< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2011年11月30日

この世で一番大切な日

ブログを始めてから、2年以上になりました
“私”が私に、何のために出しているの、続けているの?   
   大げさな理由はありません

たぶんこういう理由だな・・と思うのは、自分にはないもので、近づきたいものがあるから・・

言葉で言うと難しいのですが、一言で言うと“徳”かも    
   憧れではあっても、自分にはない  

ひょっとすると、なにか少しでもお届けすることで、近づけるかも・・・の
まったくの自己中心ですね


「この世で一番大切な日」 から

消防士の弟は5月に、仕事中に赤信号を横断中にトラックに接触し投げ出され命を落とした

6月には誕生日で、2週間後には結婚式を控えていた

母は幼いころに弟を事故で亡くし、さらに今回のことで取り乱していた

弟の誕生日に心配で母に電話をかけると、「あら! 電話くれたの? ありがとね」と明るい声

その後に、妹に電話を変わってもらうと、「今日はお母さん、意外と普通だったね・・」
「あのさ」と急に声をひそめ「今朝、仏壇がある部屋からお母さんの声がしたの」
こっそりのぞくと母は仏壇の前に座っていて、声をかけようとしたがやめた
母の顔は真っ赤だった、背中を小さくまるめたまま膝の上にケーキをのせて泣きながら“Happy Birthday to you”を歌っていたから・・

「でも朝ごはんを食べる時には、もう普通だったよ  今日お兄ちゃんの誕生日だから、おめでとうって言ってあげてね」って言ってた

母なりに私のことを心配していたのか

天井に向かって「おめでとう」ってつぶやいてみた

弟のいない世界が、少しずつ日常になりはじめていた


日常の当たり前の素晴らしさは、何かの時にしか身にしみません

病気になったときに、健康のありがたさがわかります

今この瞬間は、かけがえのない時ですね


子供が小さい時に、私にビールを注ぐまねをするときに「トクトクトク・・」
私はたくさんの人から「トク」を、もらっています


  

  美ら海水族館


Posted by 尾上 正 at 10:27│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。