< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2011年10月19日

かぜに効く薬は、ある・ない?  実は・・・

暑い夏があるからこそ、秋がいい季節に思えます うちわ(祭)
冬があるからこそ、春が気持いいですね       サクラ
でも寒くなってくるこれからは、かぜの神様がおこしになります                     

かぜは万病の元といわれ、かぜに効く薬はないといわれます

では本当にかぜに効く薬はないのか?  実はあります

現在かぜの原因の“ウイルス”を殺す薬はありません
  抗生物質は“菌”には効果がありますが、ウイルスにはまったく効果は
  ありません

かぜを“ひく” = 身体の中に“引き込んだ”という意味です

人は身体を守るために、引き込んだ有害な様々なものを“出そう”と反応します

くしゃみがでる、鼻がでる、せきがでる、熱が出る・・・   “出る”

かぜ薬は、ほとんどが対処療法で出てきた反応(症状)を “抑える”ように
働きます

鼻水を抑える、せきを抑える、熱を抑える・・           “抑える”
  

ご想像通り、治ろうとする反応を抑えると、治りは遅くなります

Q  では、かぜ薬とは何なのか? 
 
A  それは、つらい症状を和らげるものです    


では、かぜのウイルスを殺すものはあるのか?  あります  たった一つ

それは身体の中にある“リンパ球”です  
  通常免疫といわているものは、リンパ球のことです
  皮膚も外からのものから身体を守る立派な免疫なのですが・・

リンパ球は、かぜのウイルスを殺し、がん細胞を排除しています

熱が上がると(38℃くらいまでは)かぜのウイルスは弱り、免疫は活性化します
  6倍と言う説も  リンパ球の数を数えたものだと思いますが・・


だれもが知っている“葛根湯”は、かぜの初期に使うと一時的に体温が上がり(免疫が上がり)、汗が出て(熱が下がる)快方に向かいます

これは他のかぜ薬とは違い、根本的な治癒になります


でも一番の予防はかぜをひかないこと  一番は睡眠です  
  22時~4時までは成長ホルモンが出ているので回復力が高まります

  だれもが一晩ぐっすりと寝ると体調がよくなっていた経験をされれたこと
  がありますね

  ちなみに22時以降にものを食べると、ため込もうとするホルモンが出て
  太りやすくなります


もちろん私は厳格に、(不)節制をしています  赤面



Posted by 尾上 正 at 10:04│Comments(2)
この記事へのコメント
いやぁ~勉強になりました。

身近な風邪ですが、ここまで明確に説明された事もなかったので。

不摂生は同じです!!
Posted by 伊集院雅人 at 2011年10月19日 13:24
伊集院さん、コメントをありがとうございます

たかがカゼ、されどカゼですね

これからは、がんばった後のホッとしたときに危ないので、ご注意を
Posted by 尾上 正 at 2011年10月19日 21:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。