< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年11月24日

話すはスキル・聞くは器

人の話を聞くのは器、話すはスキル(技術)
人の器は、聞く姿勢に現れてくる
うーーーん    重みのある言葉です  もちろん受け売りですワーイ


ここからは私の意見で、違っていたら・・・・・・・・・  うーん  すいません

聞き上手は、人間としての魅力です
  相手を理解するには聞くことが大事です
  相手の話をよく聞くには、相手に関心を持って始めてできます
  相手(お客様)の話を真剣に聞く・素直に優しさを持って聞く 
  人は、自分の話をよく聞いてくれる人・共感してくれる人
  (相手の存在を認めることのできる人)に好意を示します
  人は自分の話を聞いてくれる人の話は聞こうとします
  お客様の目を見ることが大事

キャッチボール(会話)×商品(売り込もうとする人からは買う気は起きない) 
商品に詳しいのも大事だがお客さまに詳しく 
  自分ではなく相手を中心に考える
知っていても感動して聞く  話を引き出す 
  集中して聞き、的確に把握する
聞く態度が悪いと喋りたくなくなる 
  準備が大事(心、知識、情報、持参物) 
①目で聞く ②うなずく(会話の促進剤) ③相槌(調子を合わせる)
④表情を豊かに   身振り手振りを加え、キーワードをメモします

その人の苦労について一緒に考えてあげる
  相手が話す = 相手が問題を“放す”につながります
同じ目線で見る、考える、心の痛みを分かってあげる 
  立場や気持ちに共感する



全て“心から”が大事です

どのようなロープレ・テクニック・ノウハウを駆使しても
思いのこもった“心からの言葉”には、かないません

母親は子供が学校であったことを話し始めると、まっすぐに向き合い
上手くいったことを心から喜び、表情豊かに聴いてあげられます

今目の前の人は、大切な人・・・そう思えば、同じように聞けます

本当に、大切な人なのですから



到知出版 メールマガジンから  小雪

  http://chichi.happy.nu/24/winter02/



Posted by 尾上 正 at 06:46│Comments(4)
この記事へのコメント
いいお話です。
人は意外と自分のことを話したがりだと思います。子供と老人は特にですが・・そのきっかけを与えてあげられるかどうかが、聞く人の器なのでしょうね。
器を大きくすることが人として成長することでもあるような気がします。
もっともっと人を愛していきたいですね。
Posted by yuki at 2010年11月24日 09:04
yuki さん、コメントをありがとうございます

言われるように、その人に対する愛情や関心・興味がないと、その人の話は聞けませんね

最近聞いた言葉で、「自分の廻りの人を豊かにしていくことが、本当の人の豊かさ」

とても心に響いた言葉です
そのような人になりたいですね
Posted by 尾上 正 at 2010年11月24日 22:16
牧野眞一です。御世話になります。

その通りですよね。私は、なんとか話を聞けるように、なりましたよ。

昔は、ムチャクチャでした。

皆様の御指導により、ここ数年でも、かなり変わったような気がしています。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年11月29日 22:00
牧野さん、ありがとうございます

ムチャクチャ・・  とってもいいですね

初めから小さくまとまってしまうと、
花開いても、ちっちゃくなっちゃいます

ムチャクチャ   大きく花開かせましょう
Posted by 尾上 正 at 2010年11月30日 21:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。