< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年05月26日

京都の「おこしやす」と「おいでやす」の違いは

先日、京都の方の講師で、おもてなしの研修に出席しました

そのなかで、京都の「おこしやす」と「おいでやす」の違いについて・・

今では京都でも、おこしやすと、おいでやすの違いをキッチリ理解して
使っているのは、お茶屋さんと高級料亭ぐらいだそうです
   どちらも入ったことが無く、目の前を通っただけです  ショボンなき

おこしやすと、おいでやすは、どう違うと思われますか
私はあまり言われたことも無く、さっぱり分かりませんでしたが

おこしやす・・・・は常連さん
おいでやす・・・ は一見さん  と意味が違い、使い分けがされています

最初の女将さんの声掛けで、店の中の仲居さんや板前さんが、
この時間のおこしやすは、予約の○○さんだな・・
  ではお好きな○○を用意しよう
おいでやす・・で、初めてのお客様だな・・
  それでは一番のお勧めをお出しする準備を始めよう・・
という、おもてなしの合図になります

常連さんには、お客様が一番好きなものを、一番初めにお出しする
   これからの季節では、ハモが好きな人などは、一番初めにお出しして
   やっぱり夏はこれだなー・・・と満足していただく

一見さんには、店の一番のお勧めを初めにお出しする
   満足していただき、リピーターになっていただく


常連さんのデーターは、お酒の趣味、それぞれの季節の好きな食べ物、味付けの好み、冷たいお茶が好きか、熱いお茶が好きか・・・など
趣味などを含め、お客さま情報を記録していて
板前さんが変わってもちゃんと引き継がれ、お客様に合わせて味付けも
変えられます

料理だけではなく、お客様に気持ちの良い空間と時間をお出ししています

こちら側の自己満足ではなく、お客様中心が貫かれている
世界なのでしょうね



到知出版社 メールマガジンから 青葉茂るころ

http://chichi.happy.nu/24/summer02/





Posted by 尾上 正 at 09:53│Comments(4)
この記事へのコメント
こんにちは。
二つの違い全然分かりませんでした。
『お客さんの事を第一に考える』 とても簡単な事ですが、どうすればそうなるのかは難しいです。
こういうトコが日本の良さだと思います。
一回行ってみたいです。
Posted by 石井尚吾 at 2010年05月27日 14:51
石井さん、コメントを本当にありがとう
言われるように、こういう「おもてなし」という
文化は、日本に根付いた素晴らしいものだと思います

こちらの手間よりも、お客様のことを大事に考えることが、徹底されているのでしょうね
Posted by 尾上 正 at 2010年05月28日 06:23
牧野眞一です。お世話になります。

今回、一緒に受講しておりましたが、驚きましたね。

今回の講師の先生の【おもてなし】について、何度か拝聴しましたが、『おこしやす』『おいでやす』の意味と違いと使い方を、ここまで詳しく勉強出来たのは、はじめてでした。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年05月31日 07:58
牧野さん、コメントをありがとうございます

同じ内容を聞いていながら、ご自身のブログには、今回の内容を載せられないのは
私が出すと思われて、出されなかったのだと
思います

本当にちょっとしたことなのでしょう

ただ、表現するのは、仕組みが必要なのでしょうね
Posted by 尾上 正 at 2010年05月31日 21:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。