< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年12月15日

目標を達成するための“約束”

目標を達成するために、人から聴いたり、学んだり、本を読んだりして今までなんとなく分かっていたつもりでいましたが、
先日、本を読んで「腑に落ちました」

私がメンタルトレーナーとして尊敬する、西田 文郎氏の著書の中で

成功するために手帳を使っている人が多いが、多くは成功しない

それは「目標だけ」を書いているからだ

目標達成するために自分が行動する「約束」を決め、
約束を守る」ことで成功は導かれる

例えていうと

  目標  次の試合で優勝する・・  でも、相手があり達成は未知数です

  相手があることには、結果は自分では100%コントロールできません
  ただその目標を達成するために、「     」のトレーニングを毎日続け
  る・・などの、
  ☆自分の決めたことへの「約束」を守るということは、
  自分でできます
    

  私好みでいうと
  
  会社に好きな人がいて、ぜひ付き合ってほしい  
     いくら思っていても、相手がOKを出すとは限らない
  その目標を実現するために、毎朝自分の最高の笑顔で、
  おはようと声をかける・・と自分に約束し、約束を守る
  これは自分でできることです  
     ストーカーになっちゃダメですけど・・・


自分との約束=目標のための自分の行動は、自分自身がコントロールできます
できない・やらないは、全て自分に原因があります

結果も大事ですが、周りに左右されることではなく、
“心からそう思える目的・目標”を自分で決めて  
それを実現するための行動を “自分自身に約束し守る”
ことで、未来は広がります

5年たっても目標が変わってなければ、行動は変わっていなかったのかも・・
目標も成長が必要です

  精一杯頑張って、もしそれでも目標には届かなかったとしても、
  それ以上の大きな自身の成長と、目的は遂げられます
                   ・・・と私は自分に言い聞かせています  
  



      復興の光


Posted by 尾上 正 at 20:05│Comments(4)
この記事へのコメント
牧野眞一です。お世話になります。

奥の深いお話、ありがとうございます。

私が営業ノート(通称マキノート)の話をさせて頂く時、必ず口にする言葉が『自分との約束を果たす』です。

人間は、なかなかどうして、自分で自分を律するというのが苦手です。

これを克服するには“自分に対し、小さな約束をつくり、順番に守っていく事”だと思っております。

「まぁ、いいか〜」は、悪魔の囁きだと思って、行動してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年12月16日 14:35
興味深い話です。

目標は結構考えたりしますが、そこへ向かっての自分への約束事っていう発想はとてもおもしろいです。

何かを成すには小さな階段をしっかり作って、クリアしていかなければならないと思いました。
Posted by 石井尚吾 at 2010年12月17日 15:29
牧野さん、いつもありがとうございます

何事も、するのは簡単でも
続けることは、本当に難しいですね

だからこそ、自分との約束を守っていく人だけが、成功への階段を上るのだとも思います


私は、休肝日を作る・・・1年で破ってしまいました
のどもカゼ予防に、アルコール消毒が必要かな・・という、情けない言い訳をして・・・
Posted by 尾上 正 at 2010年12月18日 23:55
石井さん、いつもありがとう

簡潔にすると

Ⅰ 目的 何のためにそれをするのか
Ⅱ 目標 目的のために、どれだけするのか
Ⅲ 約束 目標のための自分の行動を
       約束し、約束を守る


という順番になるでしょうか
Posted by 尾上 正 at 2010年12月19日 00:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。