< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2011年09月07日

新規開拓は、なぜ“恐い”のか?

新規開拓の研修は今までに何度かお引き受けしたのですが、久しぶりにご依頼をいただきました

   新規開拓研修というのは、ありそうでほとんどありません
   私が学んだことは、「型」があるということです  
   柔道のようにこうきたらこう・・が、形として作られています 

新規開拓に関して、優れていると思っていただける方もあり、実際の現場では全く違うのですが・・・
「人は周りの評価のようになっていく」という言葉を知り、受け入れることが道を開くのかな・・と、ありがたくお言葉を頂いています


何のために新規開拓をするのですか?  
この質問にパンと答える必要があります
 
   いろいろな「何のため」はあるのでずが、「お客様のため」が大切です
   「お客様のお役に立ち、問題を解決し喜ばれる」  これが大前提です
   口ではだれもが言いますが、本当にそうであること 
   それが自身のためにも繋がります  
   人は人の思いの“熱”に、引き寄せられます 


なぜ新規開拓に足が向きにくいのか?   以前出した内容なんですが・・


人は暗い人をなんとなく避けようとします 
これは人の動物としての自分の身を守るための本能として、「暗い」=「危険」と感じるからです 
今の現代でも路地裏の暗いところに入ると、なんとなく身構えてしまいます しょんぼり
これが1万年前のジャングルの暗い洞窟に始めて入っていくとしたら・・・ダッシュ

同じように「新しい場所」に飛び込むことは、「危険=リスクが大きい」と自然に意識が向かいます        

   例えると動物は群れで行動しますが、離れると命の危険があります
   今も店の前に行列ができていると、なんだろう・・と意識が向かいます 
   同じような行動をとる = 「安全」という意識が働きます
  

今も新規で新しいところに飛び込んでいくということは、そういった意識を覚えています
   余談ですが、先週の新聞で動物の目はほとんど色を識別できないの
   に、人が色を識別できるのは、嗅覚が弱い人間が天敵から身を守る
   ために進化した・・・が、実証されたと出ていました

もし、飛び込み新規開拓が苦手でも、決して弱気な人ではありません  
あたりまえの感情です
それでも自分で道を切り開いていくのが、人のすばらしさです


一生のお付き合いも、今目の前の最初の訪問から始まります
出会いのチャンスの鍵は相手ではなく、自分が持っています 

それはこちらからの片開きのドアです 待っていても開くことはありません

おそるおそる少しだけ開けるだけでもOKです   
ほんのちょっとの勇気があれば





Posted by 尾上 正 at 09:38│Comments(2)
この記事へのコメント
牧野眞一です。お世話になります。

日本営業道連盟主催のセミナーで、2人で飛び込み訪問について、開催した内容を、懐かしく思い出しました。

勉強になる内容、ありがとうございます。

「どんな人が好きか?」・・・これを考えると、いいのかな、と思います。

自分が好きだと思うタイプの人になりきって、訪問すれば、いいと思います。

あと、私の場合、その場の空気感を、重要視しております。

オブジェクション(断り文句)に関しては、丁寧にハンドリングしております。

礼儀正しい態度も、気遣います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年09月07日 18:40
牧野さん、コメントをありがとうございます

なるほど・・  空気感  ですか

空気は目に見えないものですが
風のように、流れを作るのだと感じます
Posted by 尾上 正 at 2011年09月08日 23:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。