< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年12月01日

話すはスキル・聞くは器  その2

聞くときに相槌はとっても大事です

相槌の仕方として、相手の言葉を繰り返し(安心)をすると、聞いていると思っていただけます

相手の言葉のキーワードを繰り返します
   お客様が言った言葉なので必ず受け入れ、
   質問に対して答えていただけます
   キーワード   声の大きくなるところ・繰り返し使う言葉

相槌だけにならないように、プラスアルファを
   関心を示し話に参加していることをアピール

キーワードに、①一つ情報を付け加えるか、
          ②一つ質問します  

 例 ①(相手)株が上がっているね
     (自分)そうですね、上がっていますね。特に・・がすごいですね    
     (相手)そうだね、他には・・・・

 例 ②(相手)株が上がっているね 
     (自分)そうですね、上がっているみたいですね、今はどの   
     株が有望なんですか? 
     (相手)うん、今は・・・

明るい内容の時は早く、暗い内容の時にはゆっくりと深くうなずく

「はい」「へえ」「なるほど」「すごい」など、多くの種類を使うと「あなたの話に興味を持っています」というメッセージになります

一方的に話す(自分の情報を出すだけ)のではなく、喋ってもらうために
相手の関心ごと(趣味・好み)から話題を広げ、質問を投げかける
話を最後まで聞いてあげること(忍耐が必要) 
  話し終わったタイミングを見逃さない
お客様の話からネタを見つけ、何を求めているのかを大切に
人の話に耳を傾ける人はアイデア不足になりません
  五感(普通の営業は視覚と聴覚が特に大事)

難しい話・理屈では売れません 
  お客様は利口そうな人を嫌います  バカにされそうだと思う 
教えていただく姿勢で 
  相手の話の内容をメモにとる  





 勝ち達磨で有名な勝尾寺
 とっても美しいです



 
 とっても元気が出ますね



 続いて、出たがりの私   義父と
 とっても・・・・


Posted by 尾上 正 at 08:32│Comments(6)
この記事へのコメント
じっくりと話を聴いて下さる尾上さんと一緒に過ごされた義理のお父様も満足だったんではないでしょうか。
Posted by 伊集院雅人 at 2010年12月01日 09:44
伊集院さん、いつもありがとうございます

本当に人の話を聞くことは大事です

私は自分で気がついていたことなんですが
廻りの方の話していることを“聞いていない”
と知らせれまして(本当に感謝です)

自分の耳のアンテナを、自分から周りの人に
向けようと、反省し変えていきます

教えて頂いた方に、本当にありがとうございます
Posted by 尾上 正 at 2010年12月01日 21:43
相槌も打ち過ぎると、ホントに聞いてるの?となりそうで難しいです。
何を言わんとしているのかを感じ取る力を身に付けたいです。

電話応対のやり方とかあれば書いて欲しいんですが…。
Posted by 石井尚吾 at 2010年12月02日 17:14
石井さん、いつもありがとう

そうですか、電話応対ですね

難しいと感じていることもある・・・のかな

リクエスト?にお答えして、近いうちに
出しますね

ポイントは、電話に向け話さないということ・・かな
Posted by 尾上 正 at 2010年12月02日 22:41
牧野眞一です。御世話になります。

『うなづき・あいづち・くりかえし』・・・私たちが勉強しているテキストの中にも、しっかり入っていますね。

尾上様は、さすがプロだなぁ、と感じるのは、常にこうした事を意識して、採り上げておられる所です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年12月04日 09:23
牧野さん、ありがとうございます

そうですね、営業道場テキストにも載っていることです

私が特に大事だと思うことは、知っている・分かっていると、実際に行なっているのとは
全く違うことです

自戒を込めて、耳年よりにならず、初心を忘れず、行動に確実に落とし込んでいくことが大事です
Posted by 尾上 正 at 2010年12月04日 23:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。