< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年04月14日

人とは別れた“後”が大事です

吉田 兼好  徒然草   第三十二段  現代語訳

月の美しい夜に、おもてなしの心をわきまえた素敵な女性を見たことがある
その人は、家から客が出て行ったあと、玄関の戸をすぐには閉めなかった
遠く去っていく後ろ姿を見送りながら、しばらく月を眺めているではないか。
もしすぐに、戸を閉め鍵をかけて中へ入ってしまうような女性だったら、
情趣ない人だなと思ったであろう
客は、自分の後ろ姿を見送ってくれる人がいるとは、知るはずが無い
この女性は、誰かに見せるためにこのような気遣いをしたわけではなく、
日常の心掛けなのだろう


旅館に泊まったときでも、今はどこも車が見えなくなるまで見送りをしていただけます。車のディラーなどでもそうですね
これは見せるための営業が多分に入っているのでしょう
大切なお客様へのおもてなしなのですが、本当はもっと簡単なことなのかも・・・

仕事やプライベートでお宅にお伺いして、話が盛り上がってよい気分
     帰る時に、外に出ると

すぐに中から鍵を次々に閉める音が聞こえる  おまけに電灯が消える・・・ 
     今までの温かった気持ちが・・・

相手の方は決して悪気があるわけではなく、今のご時勢ですので、
戸締りはしっかり   当然のことです

ただ、自分の子供や親が久しぶりに家に来たときは、別に良く思われたいわけではなく、玄関を出て見送りますね 
 本当の笑顔と、別れの寂しさと、感謝と、言葉と
 小さな子供はいつまでも手を振っています

相手のことを本当に大切な人と思えば、誰もがやっていることです


電話で話しをしていて、用件が終わった途端に、ガチャーン・プープー
自分は切ってしまっていますので、自分では気づきません
営業研修でお聞きしたことで、固定電話を切るときには、
 できるだけ相手より後に切るように
 受話器を本体に置くとガチャーンと聞こえるので、人差し指で静かに 
 押す・・とお聞きして、その後実行しています

人は別れ際が粗雑だと、今までの全てが台無しになってしまいます

幸福の女神は、後ろ髪が無いそうですが、
人との出会いは、後ろ髪が引かれるように・・・したいですね





今年は特に素晴らしい桜と、姫路城でした


Posted by 尾上 正 at 09:38│Comments(8)
この記事へのコメント
ほんとうにそう思います。
見送った後には、相手にほどよい余韻を
残せるよう心がけたいです。

また、あの人に会いたいなぁと
思ってもらえるように。。。。
Posted by はっちゃんはっちゃん at 2010年04月14日 11:08
いいお話ありとうございました。
最近忙しいことを理由に基本的なことを忘れかけていました。仕事はではもちろんのことですが、身近な人は特に気にかけておかなければならないなと反省しました。
Posted by yuki at 2010年04月14日 13:23
『人に対する少しの気配り』このブログでの尾上さんの主要なテーマのような気がしてきました。
日々ぼんやりと過ごしていれば絶対に分からない事を実践できるのがプロと呼ばれる人達なんでしょうね。
また、このような知識が有るのと無いのでは人間的魅力も大きく変わってきそうです。
毎回考えさせられます。
Posted by 石井尚吾 at 2010年04月15日 07:43
はっちゃんさん、コメントをありがとうございます

言われるように、またお会いしたいと思って頂けるような行動を、また人にも、なりたいですね
Posted by 尾上 正 at 2010年04月16日 05:47
yuki さん、ありがとうございます

人がしていることはいろいろあっても、最終的には人に対してのことなので、その人のためにという心遣いが大切でしょうね

ひとつひとつ勉強だとも思います
Posted by 尾上 正 at 2010年04月16日 05:52
石井さん、いつもありがとう

毎回考えさせられます・・・
褒めていただいているのと思いますが
本当はあんまり何にも考えていないんです

ただ自分がされてうーん・・と感じたことは、
しない
自分がされて嬉しかったことは、する
という単純なことなのかも、と思います
Posted by 尾上 正 at 2010年04月16日 05:57
牧野眞一です。お世話になります。

そうなんですね。別れ際が粗雑だと、それまでの全てが台無しになります。

尾上様は、ご存知かとは思いますが、私のブログ(http://makishing.tenkomori.tv/)にも書きましたが、私は、後ろ姿を見えなくなるまで見送るのが好きです。

先日、私が世話役をしている、経営者・自営業者向けの勉強会がありました。

いつものように例会が終わり、いつも利用するお店で懇親会が始まりました。

終電などの関係で、午後10時〜11時台は、先に帰られる方々がお見えになります。

私は、一人ずつお見送りをします。

ある女性が帰った時も、同じようにお見送りしました。

後日(たぶん翌日)、電話で、その女性と話していた時、その女性から「わざわざお見送りされているのですね。私が見えなくなるまで見ていてくれましたよね。ありがとうございます。」

そして、その後「私、牧野さんみたいな人と、結婚したら良かった。」

変な意味ではなく、とても嬉しかった事を、覚えています。

ほんの些細な行動が、相手の気持ちを、良くも悪くもさせるのですね。

今回も、勉強になりました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2010年04月17日 06:45
ほんの些細な行動が、相手の気持ちを、良くも悪くもさせる・・・・・

ほんとにそうですね

そんな大層なことではなく、ちょっとした心づかい

そんな人になりたいですね
Posted by 尾上 正 at 2010年04月19日 06:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。