< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年08月05日

仕事・個人の挨拶の一番大事なことは“これ”です

仕事・個人の挨拶の一番大事なことは“これ”です   たぶん・・・

先日「挨拶」研修で、明石で話をさせていただきました
ご参加頂いた方・ご依頼頂いた伊集院様 本当にありがとうございました
この挨拶研修は今まで何度かさせていただいて、ありがたいことに好評を頂いており (その2日前の営業道場公開セミナーでは「あわわっっっ」状態でしたが・・ホントに) 私自身も好きな研修です
研修後のビールを頂ければ、どこにでも行っちゃいます・やっちゃいますビールワーイ

英語のABCの組み合わせは、日本人の私には、その組み合わせの裏にある意味は分かりませんが漢字はその言葉そのものに意味・命を感じます


挨拶研修で必ず話をすることで
これが一番重要なことだと考えていますが

『挨拶』    という漢字には、それぞれ意味があります

『挨』=アイ  訓読み  
         音読み  では ひら・く と読みます
          すなわち 挨は“心をひらく”と言う意味です  

『拶』には  “相手に近づく・迫る” という意味があります

すなわち挨拶を交わすのは“人と人とが出会い、お互いに心を開いて相手に近づいていく”という意味になります
これが挨拶の「命」です
こういう気持ちでするのならば、後はお粗末だろうが“心”は伝わります
だいだい1時間30分くらい、挨拶だけで話をさせていただくのですが!!
この言葉の意味だけで、全てが決まると考えています


今日そして明日、あなたのお会いする相手に、“心を開き近づく”   

そこから全てが始まります

チャンスの扉を、どうぞあなた自身で開けてください




   研修参加のみなさん


Posted by 尾上 正 at 09:08│Comments(6)
この記事へのコメント
牧野眞一です。お世話になります。

明石の勉強会の内容は、佐伯様のブログより、拝見させて頂きました。

挨拶の意味を深く考えた事、ありませんでしたので、新鮮でした。

‘お互いが心を開いて近付いていく’素晴らしい中身の意味が、あるのですね。

本日、高島様の経営者向け勉強会で、新しい方との出逢いがあります。

心を込めて‘心を開いて近づく’行動をとりたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月07日 16:05
牧野さん、コメントをありがとうございます

“心を開き近づいていく”

言うは簡単や事なんですが
「知っている」「分かっている」と
「やっている」は全く違うことです

自分自身の大きな意味での「家族」と思えば
できるかもしれませんね
Posted by 尾上 正 at 2009年08月08日 22:03
おはようございます。
「挨拶」のlことばで、牧野さまのブログより
こちらへきました。
とにかく挨拶。
まずは挨拶。
やってみるもんだと思っています。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年08月10日 06:16
市ノ坪様 コメントをありがとうございます

言われるとおり、初めがあって次があります
挨拶は人の心を掴みます

以前俳優の日本でもトップクラスの方が
舞台で自分の話すことを全て覚えてしまって
始まる前は、その覚えたことを全て忘れてから(離してから)舞台に望む・・という話を聞いたことがありますが、同じ様に
二度とない出会いの始まりが「挨拶」ですね
Posted by 尾上 正 at 2009年08月10日 22:10
当たり前のことを当たり前にこなす事の大切さですね。
知り合いにも挨拶だけで周りの空気をパッと明るくしてしまう人もいます。見習いたいものです。
Posted by 石井尚吾 at 2009年08月11日 11:59
知り合いにも挨拶だけで周りの空気をパッと明るくしてしまう人・・・・・

素敵な例えですね

私にも沢山周りにそのような方がいらっしゃいます
例えで言うと「花」のような「人」でしょうか
花は周りを明るくして和ませ引き付けます
きっと植物の花は努力して咲かせているところもあるのではないでしょうか
人も懸命に咲かせた花が、本当の花とも思います
Posted by 尾上 正 at 2009年08月11日 22:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。