月11日 22:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。